*

愛猫とのお出かけに必要!キャリーバッグの選び方とおすすめは?

      2017/05/10

愛猫とのお出かけに必要!キャリーバッグの選び方とおすすめは?

愛猫との外出には欠かすことができないキャリーバッグ

スムーズなお出かけをするためには、選び方のポイントを知ることが大事です。

また、さまざまな種類が出ていますから猫に合う1品を見つけるのも、猫にストレスを多く感じさせないためには必要ではないでしょうか。

お出かけには必須!

室内猫とのお出かけはあまりしないように思われますが、実は結構機会があるんです。

まずは動物病院での定期検診。

獣医さんに定期的に診ていただく必要があります。

その時はキャリーバッグがないと連れて行けません。

車があれば抱いて連れて行くことも出来ますが、ケンカをしたり逃げだそうとしたりしますので、飼い主が押さえつけるだけではケガに繋がります。

また、ペットケアや散歩など、ちょっとしたお出かけにもキャリーバッグは大活躍してくれますので、用意しておくと安心です。

キャリーバッグの選び方

キャリーバッグを選び方

私の経験と、猫を飼っている友人達から聞いた話の中から、キャリーバッグを選ぶ際の大事な点を挙げてみました。

  • 愛猫の体型にあったもの…最初が子猫の場合は大きくなるのを見越して購入することも。
  • 外があまり見えないもの…臆病な性格の猫は見えないように外が見えないようにしてあげることも必要です。
  • どんな出入り口でもいいので、口がしっかりと閉まるもの…中で暴れて出てきてしまうなんて事がないように。
  • 内部の状態が良いもの…実際に触ってみて、手に何かあたるようなものはNGです。
  • できるだけ上部分の開閉ができるもの…動物病院などのときに重宝します。
  • 猫が自由な姿勢ができるもの…立ったり座ったりができると慣れやすいです。

以上6つの点が備わっているものであれば、たいていの外出は難なくこなせます。

そして初めて購入をする場合は、デザイン性よりも機能性で選ぶようにするとお出かけが楽になります。

キャリーバッグに慣れさせるために

キャリーバッグに慣れさせるために

狭いところが好きな猫でも、どういうわけかキャリーバッグは嫌がります。

ですから日頃から慣れさせておくことが一番の解決方法です。

そうしないと、肝心なときに入ってくれなくなりますし、乗り物に乗ってる間中、鳴いたりおう吐したりして大変なことになってしまいます。

普段から部屋の隅に置いておきましょう。出入りが自由にできる状態にしておきます。

キャリーバッグの中に猫のニオイのするものを入れておいたり、おもちゃを入れたりなどして、日常生活の一部として置いておきましょう。

ただし、日常生活の中に置きますので、壊れなどが生じることもあるかもしれません。

いざという時にすぐ使えるように点検をしておくことを忘れないようにしましょう。

うちの猫もキャリーバッグを嫌がりますので、友人にこの解決法を聞き、実践しました。

最初は入る気配はありませんでしたが、いつの間にか遊んだり探検したりしながら、出入りしています。

キャリーバッグの人気の種類とおすすめは!?

キャリーバッグの種類とおすすめはこれ!

キャリーバッグは、大きく分けて3つのタイプがあると考えています。

それぞれの特徴と人気の商品を厳選してご紹介します。購入の際はサイズにご注意ください。

ハードタイプ

強度があるので、暴れてしまう猫や外出に慣れていない猫に向いています。

このタイプは、上と横の2面が開くものが多いですので、出し入れがしやすいのが魅力的です。

車での外出が多いという人の場合、猫が車酔いをしておう吐した時でも外で洗うことが可能ですから、掃除がしやすくとても便利と言えます。

戸外で下に置いても形が崩れないので、初めて猫を飼う人には、ハードタイプがおすすめです。(個人的な見解です。)

上から開けることができますので、猫が逃げ出したりしないようにさっと扉を開け閉めできるので、安心して使うことができます。

 

 

 

ソフトタイプ

形が柔らかく、バッグという言葉がぴったりくるものです。色も形も豊富にあるので、選びやすいです。

また、取っ手の長さを調節することが出来るので、手持ちだけでなく肩からかけることも出来ます。

出入り口がメッシュになっているものが多いですので、気が弱い猫には目隠しになり安心感を与えられるので良いと思います。

大きい猫も入ることのできるビッグキャリーがあるのもうれしい点です。猫の状態や大きさを考えて、合う物を選んであげましょう。

何と言っても、洗濯がしやすいという利点を兼ね備えているのがいいところです。

こちらのタイプは、飼い主が猫に慣れてきてからにした方がいいかと思います。

開け閉めがファスナーですので、タイミングがズレると猫が逃げ出してしまうこともあるからです。

 

 

 

 

猫を背負って運べるのが便利!『ペット用リュック』がおすすめ!

機動性抜群!キャリーカートタイプ

天然素材のものや洋服とコーディネートできるものまで、こちらもさまざまあります。ブランドの物なんかも人気がありますので、用意したいと考えるかもしれませんね。

でも、一番大事なのは中に入る愛猫なんです。その点だけを注意深く選べば、おしゃれなものでも問題はありません。

こちらはキャリーカートタイプでコロコロが付いているので移動に便利。機動性抜群です。

バッグとして持つのはもちろん、リュックとして背負うこともできます。

たとえばこんな可愛い「宇宙船カプセル型」があります。笑

 

こちらは犬や猫用の専用カート(バギー)です。

 

まとめ

猫を飼うならキャリーバッグは必需品です。

病院に行くにも、ちょっとお出掛けする時にも、使うタイミングはたくさんあります。いつどんな時にも外出が出来るように、必ずひとつは家にストックしておきましょう。

様々な種類がありますが、初めて購入する方は人気のある商品を選ぶのが無難ですね。

最後に、猫はキャリーバッグを本当に嫌がります。

だから、まずは生活の一部として慣れさせることを第一に考えましょう。

慣れてくれれば、お出かけが一層楽になるだけでなく、動物病院などへの外出も億劫ではなくなります。

なお、いざという時の通院や災害時に大活躍してくれるキャリーバッグもおすすめです。個人的には一番おすすめしたいタイプです。

価格こそ高いですが、高品質・頑丈・利便性の点において必ず役に立ちますので検討してみて下さい。

通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】

 

猫の飼育に必要不可欠!?これがあると便利な猫グッズ5選



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道