*

猫の飼育に必要不可欠!?これがあると便利な猫グッズ5選

      2017/08/08

猫の飼育に必要不可欠!?これがあると便利な猫グッズ5選

猫を初めて飼う場合に最初に必要となる物は、以前ご紹介しました。

参考:これだけは最低限揃えよう!初めて猫を飼う時に必要な猫用品7選

のちのち必要となってくる物や「これがあると絶対に便利!」という猫グッズを集めてみましたので、参考にしていただければと思います。

猫を長年飼っている私だけでなく、猫友の意見も参考にしています!


キャリーバッグ

キャリーバッグ

愛猫との外出には、キャリーバッグを使った方が猫にも飼い主にも安全です。子猫のうちは抱いて出かけるのでも問題はありませんが、月齢が進み体が大きくなってしまったら、キャリーバッグは本当に必要になります。

特に動物病院への受診や、電車や車に乗っての外出の際は大助かりであることは間違いありません。

猫は内向的な一面がありますので、縄張りから出ることの少ない動物です。縄張りから出る際はかなり暴れます。そうなるとお互いにケガをしてしまうことになりますので、注意が必要です。

キャリーバッグには種類がありますので、タイプを良く吟味して選びましょう。中には自分のニオイのする物を入れておきましょう。

子猫のうちから慣らすのが一番ですが、成猫でも普段から入れるようにしておくと、外出時に大変な思いをしなくて済みます。

猫のキャリーバッグ一覧

愛猫とのお出かけに必要!キャリーバッグの選び方とおすすめは?

猫を背負って運べるのが便利!『ペット用リュック』がおすすめ!

ケージ

ケージ

猫を入れておくケージは、24時間ずっと閉じ込めるためのものではありません。来客や災害が起きた時に猫の安全を確保するためのものです。

普段は入り口を開けっ放しにしておき、出入りできるようにしておくと、いざという時にすんなり入ってくれます。

私は、買ってから必要になる時までたたんでしまいっぱなしにしておいたため、震災があった時、ケージに慣れていない愛猫を無理矢理押し込めるような形で入れることになってしまいました。

やっぱり慣れていないため愛猫が嫌がって大声で鳴きましたし、近くにいた方などの迷惑にもなってしまいましたので、本当に申し訳ない状態でした。

キャリーバッグがケージを兼ねている物や、キャットタワーみたいなものが中に備わっている物もあります。さまざまなタイプがありますから、自宅に合わせて用意するのもいいですね。

猫のケージ一覧

猫にはどんなケージがおすすめ?居心地の良い環境を作ってあげよう!

キャットタワー

キャットタワー

子猫の場合はそれほど必要性を感じないかもしれませんが、1歳くらいになってくると、登ったり降りたりする上下運動が運動不足解消やストレス解消のために必要です。

また、猫は自分のテリトリーとなるところが必要になりますので、室内飼いするならキャットタワーは必須ですね。

キャットタワーに登る猫

床にそのまま置けるタイプと、天井に固定できる大きい物がありますので、住まいの環境によって選ぶといいでしょう。

自宅にタンスや冷蔵庫など、猫が登ったり下りたりできるところがあるならそれに越したことはありませんが、傷つけられてしまったり、電気が通っていると危険ですので注意しましょう。

キャットタワーの種類や利点などは以下の記事も合わせて読んでみてください。

キャットタワー一覧

キャットタワーにも人気やおすすめはあるの?猫が好むのはどんなタイプ?

ブラシ&コーム

これは猫をシャンプーした後に必要と感じる物です。短毛種の場合はコームでとかしてあげればいいですが、長毛種の場合はブラシがあるとすごく便利です。

長毛種は、ブラッシングをしてあげないと毛が絡まってしまい、猫に痛い思いをさせてしまうことになります。

以前飼っていた長毛種の猫(当時1歳:メス:MIX)はブラッシングをしてあげないとダメな子でした。でも、やり過ぎてしまって何度か手を噛まれそうになったこともあります。

そんなこともありましたが、コミュニケーションを取ることにも一役買ってくれたので、あると便利な猫グッズの1つであることは間違いありません。

短毛種の子は、ブラシをかけちゃうと本気で痛がりますので、コームのみにした方が賢明です(苦笑)

猫用ブラシ一覧

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

歯磨きシート

歯磨きシート

猫は歯磨きを嫌がります。でも、虫歯や歯石がたまるような状態になってしまってはかわいそうなので、ある程度したら歯ブラシをしてあげなければなりません。

でも、猫の口を開けて歯磨きをするのは、飼い主もケガを負ってしまう危険があるので容易には手を出せないことでもあります。

猫専用の歯ブラシがありますが、それでも猫は嫌がります。うちの猫は本当に嫌がり、見るだけでそそくさと逃げます…

そんな時に役立ってくれるのが、歯磨きシートです。

これだと指に巻いてぬぐってあげるだけで済みますので、危険度が下がります。

ずっと抱いて無理にやるのも1つの方法ですが、ケガのリスクを避けるために気がついた時に少しずつぬぐってあげるという方法です。

こちらの歯磨きシートは、ペットショップなどで400円程度で購入することができます。

猫用デンタルケア商品一覧

噛まれないように気をつけて!猫の歯磨きが必要なワケとやり方

あると便利な猫グッズまとめ

あると便利な猫グッズまとめ

猫の便利グッズは、最初から買いそろえておく必要はありません。猫と生活をしていく中で、ライフスタイルに合わせて購入していくのがおすすめです。

最初からあれもこれも…と意気込んで買いそろえておくと、結局使わなかったり、「もっと違う種類にすれば良かった」「サイズが合わない」…となってしまうことが多いです。

当然、猫も成長するわけですから、猫の種類や大きさによって買い換えなければいけないようなもの、例えばケージやキャットタワーなどが必ず出てきてしまいます。

もちろん、歯磨きシートなどの消耗品はすぐ購入しても大丈夫です。

必要になったら必要なものを揃えるというスタンスだと、無駄になってしまうこともありません。

愛猫の種類・成長・住まいの状況などを考慮して、その都度揃えるようにすることを経験者としておすすめします!

猫にはシステムトイレがおすすめ!?カバーもあった方がいいの?

これだけは最低限揃えよう!初めて猫を飼う時に必要な猫用品7選



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道