*

猫に好かれる方法!こんなことしてたら猫に嫌われちゃうかもよ?

      2017/07/15

猫に好かれる方法!こんなことしてたら猫に嫌われちゃうかもよ?

ある実験の結果、猫を撫でるとストレス度が下がるということがわかりました。

猫は、それほどまでに深く、人の心を安らぎに満ちた状態にしてくれる動物なのです。

そんな猫に嫌われてしまったら、なんだか色々辛くなっちゃいますよね…。人生やめたくなるかもしれません。

猫に嫌われないためにはどう接したらいいのか、好かれる方法はないかと探ってみました。


必要以上に構うのはNG

必要以上に構うのはNG

猫は本当にかわいいですよね。見ているだけでは足りず、ついつい構ってしまいたくなります。

特にもらってきたばかりの頃は、構い過ぎてしまうことは良くあることです。

それがやり過ぎてしまうと、猫にとってのNG行動となってしまいます。

やはり自由にしていたい猫にとって、無理矢理構われるのは嫌がります。

私は本当に猫が好きなので、毎回新しい猫が家にやってくるとつい構ってしまいます。実家に行っても同じことをやってしまうので、次第に近寄ってこなくなってしまいます。

今では、実家の猫は私の姿を見るといなくなってしまうようになりました…

このように最初から構い過ぎてしまうと、最初から嫌われてしまいます。信頼を取り戻すまでに時間がかかってしまいますので、注意しましょう。

猫にも心の距離感が存在する

猫にも心の距離感が存在する

人には、「パーソナルスペース」という心の距離感があります。

親や恋人などの親しい人以外が近づくと不快に感じてしまう距離のことです。

猫にも「心の距離感」があるということなので、この距離感を正しく理解した方がいいと思います。

個人的距離

自分が許した相手のみ近づくことができる距離です。(毛づくろいや一緒に寝るなど)

顔見知り程度ではこの距離内に入ることはそうそうできません。間違いなく威嚇されます。噛まれたりすることもありますので注意が必要です。

社会的距離

知っている人や動物など、攻撃しなくてよい相手が入ってOKの距離です。近所の猫とかで、よく見かけるなどはこの距離に入っても大丈夫です。


臨界距離

見かけたことのない人や動物が近づいてきたときに、不快感を憶える距離です。そのために自分を守ろうと、「シャー」と威嚇したり攻撃に転じたりします。

逃走距離

見かけたことのない人や動物が近づいてきたときに、逃げ出そうとする距離になります。成猫の場合は約2m、子猫の場合は約3mと言われています。

「猫だ!かわいい~」と思って急に近づいたりしたときに、さっと逃げてしまう猫がいますよね。

野良猫だからという理由だけでなく、危険を感じ取って逃げることのできる距離を取っているということなんです。

人になれている猫は、ここまで敏感になったりすることはありませんが、猫の2mの範囲内に近づくときは、できるだけ「おいで~」と呼び、猫の方から歩み寄ってくるようにさせた方がいいでしょう。

猫はこんなことをされると嫌がる

猫はこんなことをされると嫌がる

猫に嫌われないためにはどう接すればいいかというと、次のポイントに気をつけてみましょう。

猫の嫌がる人の行動リストをあげてみました。

  • しつこくする(触ったり抱いたりしようとする)
  • 騒がしく声を上げる
  • 大きい声を出す
  • 怒りっぽい
  • 乱暴に扱われる
  • ニオイがきつい
  • 目をじっと見つめる(猫にとっては威嚇されていると感じます)

などがあります。

人はかわいいとじっと見つめてしまいますよね。

でも、猫にとっては威嚇と同じ意味なんです。かわいくても目を合わせての見過ぎはNGとなります。

また、聴覚も人よりいいので、大きい音や声を嫌います。嗅覚も発達しているので、香水などをつけたりすると、猫は嫌いなニオイと感じ寄ってきませんので注意しましょう。

これはやっちゃダメ!猫が嫌がること6選

猫が嫌がることをしないことが嫌われないポイント

猫が嫌がることをしないことが嫌われないポイント

前の項で書いた通り、大きな音を立てることや大きい動作は猫が怖がります。

よく、譲渡会などの条件に『小さい子どもがいると引き渡しはできません』のようなことが書かれているかと思います。

子どもは大きな音を立てますし、予測不能な動き方をします。

それで猫が怖がって動けなくなってしまうことがあります。ストレスにさらされている状態です。

そのため、猫は犬と比べて一人暮らしにおすすめのペットと言えるのです。

【犬 or 猫】ペットにするならどっちが飼いやすくておすすめ?

猫に嫌われないためには、以下に気をつけましょう。

  • 大きな物音
  • 急な動作
  • ニオイ

ただ、人はそんなに自分の行動を突然変えることはできないものです。

猫が近くにいるときに、動作をゆっくりするとか、声のトーンを下げるなどをしてみてください。

飼い猫にいきなり嫌われるということは、そのうち避けられることになると思います。エサの時しか寄ってこなくなります。


最初のコミュニケーションを大切に

最初のコミュニケーションを大切に

猫を飼うとなったら、最初のコミュニケーションは重要です。

怖がって出てこなくなってしまうか、しばらく威嚇されるなんてことになってしまいかねません。

以下はそのためのアドバイスです。

低姿勢で!

人が立ったままの高い状態から近づくと威圧感を与えてしまいます。

できるだけ猫の目線に立ってあげてください。(本当に目線を合わせると威嚇になりますので注意しましょう)

撫でるときも、上から手を伸ばしてしまいがちですが、怖がる原因の1つです。

猫だって初めては怖いんです。そのため、自分を守ろうと攻撃的な行動(ひっかく・噛みつく)を取ります。

最初はとにかく低姿勢で接してあげましょう。おやつも効果的です。

 

食事以外に猫におやつは必要?与えるなら何がおすすめ?

ニオイをかがせる

どんな動物でも相手のニオイを嗅ぐことがあいさつになります。

猫の鼻先に人さし指を出してニオイを嗅がせましょう。そして、敵対心を持っていないことがわかれば、寄ってきます。

いきなり抱かない

猫は不安定な抱かれ方を怖がりますし、いきなり抱かれるのは嫌がります。

嫌われないためには、かわいくてもいきなり抱くのではなく、あごの下をゆっくりなでることから始めましょう。

これでもう仲良し!なつかない猫を簡単になつかせる方法

まとめ

猫がかわいいと、好かれるとか考えてしまう前に、抱いたり触ろうとしがちです。

でも、いきなりは怖さを感じて、嫌がるものです。人だって同じですよね。

猫に好かれる方法は、無理な行動や嫌がる行動をしないことです。

猫を大切に思っているなら、ファーストコミュニケーションを大事にしましょう。

でないと、私のようになってしまいます(泣)

なでなで&マッサージが大好き?猫が喜ぶおさわりポイント



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道