*

キャットタワーにも人気やおすすめはあるの?猫が好むのはどんなタイプ?

      2017/05/10

キャットタワーにも人気やおすすめはあるの?猫が好むのはどんなタイプ?

ペットショップやホームセンターのペットコーナーでよく見かけるキャットタワー。

猫を飼い始めたら「これも必要かな?」と1度は考えてしまうものですよね。

飼育に必要なものかどうかという疑問点や、購入するならどんなものが人気でどんなものがおすすめなのかをご紹介します。

キャットタワーが人気の理由

キャットタワーには、さまざまなメリットがあることを知っていますか?

私も最初は用意していませんでしたが、いい点が多くあることを知り、購入した者の1人です。

運動不足解消

高いところに登ったり、ジャンプして下りたりするだけでもかなり運動になります。室内で寝てばかりいるイメージがあるかもしれませんが、元々は狩猟をしていた動物です。

狭い部屋の中だけでは、運動不足になってしまいます。その結果引き起こしてしまうのが、病気です。

生活習慣病にかかってしまったらかわいそうですよね。少しでも体を動かすことをさせるためにこのキャットタワーは、役に立ちます!

猫の肥満に要注意!適正な体重を把握してダイエットを!

高所・居場所の確保

高いところが好きな猫にとっては、キャットタワーはとても快適な居場所になります。

そこでのんびりすることもできますし、ソファーなどの人間との共有空間ではなく猫だけの空間となるわけですから、居場所の確保ができるというわけです。

猫にとってのストレス解消に良いですね。

また、一人暮らしのマンションなどで部屋が狭い場合にもおすすめです。

キャットタワーを設置すれば空間を上手に利用して猫の居場所スペースや遊び場を確保できます。

 

爪とぎができる

キャットタワーの素材にもよりますが、爪とぎができます。

そうすると、家具やじゅうたんなどに爪を立てることがなくなり、猫のストレス解消にもなります。新たに爪とぎ器を用意する必要がなくなります。

家具はやめて~!猫が所構わず爪とぎをする理由としつけ方

キャットタワーの種類を選ぼう

キャットタワーが人気の理由

キャットタワーには、さまざまな種類があります。

ハウスが付いている複雑な構造のもの、木登りするための棒だけのシンプルなタイプ、天井まで届くような高いものから低いもの、横幅のサイズがあるもの、素材も実にさまざまです。

価格も様々で、安いものなら数千円、高いものは10万円近くするものまであります。

個人的には、低品質な安物を買うよりも、値段が高くてもしっかりした高品質なものを選ぶことをおすすめします。

安い物は素材がもろいせいか「壊れやすい」という口コミが目立ちます。

それなりに体重のある猫が跳んだり跳ねたりするわけですから、丈夫な造りであることは必須ですね。猫が遊んでいる時に突然壊れたり倒れたりすると怪我をしてしまいます。

それに大きな買い物なので、すぐに壊れてしまうような粗悪なものだと頻繁に買い替えるのが大変です。

また、愛猫にとっては一生使うものですし、そこがお気に入りの居場所となります。猫は自分のテリトリーを大事にしますので、買い替えの度にお気に入りの居場所がなくなってしまうのは大きなストレスとなりかねません。

キャットタワーは頑丈でメンテナンスもしやすく、愛猫が一生使えるしっかりしたものを選びましょう。

人気のあるキャットタワーももちろんありますが、人気かどうかで選ぶよりも飼育環境に合わせて選ぶのをおすすめします。

据え置きタイプ

 

 

名前の通り、据え置くだけでOKなタイプです。場所を選ぶことなく準備ができるので、人気のあるタイプです。(価格も手ごろなものが多いです!)

大きさも大中小ありますので、部屋の広さや猫の月齢に合わせて準備ができるのも良いですね。

持ち運びが可能なので、模様替えをしたい時も1人で動かせます。

猫が入って楽しめるような狭い空間がついていたり、ハンモックがついていたりするなど、実に多彩です。

おもちゃがぶら下がっているものなんかもありますよ!

棒の部分で爪とぎができるよう、麻素材や綿素材になっているものなんかが人気があります。

突っ張りタイプ

 

 

こちらは、天井に固定することのできるタイプです。

かなりしっかりと固定されますので、据え置きタイプよりも安定感が違います。地震などがあっても大丈夫のようです。

天井の高さは家によってまちまちですが、大体どの高さにも伸縮させて天井に届くようになっていますので、設置で困ることはないかと思います。

空間を有効に使えますので、多頭飼いの場合にもおすすめです。

こちらも寝心地のいい素材を使っていたり、かご状になっていたりして猫にとっては居心地の良い場所になることでしょう。

ただし、天井に傷をつけたくない(賃貸など)等の理由がある方は避けた方がいいかもしれません。

キャットタワー購入時の注意点

キャットタワー購入時の注意点

キャットタワーは、購入する前によくチェックする必要があると考えています。そうしないと、猫にケガをさせてしまうことがあるからです。

以前、かわいいというだけで買ったキャットタワーがありました。

ふわふわした感触もよかったですし、おもちゃもぶら下がっていたので、遊んでくれる姿を想像しただけで楽しくなってしまい、何のチェックをすることもなく自宅に設置しました。

程なくして、支柱がぐらついているのを発見。

「遊びすぎたのかな」なんて思っていましたが、ネジがしっかり締まりきっていませんでした。

それに一番下の棚板が木目になっていたので傷がついたり、猫が遊び中に興奮して転んでいるのを見て、こういった所までチェックして買ってあげればよかったと思いました。

私の経験から、キャットタワーを購入する際の注意点は下記の通りです。

  • 棚板が起毛生地で覆われているか(ジャンプ後にすべることがなくなります)
  • ステップや棚板の角が丸くなっているか(頭をぶつけることもあるので)
  • 支柱がしっかりしているか(猫が飛び乗ったら、ぐらついたなんてことのないように)
  • 置く寸法を測っておくこと(組み立てたら、思っていたより大きかったということも)

ニオイつきのキャットタワーもありますが、なるべくならニオイがしないものをおすすめします。

マタタビのニオイつきとかも売られていますが、全ての猫がマタタビ好きというわけではありません。

それに、ニオイがすると近寄らない猫もいます。購入したての時は新品のニオイがしますが、それが気に入らない猫がいるのも事実です。

 

キャットタワーまとめ

キャットタワーまとめ

アパートやマンションなどの賃貸にお住まいの方は、『据え置きタイプ』のキャットタワーがおすすめです。

持ち家で天井に傷がついても大丈夫、または多頭飼いをしている方は、『突っ張りタイプ』のキャットタワーがいいでしょう。

高齢の猫、月齢の低い猫を飼っている場合は、据え置きで高さの低い物が安心できます。子猫が登って下りられなくなってしまっては大変ですので。

キャットタワーはかわいいものがたくさん売られています。でも、形状や素材を見てちゃんとしたものを選んであげることが大切です。

猫に安全というだけでなく、長持ちするという経済的な理由もあります。

今はキャットタワーもネットでしっかり調べてから購入できるので便利ですね。

 



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道