*

愛猫のための床対策!フローリングや畳には要注意?

      2017/08/12

愛猫のための床対策!フローリングや畳には要注意?

猫を飼うとなると、多くの賃貸の住まいではフローリングや畳などの床問題が出てきます。

「普通のマンションやアパートなどでは問題視されるけど、ペットOKのところなら大丈夫」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

条件は同じ。

ペットは飼ってもいいけど、フローリングや畳の床対策は別途必要なのです。


猫の足音や騒ぐ音は迷惑?

猫の足音や騒ぐ音は迷惑?

猫は普通に歩いていても爪を出してしまうことがあります。

ですから、走り回るような子猫の場合は、「歩く・走る・遊び回る」の3つの状態でフローリングや畳などの床に傷をつけてしまうことが多いです。

フローリングだと滑りやすいので余計に傷がついてしまいますし、畳の場合は爪が引っ掛かって危険です。

歩くだけではそんなに気になりませんが、走り回ったり、高いところから飛び降りる、遊ぶ際にぶつかったりすれば、どうしても下の階に音がしてしまいます。

休息を取りたい人などは、快く思わないこともあるでしょう。

傷がついてしまうことだけでなく、飼い猫が滑ってケガをしてしまわないために、床対策を施すことをおすすめします。

また、猫の足腰に負担がかかってしまう床の場合、椎間板ヘルニアの原因となることもありますので、床の対策が必要です。

歩き方が変!?飼い猫が椎間板ヘルニアになる原因とその症状

フローリングや畳などの床対策

フローリングや畳などの床対策

フローリングや畳の傷、猫のケガを防止するには『床材を敷く』という方法があります。

クッションフロア

ホームセンターなどで購入することができるクッションフロアがあります。

これはビニール素材で出来ていて、表面にフローリング模様などのさまざまな模様が印刷されているものです。

メートルごとに単価がついていますので、好きな柄・長さを購入することができますので経済的です。

また、自分で簡単に敷いたりすることができる上、拭き掃除などが簡単に行えます。

ただ、ビニール素材は好みの問題もあると思います。


コルクマット

コルク素材で出来ていて、複数枚をくっつけて床に敷いていきます。汚れたらそこだけはずして洗濯することができますから楽です!

ただ、長くは持たないのが難点です。コルク素材ですから飼い猫が爪とぎをしてしまう可能性があります。(子猫のうちですが…)

そして粗相をしてしまった時に吸収してしまうという難点もあります。

また、すき間や下などにほこりがたまってしまいますので、こまめな掃除が必要です。

長期間同じものを使い続けることができないと思ってください。素材がコルクですからどうしても崩れてしまったり、反り返ってしまったりということがあります。

カーペット

インテリアとしても役に立ちますし、冬は暖かくていいですよね。

価格も幅がありますので、予算に合わせやすいです。(うちは、じゅうたん派です)

敷くだけで、床やフローリングを守ってくれるのですから本当に助かるものです。

ただ、毛がつきやすいのは否めません。掃除をこまめにする必要があります。

それに猫が粗相・嘔吐をしてしまった場合は、買い換えをしなくてはならないという難点があることも確かです。

パーツごとにジョイントさせるタイプなら、その部分だけ買い替えることも可能です。

 

猫の転倒防止対策

猫の転倒防止対策

子猫や活発な猫の場合、走り回っているうちにフローリングや床で滑ったということが結構あります。

愛猫にケガをさせたくはありませんよね。そのために用意した方がいいのが転倒防止対策グッズです。

ペット用防滑・消臭・防水マット

ホームセンターやペットショップなどで売られている『ペット用防滑・消臭・防水マット』です。

トイレ周りなどでも使うことができるので本当に便利なもの。トイレが終わって飛び出してくる時に、あわててしまって滑ることがあります。

そんな時にこれが敷いてあったら、滑りにくいので転んでケガをすることもなくなりますし、年齢が高くなった時などは足腰の負担を軽減にも一役買ってくれます。

商品名の通り、消臭効果も防水効果もあるので使い勝手がいいものです。ケージの中に敷いておくなんて使い方をしてもいいでしょう。

手洗いやぬれ雑巾での掃除が可能なので、掃除も楽に行えます。

階段用の滑り止めマット

階段…これ、意外と滑るんです。

そのため、爪を立てて登ることもしばしばあるので、最初はどうしようかと思っていました。

そんな時に見つけたのが「階段用の滑り止めマット」です。

私は多頭飼いをしているので、猫たちが階段で大騒ぎになることもあります。滑って落ちてくるなんてこともあるので、滑り止めマットは救世主のような品でした。

敷いてみると、どんなに走り回って上り下りしても爪音を立てることはありませんでしたし、スムーズに上り下りが出来ています。

床に吸着するような感じで張り付いてくれます。掃除機も大丈夫です。手ではがすことができるので、洗濯にも困りません。

タイルカーペット

カーペットと言っても透明フィルムのようなものです。柄はさまざまなタイプがあります。

床やフローリングにしっかり吸着するので何かこぼすようなことがあっても、拭くだけでいいので掃除が簡単ですよ。洗濯できる物も中にはあります。

猫の食事場などにしいておいてもいいですね。

 

まとめ

今はさまざまな床・フローリング対策商品が出ています。自分の部屋に合う物を探してみましょう。

畳の場合もその上からカーペットを引くなどして対策を。そのままだと爪でボロボロになってしまいます。

騒音やケガが起こってしまってからでは後味が悪いものです。

特に下の階の人に迷惑をかけるような状態になると判断したら、すぐに対策を講じましょう。

そして、心地良く愛猫とのライフスタイルを楽しみましょう。その方がもめ事もありませんし、快適に過ごせるはずです。

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

猫の熱中症と暑さ対策!真夏の締め切った室内は要注意!

やっぱり寒がりなの!?猫の寒さ対策に役立つグッズとは?



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道