*

猫が毛づくろい(グルーミング)する理由と注意点!

      2017/03/26

猫が毛づくろい(グルーミング)する理由と注意点!

猫が毛を舐めて、一生懸命に毛づくろいをしている姿を見かけたことがあるかと思います。

猫にとって毛づくろいには、さまざまな意味があるのです。

また、毛づくろいには、飼い主が注意しておかなければいけない点もあります。

毛づくろいする理由

猫が起きている時間帯の多くを費やしているのがグルーミングと呼ばれる毛づくろいです。

毛づくろいをするのには、4つの理由があります。


体をきれいにしている

猫は、舐めることで毛についた汚れなどを落とし、抜け毛などを処理しています。汚れなどが毛にずっとつきっぱなしになっていると、皮膚に汚れが溜まることになります。それを防ぐためです。

汚れを放っておくと、皮膚炎などの病気に発展することがありますので、毛づくろいは大切な役割をしています。

また、猫の毛づくろいには、「ノミの感染予防に効果がある」と言われています。

猫のかゆい原因はダニやノミかも?その対策と発見した時の対処法

体温調節

猫は、人間とは違ってほとんどの部分が汗をかきません。正確には肉球などの一部だけに汗をかきます。

だから、毛を舐めることで唾液の気化熱を利用して、体温を下げているのです。

寒い日は、保温効果を出すために、毛づくろいをして、被毛の中に空気を取り込むようにします。こうすれば、体温を逃さないようにすることができます。

やっぱり寒がりなの!?猫の寒さ対策に役立つグッズとは?

猫の熱中症と暑さ対策!真夏の締め切った室内は要注意!

心を落ち着かせる

心を落ち着かせる

猫はポーカーフェイスが上手です。相手に不安な心を悟られないために、毛づくろいをすることがあります。

緊張感や不安感などを紛らわせる効果があるからです。このことを「転移行動」と言います。

自分のテリトリー内に何かが入ってきて、不安な気持ちを抱えているときなど、さまざまなストレスを感じているときなど、猫は毛づくろいをして、自分の気持ちを落ち着かせます。

いわばリラックス法といったところでしょうか。


ニオイを消す

猫は元々狩りをする習性があります。だから、ネズミや鳥のおもちゃを追いかけ回します。

昔は、ネズミを捕まえるために、猫を飼っていた家があったくらいですから、野生の本能が根底にあるのでしょう。

全身を毛づくろいし、ニオイを消して(自分のニオイで獲物に逃げられてしまうことがあるからです)狩りに出る準備をしているということです。

部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?

ビタミンDの摂取

猫は自らビタミンDを作り出すことができません。

だから摂取することが必要です。

しかし、飼い猫はキャットフードが主な食事となるため、外の猫のようにネズミなどの生肉を食べていません。(生肉からさまざまなビタミンを摂取することができます)

だから、猫は自分の毛から摂取するのです。

猫は人間と同じように紫外線を浴びることでビタミンDを合成しています。

毛を舐めてビタミンDを摂取するという、まるで自給自足のようなことをグルーミングでしているのです。

注意点

気をつけなければいけない点

猫は、多くの時間を費やして毛づくろいをしますが、飼い主が気をつけなければならない点もあります。

それが「毛づくろいのし過ぎ」です。被毛がはげるようになるくらいまで行うようなら要注意!

日々のストレスが蓄積し、精神的な危機を迎えているかもしれません。

毛を多く飲み込んでしまっている可能性がありますので、毛玉を吐き出すのも大変になります。

どうしても、毛づくろいばかりしているようなら、ブラッシングがおすすめです。余分な毛を取り除いてあげることができて、毛玉を飲み込んでしまう機会を減らします。

また、飼い主が皮膚の異常などをいち早く見つけることにも繋がります。

猫が毛玉を吐いた!?猫草などで毛玉対策をしてあげよう!


同じ箇所ばかりを舐めている場合は要チェック!

同じ箇所ばかりを舐めている場合は要チェック!

猫がグルーミングをしているときは、少し観察をしましょう。どういうわけか、同じ箇所ばかり舐めることがあります。この時が要注意です。

皮膚病など、何かしら体の異常が起こっている可能性があります。

先日、実家の猫のうち、1匹の猫(3歳:オス:MIX)が、股の間ばかりを舐めているので変だなと思っていたようなんです。

その次の日は、大きな声で鳴くようになり異常に気づいて、とうとう動物病院へ。診断結果は、尿管結石でおしっこが出なくなって、苦しんでいたということでした。

このように、同じ箇所を舐めている場合は、皮膚病や虫類だけでなく、他の病気でも気になるところを舐め続けるようです。

普段から少しでも、毛づくろいのやり方を見ておくと、猫の異変に気がつくことができます。

まとめ

毎日やっている毛づくろいは、体をきれいにしたり温度調節だったり、はたまたビタミンDの摂取だったり精神的な安定を求めていたりと、1つの行動でさまざまな役割があってやっていることがわかったと思います。

それだけでなく、体の異変を教えることにも一役買っています。

猫にとって、大切な毛づくろいですが、飼い主が普段から様子を見ておくことも必要です。

異常に気づいてあげられるチャンスを大事にしてあげてください。

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道