*

子猫が家にやってきた!最初に行うしつけ・トレーニング5選!

      2018/04/18

子猫が家にやってきた!最初に行うしつけ・トレーニング5選!

初めて子猫を自宅に迎える場合、しつけがなされていないことがあります。もちろん譲渡会などではしつけを受けている場合もありますが。いずれにしても、子猫にとって初めての飼い主に初めてのお家なので、その環境の変化からとても緊張しています。

猫を飼うことが初心者な飼い主さんは、子猫にどうやってしつけたらいいかわからないということがあるようです。やはり子猫ということで、「問題行動を起こしやすいのではないか?」「覚えてくれないのでは?」などと心配になってしまうのでしょう。


しかし、心配しないでください!意外と子猫の方が覚えやすいです。教えるときも怒る必要もありませんので、楽だと思います。(経験上…)

ここでは、これから猫を飼う、自宅に子猫を迎え入れた時にまず最初に行うしつけ・トレーニングを5つ紹介します。もちろんこれは子猫に限りません。基本的なしつけを以前の記事と併せて紹介しますので、飼い主さんの復習も兼ねながら優しく教えてあげて下さいね!

できれば、トイレは家に来てから数時間以内にスタート、食事は食べる時間にスタート、ベッドはいつでも休めるようにすぐに準備してあげましょう。やはり何事も最初が肝心で、環境が変わってから早ければ早いほど良いです。

そもそも「しつけ」って?

そもそも「しつけ」って?

「しつけ」という言葉を誤って認識してしまっている飼い主さんがいます。「猫のしつけ」は、言うことを聞かせるものではありません。『決まり事を教えること』です。ここが他のしつけと違うところです。

実際にうちで生まれた子猫をあげた先でも、「しつけができない」と困って電話をしてきたことがありました。一生懸命に飼い主の言うことを聞かせようとするばかりだったようです。そのため、失敗をすれば怒っての繰り返しだったので子猫が理解をできなかったのです。

この飼い主さんのように怒ってしまっては、子猫は何がいけなくて、どうすればいいかがわからなくなってしまいます。その上、飼い主を怖い存在として認識してしまいますので、その恐怖を払拭するまでに時間もかかってしまいます。

大事なのは、「トイレはどこでする」「爪とぎはここで」といった決まり事を教えて、それを自分で出来るようにしてあげることです。


トイレのしつけ・トレーニング

トイレのしつけ・トレーニング

猫の習性の中に、次のようなものがあります。

  • 排泄は、ある程度広いところに土を掘ってする
  • 排泄物は、土をかけて埋める

もちろん子猫にもこの習性はありますので、この2つをうまく活かしてあげれば、トイレの失敗をすることがなくなります。

準備

トイレのしつけをする時に必要なのが、自分のニオイのついたトイレ砂です。どうしても新しい物だけでは警戒してしまいます。自分のニオイがすれば、安心してトイレに向かうことができますし、教える飼い主も楽です。

猫用のトイレは、子猫には十分な広さですのでそれを使いましょう。最初のうちは上ぶたを取って空間にしましょう。そこに猫の砂を多めに入れます。これで場所の準備が完了です。

参考:猫にはシステムトイレがおすすめ!?カバーもあった方がいいの?

参考:おすすめの猫砂はこれ!種類・タイプ別まとめ

タイミングを見計らう

いきなりトイレを教えようとしても、子猫は「何かされるの?」と不安になってしまいます。教えるタイミングを計りましょう。子猫が食事の後などに、部屋の隅っこや床のニオイをかぎ出したらトイレタイムです!

  • キョロキョロし始める
  • 床のニオイを嗅ぎ出す

この2点が見られたら、すぐにトイレに連れて行きましょう。そして、前足で砂をかくようにして砂を触らせましょう。掘ることができれば、そこでします。この時に自分のニオイがしたら「トイレだ」とわかると思います。だからこそ準備が必要なのです。(私はこの方法で何匹もの子猫にトイレトレーニングをしてきました)

トイレが済んで、トイレの容器から出てきたら褒めてあげましょう。これを数回繰り返すと自分でできるようになります。だいたい2~3回くらいトイレに連れて行くだけで、あとは自分で行くようになるはずです。

飼い主が自宅にいる間にトイレトレーニングだけは覚えさせましょうね。部屋中にされたら後が大変です!

トイレ砂がないこともありますよね。そのような場合は、おしっこを拭いたティッシュなどを入れておきます。これで子猫に自分のニオイが分かるようになります。

参考:猫のトイレのしつけ方まとめ!トイレ環境を整える~失敗時の掃除方法まで

注意点

注意点としては、トイレと似たようなものを子猫の生活圏内に置かないことです。植木やプランター、観葉植物などある程度の大きさがあり、掘ることのできるようなものがある場所が他にもあると、トイレと間違えてしまいます。

これは飼い主の責任になってしまいますので、子猫を怒ることはできません。しっかりとトイレを覚えるまでは、こういったものは置かないようにしましょう。

また、猫用トイレに掃除用洗剤や強い香りの芳香剤を使わないでください。ニオイが強すぎて、くしゃみが連発して出るようになったり、トイレのニオイ(自分のニオイ)がわからなくなってしまうからです。

また、トイレトレーニングでやってはいけないことがあります。それは、粗相をしたときに叩いてしまうことです。怒っても子猫には理解ができない上に、恐怖を植え付けることになります。粗相をしそうになったら、いつもより少し大きな声をあげたり、すぐに抱き上げてトイレに連れて行ったりしましょう。

おしっこが垂れてしまった箇所はしっかり拭き掃除をしてください。ニオイが残っていると、またそこでやってしまいます。消臭も完璧にしましょう。

参考:部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?

食事のしつけ・トレーニング

食事のしつけ・トレーニング

新しくエサ皿を用意することと思いますが、水とエサを入れるものの2つを用意します。初めて来た環境に慣れるのには時間がかかります。でも、子猫に「食べ物が入っている」「水が入っている」ことを知ってもらわなければなりません。

もらってきた子猫の月齢に合わせたエサを用意してあげましょう。ドライフードを与える場合は、猫用ミルクやぬるま湯で柔らかく食べやすい状態にして与えます。詳しくは次の記事を参考にして下さい。

参考:子猫の餌は何を与える?離乳食と生後の月齢に合わせたキャットフードの知識

参考:赤ちゃん猫や子猫に『猫用ミルク』を与えよう!用意するべき必要なものと与え方の注意点

食べられる量は子猫によって違いますので、食べ残したらもったいないと思うでしょうが捨ててくださいね。また、作り置きもよくありません。風味が変わってしまったり、雑菌が繁殖して状態が悪くなってしまう場合があります。

子猫は、飼い主と同じものを食べたがります。飼い主が食事をしているときは部屋の外に出すか、どんなに欲しがってもあげないようにしましょう。

人間の食べ物は猫の健康を害してしまいます。かわいくねだられてついあげてしまうこともあるでしょう。猫の健康を考えるなら与えないことが大切です。一度味を覚えてしまうと、猫のエサを食べなくなってしまうだけでなく、ゴミを漁るようになってしまいます。

ベッドのしつけ・トレーニング

ベッドのしつけ・トレーニング

ベッドトレーニングはいらないと思われるかもしれませんが、子猫によっては、眠れなくて夜中鳴いてうろうろすることがあるようです。(猫友談)

寝床を用意したり、一緒にベッドで寝たりと人それぞれのことを考えているかと思います。最初のうちは、無理矢理寝床に押し込めても嫌がって出てきてしまうでしょう。まずニオイが違いますからね、安心できるところを求めてそこで寝ようとすることが多いと思います。

もらってきたときに猫を入れていた箱や、自分のニオイのするものなどがあるところです。これは、慣れないところで安心して寝るためなのでしょう。

猫用の寝床を用意した場合は、もらってきたときのもの(毛布やタオルなど)を寝床に入れてあげましょう。そうするとそこに入って眠るきっかけになります。

もらってきた子猫で、唯一自分のニオイがするトイレで寝ていたこともあります。それくらい自分のニオイが大事なのです。

寝るまでに飼い主に慣れれば、一緒のベッドに入って寝ることもあります。慣れるまでは待ってあげることが必要です。子猫と一緒には寝ないという人は、ベッドに入って来ないようにトレーニングします。

暖かさを求めますから、タオルで巻いた湯たんぽ・ホッカイロ・ペットヒーターなどを利用して暖めてあげましょう。暖めることで猫のニオイのする物があれば、ニオイを感じやすくなるのでそこで寝るように仕向けることができます。

参考:快適な寝床に!猫のベッドはどんなものがおすすめ?

爪とぎを教える

爪とぎを教える

これも猫の習性が役に立つと思いますが、猫は爪が引っかかりやすい素材を選んでとぎます。爪の引っかかりがよくないと判断したらそこではやりません。これは本能なので仕方がありません。

爪とぎを教える時は、爪を出して引っかかり具合のいいことを教えます。

私が猫を飼い始めた頃は、段ボール素材のものを与えていました。でも、なかなかそこで研がなかったんです。代わりにソファーの裏でめちゃくちゃ研いでいました。刺繍が施してあるソファーの背面がボロボロになっています(泣)

猫もしっかり爪が引っかかる物を選んでいたようです。

それからというもの、爪とぎ道具の素材は爪の引っかかりを重視して選んでいます。そうすれば、大事な家具をダメにするようなことにはならないでしょう。

また、猫は爪をとぐとき、どのような体勢でも腰を落として体重をかけたような感じで爪をとぎますので、爪とぎ道具自体が安定していることも重要です。爪とぎ道具はさまざまな形状がありますが、安定しているものを選びましょう。

子猫は生後2~3ヶ月くらいから爪とぎをし出しますから、飼う前に用意しておきましょう。

参考:家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

噛まないように教える

噛まないように教える

猫は狩りをしていた動物ですので、当然ながら狩猟本能があります。だから「噛むな」という方が無理な話なんです。噛むことについては、子猫の時期に兄弟でかみ合いながらじゃれ合うことで、手加減を覚えます。だから、噛まれた側が鳴いたらやめるという行動ができるようになるのです。

でも、飼い主の元に来るときは1匹なので、手加減を知らないままという状態であることを飼い主が理解しておかなくてはいけません。言葉で噛んだらダメと言ってもわかるものではありませんので、遊びを通じて教えるようにしましょう。方法は2つあります。

手加減を教える

子猫が飼い主の手をじゃれて噛んだときに、飼い主が大きな声をあげます。そうすると口を離します。これを何回か繰り返すことで手加減がわかってきます。

飼い主が大きな声をあげたときに口を離すことができたら、褒めてあげましょう。ここが大切なポイントです。噛んでも、飼い主が「痛い」と言えばやめるということが身についていますので、問題行動を起こすことがなくなるでしょう。

人の手を最初から噛ませない

子猫を遊ばせるときに、人の手を使わないということを徹底するでもいいでしょう。おすすめの方法は、おもちゃを使います。

参考:愛猫と一緒に遊ぼう!猫が喜ぶおすすめ『おもちゃ』7選

子猫のうちは噛まれてもそれほど痛いものではありませんが、成長するにつれて噛まれたら痛くなります。(ケガもします…)

どちらの方法を選ぶにしても、子猫にしっかり教えないと噛み癖がついてしまうという問題行動につながってしまいます。子猫のうちにしっかり教えましょう。おすすめは先に紹介した「手加減を教える」です。

参考:「ガブリッ」痛い!猫が噛むのにはどんな理由が?噛み癖を直す方法とは?

まとめ

子猫のしつけまとめ

猫をペットショップで購入するなり譲渡会でもらってきたばかりの時は、猫はその環境の変化からとても緊張しています。今までの自分と違うニオイがするため、しばらく落ち着きません。

無理強いをすればするほど飼い主から遠ざかったり、威嚇したりしてきます。こうなってしまえば、懐くまで時間がかかってしまうのはおわかりでしょう。

タイミングと子猫のしぐさを見ながら、しつけ・トレーニングをスタートさせることが大切です。子猫のうちにしっかりと決まりを教えてあげれば、大きくなっても問題行動を起こすということはありません。

  • 場所を教える
  • 自分で出来るか見守る
  • 出来たら褒める

以上3つの段階を踏めば、子猫はちゃんと覚えてくれます。初めて猫を飼う人でも、この3つさえ守れば簡単にしつけることができますので、ぜひ試して欲しいと思います。

こちらも併せてチェック!




  関連記事

【犬 or 猫】ペットにするならどっちが飼いやすくておすすめ?

少子化によってペットブームになった昨今、家族に動物を迎える家庭が増えてきました。ペット飼育初心者にとって、犬と猫どちらが飼いやすくておすすめなのか?を検証してみました。

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

猫に抜け毛は付き物ですが、そのままにしていると部屋中が毛だらけになってしまい、衛生的にも良くありません。猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方を紹介します。

愛猫におすすめのハンモック!口コミで人気なのはどのタイプ?

愛猫におすすめのハンモック!口コミで人気なのはどのタイプ?

猫を室内飼いするならぜひ設置してあげたいのがハンモック。ここで、口コミで人気のおすすめハンモックを一挙ご紹介します。

猫用の全自動トイレ…っておすすめ?口コミもチェック!

猫用トイレにも様々な種類がありますが、なんと全自動トイレもあります。実際どんな特徴や種類があるのか?口コミからおすすめの猫用全自動トイレもいくつかご紹介します。

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

猫の習性のひとつに「爪とぎ」があります。放っておくと部屋中の家具などでガリガリやっちゃいますので注意が必要です。ここでは猫の爪とぎの意味・理由としつけ方、そして口コミで人気のおすすめ爪とぎ器をタイプ別に紹介しています。

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道