*

まるでスフィンクス!?アビシニアンは可愛い性格の猫!

      2017/05/10

まるでスフィンクス!?アビシニアンは可愛い性格の猫!

アビシニアンの起源と言われている、古代エジプト時代の壁画や美術品などには、多くの猫が描かれています。

古代エジプトの探検番組やそれをモチーフにした映画などでも描かれた壁画などが映し出されていますから、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

アビシニアンはまるでエジプトのスフィンクスのような猫です。

毛のない裸の猫で有名なスフィンクスとも似ていますね。こちらはエジプトのスフィンクスに似ているところから名づけられたようです。

そんなアビシニアンは、ほっそりとしていて野性味溢れる姿をしています。

最も素敵で印象的な瞳を見てしまったら、「恋に落ちてしまうこと必須」な猫です!


アビシニアンの特徴

アビシニアンの特徴

最近の研究では、『インド洋沿岸や東南アジアがアビシニアンのルーツではないか』とされています。

また、はっきりとした猫種として認識されたのはイギリスとなっています。まだまだわかっていない事情がある謎めいた猫がアビシニアンです。

アビシニアンは、筋肉質で超短毛な猫です。体全体が引き締まっていて、ものすごく細いですし、顔も小さい種類になります。

体重も成猫になる頃には3~5キロ程度です。

印象的なアーモンド型の瞳は、まるでアイラインを引いたかのようにくっきりしていて、大きく輝いています。美人ヌコさんです。

立ち姿は、つま先立ちをしたように見えます。これは、アビシニアンの特徴の1つである足先の細さにあります。バレリーナのようだと表現する人もいるくらいです。

アビシニアンの毛も特徴的と言えます。

毛色は4色(ルディ・レッド・ブルー・フォーン)、模様パターンはタビーのみとなっています。

また、瞳の色もグリーンとゴールドの2色しかありません。

短毛種の中でも1番短いのではないかと思うほど短く、抜け毛の量が少ないです。(抜け毛が気になる方にはおすすめの猫種です!)

しかし、シルクを思わせるような被毛の手触りはとてもいいです。

アビシニアンの性格

アビシニアンの性格

アビシニアンは、筋肉質で細い見た目から野生感たっぷりに感じるかもしれませんが、実はすごく人なつっこい性格です。

甘えるのがすごく上手で、積極的にコミュニケーションを取りたがります。

賢くて物覚えが早いという利点や、水を怖がらないのでシャンプーが楽にできるという利点もあります。

ただ、好奇心が旺盛なため活発さを最大限に発揮してしまうことも多々あります。(遊んでいる時だけでなく、突然猛ダッシュし出すことも!)

成猫になったアビシニアンは、メスに若干のツンデレ感が残るようです。しかし、オスは甘えん坊なため全身で愛情表現をしてきます。


飼い方のコツ

飼い方のコツ

アビシニアンは、好奇心が強い猫なので、部屋中を駆け巡って、物を落としてしまうことが多いです。

元気で運動をすることはとてもいいことなのですが、猫がケガをしてしまわないために、割れたりするようなものは置かないようにしましょう。

壊されて飼い主がイラッとすることになりますし、愛猫がケガをしてしまうのも困りますからね。

運動がしやすいように、キャットタワーなどを用意してあげることが必須となります。

運動量が多ければ、それだけ食べますので食事の量を調節してあげなくてはいけません。

飼い主の顔を見ると、エサをねだってくる子もいますが、肥満になってしまうと関節の異常や糖尿病などの心配な病気にかかってしまうことが考えられます。

また、何でも口に入れてしまうところがあるので、外出時は食べ物だけでなくそうでない物にも注意しなくてはいけません。

アビシニアンは、短毛種の中でも本当に短い毛並みなので、ブラッシングは週に1回でもOKです。

猫のかゆみの原因は皮膚炎かも!?ブラッシングで予防しよう!

しつけ方

アビシニアンは、賢い猫なので、トイレや爪とぎなどの最初に行うトレーニングは、1度教えればできるようになります。

ただ、子猫の時期は本当にやんちゃで怒られるようなことになることが多いかもしれません。

その際に叩いてしまうようなことをすると、それが記憶に残ってトラウマのようになってしまうことがありますので、叩くことだけはしないようにしましょう。

注意して欲しい点は、神経質になっている時や去勢する前のオスなどが、何かのきっかけで凶暴化するということです。(事例あり!)

急に噛みついたり大暴れしたりなんてことがあるかもしれませんので、そういった兆候を見せたら、できるだけ早く動物病院へ連れて行きましょう。

獣医と相談することで解決策が見つかるかもしれないからです。

子猫が家にやってきた!最初に行うしつけ・トレーニング5選!


価格&入手先

価格&入手先

ペットショップかブリーダーさんから購入することがほとんどですが、たまに成猫が里親募集となっていることがあります。

ペットショップ

アビシニアンの子猫は、10~20万円で購入が可能です。

ルディは一番多く見られる毛色なので、10~15万円程度になります。人気カラーのブルーだと、13~20万円位です。

ブリードタイプである場合は、30万円程度すると思ってください。

ブリーダー

アビシニアンは、交配中の遺伝子疾患が心配な点でもあるので、信頼できるブリーダーさんを探すことが大切です。(その辺のことを必ず聞いてみましょう)

価格は16~20万円が相場で、カラーや子猫の月齢によっても価格が上下します。

里親

動物病院やインターネットの掲示板などで時折見かけることがあります。

ですが、成猫になっていますので、子猫から育てたいという人には向いていません。料金は無料ですが、去勢・避妊手術代やワクチン代などを請求されることがあります。

最初の段階で聞いておくと戸惑わずに済みます。

ペットショップよりも譲渡会で猫を貰いたい!その一般的な条件とは?

まとめ

アビシニアンは賢くて人なつっこい性格なので、飼い主さんともすぐに仲良くなれるでしょう。

ただ、好奇心旺盛というところは、性格なので直そうとせず、うまく付き合っていくことを第一にしていくと、いい関係でいられるのではないでしょうか。

構ってあげないと淋しくてストレスになってしまいますので、その辺も大事にしてあげてくださいね。暴れん坊なところも愛してあげましょう。

どんな猫飼いたい?猫の種類人気ランキングTOP10!



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道