*

愛猫の口臭がひどい…その原因を把握して対策をしよう!

   

愛猫の口臭がひどい…その原因を把握して対策をしよう!

猫を飼い始めて、ある日突然気になるのが口臭ではないかと思います。

子猫の時はそんなにきつくないのですが、大きくなるにつれて、お手入れを怠ると「うわっ!すごいニオイ!」となります。

そのニオイを生ゴミのような臭さだと表現する友人もいるくらいです。(私もそのくらいの破壊力があると感じました…)

歯磨きをしていないことが原因ということもありますが、中には病気や体調不良によって引き起こしていることもあります。

たかが猫の口臭…と思わずに、原因を把握して対策してほしいと思います。


猫の口臭の原因

猫の口臭の原因

猫の口臭の原因はさまざまです。

ここでは大きく分けて3つにまとめてみました。

口腔内疾患

猫は何か物を噛んでセルフグルーミングをします。そうやって歯を磨くのですが、不十分であることも多々あります。その際は飼い主が歯磨きをしてあげなくてはなりません。

そうしないと口内炎や歯周病などになってしまいます。口臭はひどくなってきますし、歯が黄色に変色してもきます。

また、口内炎の場合は口の中に違和感を示します。キャットフードを食べづらそうにしたり、片側だけで食べていたり、食事中に突然鳴いたりといった症状を見せます。

よだれがずっと出ているなんて症状が出ることもありますので、動物病院への受診が必要になります。

うちの飼い猫も、口臭がすごくて「どうした?」となったことがあります。成猫だったので、口を開けたがらず本当に苦労しましたが、歯をみてみると黄色く変色していました。歯石らしいものも見えたので、数回動物病院に通って、歯の治療をしてもらいました。

炎症を起こしている

猫も人間と同じで、胃や食道などで炎症を起こすことがあります。ストレスだったり、病気に感染したりしていることで炎症を起こしてしまうのです。

人間も胃が悪いと口臭がしてきますよね。それと似たような感じではないかと思います。

この場合は、食欲不振などの別症状がみられますので、動物病院に受診することをおすすめします。胃腸が悪いと気分も悪くなっていますから、愛猫のために連れていきましょう。

ウイルス感染の疑い

猫カリシウィルスや猫クラミジアなどのウイルスに感染してしまっている場合も、口臭がひどくなります。

症状が重くなってくると、口内炎を併発することもありますので、口の周りが赤くなったり、出血したりといった症状が出ます。よだれが出ますし、食事も食べなくなるため、すぐに病気だとわかると思います。

この場合は急いで動物病院へ受診しましょう。命が危険にさらされる可能性もあるからです。

猫の口臭は、いわゆる体調不良のバロメーターと考えた方がいいかもしれません。


日頃から口臭予防を!

日頃から口臭予防を!

猫の口臭は、次のことに気をつけることで予防することができます。

日頃からの歯磨き

歯磨きは、成猫になってから行うと暴れます。でも、子猫から行っておくと、大暴れしたりすることはないかもしれません。

日常的に歯を磨くことで、歯周病などの口腔内疾患を防ぐことができますので、口臭を抑えることができるでしょう。

セルフグルーミングできるもの(噛むことができるもの)を渡しておくなども有効です。

噛まれないように気をつけて!猫の歯磨きが必要なワケとやり方

毎年の予防接種&検診

病気にかかっていないかを検診や予防接種を行うことで、ある程度の病気は防ぐことができます。検診の時に、口の中もみてくれますから、歯の状態を知ることができます。

なるべく連れて行ってあげるようにしてください。

病気は早期発見!愛猫の元気のために健康診断を受診しよう!

キャットフードの見直し

エサの種類の中には、油分が多かったり、添加物が多く含まれていたりするものもあります。油分は歯にこびりつくため、なかなか取れず、口臭の原因になりやすいとされています。

歯磨きをしているのになかなかニオイが取れないという場合は、キャットフードを変えてみるというのも一つの手ではないでしょうか。

どうしても口臭がひどい場合は、獣医に相談してみましょう。飼い猫に合うキャットフードや歯ブラシなどさまざまなものや歯磨きの効率的なやり方を教えてくれます。

愛猫へのおすすめな食事とは?キャットフードの種類と選び方

猫の口臭対策用品

猫の口臭対策用品

ペットショップやホームセンターのペット商品売り場などでは、口臭対策に関する商品が販売されています。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 『口臭ケアスプレー』
  • 『口臭対策用のおやつ』
  • 『口臭を予防するキャットフード』
  • 『猫用の歯磨きシート』
  • 『猫用のマウスウォッシュ』

ただ、こういった商品の効果は一時的なものです。それを理解した上で歯磨きと併用して使うようにしましょう。

上手く歯磨きができない場合は、液体ハミガキもおすすめです。

 

こちらは歯石や口臭対策用のデンタルケアスプレーです。

 

サプリメントによって体の内側からの口臭対策もできます。

 

 

一時的な対策は長続きしませんし、費用もかかります。日常的に歯磨きをすることを前提とすることをお忘れなく。

同じ口臭対策用品でも、歯ブラシや日常のケアに使うものは飼い猫に合う物を用意しましょう。

まとめ

猫に口臭がしてくるようになったら、最初は口の中をチャックしますよね。それと同時に食事の食べ具合などをチェックしましょう。

ここ数日、食欲が落ちているようなら体内で何か不調が起こっている可能性が大きくなります。

口内炎ができている場合は、口周りを触っただけでものすごく嫌がります。そんな時は無理して開けようとしないでください。飼い主がケガをしてしまいます。

元気な時から歯磨きを行うようにして、予防を大切にしてあげるといいですね!

部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道