*

ロイヤルカナンの人気キャットフード『ベッツプラン(メールケア&フィーメールケア)』の口コミ評判

   

ロイヤルカナンの人気キャットフード『ベッツプラン メールケア&フィーメールケア』の口コミ評判

ロイヤルカナンのキャットフードには『ベッツプラン』という種類の総合栄養食(準療法食)があります。このベッツプランは全部で9種類あります。

性別(オス用・メス用)で分かれていて、『メールケア』去勢手術をしたオス猫用、『フィーメールケア』避妊手術をしたメス猫用です。

これまでにもロイヤルカナンキャットフードの記事を取り上げましたが、このベッツプランはロイヤルカナンの中でトップクラスの人気がある製品です。

今回は、ベッツプラン『メールケア』と『フィーメールケア』について、製品それぞれの特徴や実際に使用した飼い主さんの口コミ&評判を紹介していきます。

ベッツプラン『メールケア』の特徴

 

ベッツプランの『メールケア』は、去勢手術をした後から7歳頃までのオス猫用のフードです。オスは、去勢手術をするとホルモンバランスが崩れてしまいます。体重維持に必要な消費カロリーが減ってしまうため、太りやすくなってしまうと言われています。そのために、食事で管理することが必要です。

また、尿路結石などの泌尿器科系の病気にならないための予防も施されているなどの特徴があります。

高タンパク&炭水化物量調整

去勢手術後に体重が増えてしまったという話はよく耳にします。うちの猫たちも体重が増加してしまい、獣医に注意を受けたことがあります。

『メールケア』は高い嗜好性を持っていますが、低エネルギー調整されています。また、炭水化物の含有量と脂肪量を調節しています。それだけでなく、高タンパク設計となっているため筋肉量を維持するのに一役買っています。体重維持がしやすいというわけです。

下部尿路の健康維持

去勢した猫は、太りやすいだけでなく、泌尿器関係にも注意が必要です。猫は、冬になると尿の出方が変化するようで、出にくくなってしまうようです。(うちの子も尿路結石になるのはきまって冬です…)

『メールケア』では、さまざまなミネラル分を調整しています。尿のPHを弱酸性に保つように調整していますし、ストルバイトやシュウ酸カルシウムが溜まりにくいようにも配慮しています。

アミノ酸・ミネラル・ビタミン

健康的な皮膚の維持や、美しい毛並みを保つためには、必要な成分があります。それが、アミノ酸・ミネラル・ビタミンです。アミノ酸においては、体内で必要量を作り出すことができません。そのため、食事で摂取をしなくてはいけません。

『メールケア』には、アミノ酸・ミネラル類・ビタミン類が必要量含まれています。

ベッツプラン『フィーメールケア』の特徴

 

ベッツプランの『フィーメールケア』は、避妊手術をした後から7歳頃までのメス猫用フードです。避妊手術をしたメスもまた、太りやすくなる傾向になるようです。その管理と、泌尿器科系の病気にならないための予防することを考えて作られたフードでもあります。

『フィーメールケア』の大きな特徴をみていきましょう。

下部尿路維持

避妊手術後は、「下部尿路症候群」にかかる可能性が高くなります。下部尿路とは、膀胱や尿道など排尿に関係する部位のことを言います。『フィーメールケア』は、各ミネラル成分が調整されています。なぜなら、尿のPH値を弱酸性に保ち、尿の量も保つためです。

泌尿器官にストルバイトやシュウ酸カルシウムが溜まって悪さをしないようにするために作られています。

ダイエット

避妊手術をした子は、体重が増加傾向にあります。どういうわけか、食欲が増すようです。うちの子たちも避妊手術をした後は、みんなたくさん食べるようになりました(苦笑)ですから、普通にキャットフードを与えていたのでは、肥満になってしまいます。

肥満傾向を緩和させるために、低エネルギーで高タンパクなフードとなっています。うれしいことに高い嗜好性はそのままです。高タンパク設計となっているため、筋肉量を維持することもできます。

毛玉・口腔衛生ケア

猫の習性とも言える毛づくろいによって、胃に毛玉が溜まってしまうことがよくあります。食物繊維を適度に増やすことで、飲み込んでしまった毛を無理なく便として排出できるようになっています。やっぱり、毛玉のせいで嘔吐や便秘になってしまうようなことがあれば、かわいそうですからね。

粒の形状に着目していて、歯垢が付きにくいように工夫されています。また、歯垢から歯石に変わりにくくするために「ポリリン酸ナトリウム」を配合しています。(カルシウムを形成させないため)

歯磨きを嫌がる子も多くいますし、避妊手術後は気が立っています。そのことを考えて、口腔衛生ケアができるようになっているのでしょう。

ロイヤルカナンの人気キャットフード『ベッツプラン』の口コミ&評判

ロイヤルカナンの人気キャットフード『ベッツプラン』の口コミ&評判

『メールケア』と『フィーメールケア』を取り扱っている様々なサイトから口コミ&評判を集めてみました。評判の良い口コミとそうでない口コミに分けてあります。

実際に飼い猫に与えた方のリアルな声を参考にしてみて下さい。

評判の良い口コミ

  • 去勢してからずっとこれで育てています。食いつきもいいですし、血尿などをすることもなく元気です。
  • 術後から食べさせています。1歳未満で手術したので、体重の増え方がゆるやかで自然に成長している感じです。袋に書いてある規定量を守り与えています。
  • 獣医に勧められて購入しました。食い付きも良く、太らないので安心して与えられます。
  • 粒が大きいからでしょうか。がつがつ食べることもなく、時間をかけて食べています。
  • 避妊手術を受けてからこのフードに変えました。食いつきがいいので、喜んで食べてくれているようです。

評判の良くない口コミ

  • 飽きてしまったようで、ニオイを嗅ぐだけでほとんど口にしてくれせん。
  • このフードを与えている間、毛がゴワゴワになってしまいました。うちの子には合わなかったようです。
  • せっかく買ったのですが、愛猫が食べてくれません。粒が大きいのが好きではないようで残念です。
  • うちの子は次第に食べなくなった。味が気に入らなくなった様子。
  • 獣医に勧められて食べ始めましたが、毎日胃液のようなものを吐いていました。きっとうちの猫には合わなかったのでしょう…。
  • どういうわけか、嘔吐することが多くなったので変えました。

口コミ&評判の解説

食いつきについては、ほとんどの口コミに書かれていました。食いつきが良いと書かれている口コミが多かったです。嗜好性を高くしていると公式サイトに記載がありましたので、好む猫が多いのではないでしょうか。

体重管理の面についても体重の増加や肥満になってしまうといったことがないようです。どちらのフードもその点については、効果があると言えそうです。

体調の不調を起こしてしまう子に関しては、原材料に穀物類(コーンなど)が使われていることが主な理由ではないでしょうか。適度な食物繊維は必要ですが、アレルギーを持っている子には向いていないかもしれません。そのために、毛がゴワゴワになってしまったり、嘔吐が続いたりということが症状として現れているのでしょう。

下部尿路疾患について、私が探した限りでは悪い口コミはまったく見られませんでした。その辺もしっかり予防できているのではないかと思います。

まとめ

ロイヤルカナンキャットフードのベッツプラン『メールケア』と『フィーメールケア』は、去勢・避妊手術をした子たちのための大切なフードであることがわかりました。術後に気をつけていかなければならない2点(肥満と下部尿路の疾患)に注目して作られています。

グレインフリーではないためアレルギー反応を示す子もいますが、おおむね評価は良いようです。アレルギーの心配がある猫を飼っている飼い主さんは、獣医さんの勧めがあったときに、アレルギーの検査をしてもらうかサンプルを試すなどしましょう。

 

 

ロイヤルカナンキャットフード関連記事




  関連記事

世界的にメジャーな『ロイヤルカナンキャットフード』。製品ラインナップと口コミ評判

世界的にメジャーな『ロイヤルカナンキャットフード』。製品ラインナップと口コミ評判

世界的にメジャーなキャットフードで、日本においても大きなシェアを占めている『ロイヤルカナンキャットフード』。製品ラインナップとそれぞれの特徴、併せて口コミ評判もご紹介します。

愛猫へのおすすめな食事とは?キャットフードの種類と選び方

猫の餌にカリカリだけを与えている人もいるかもしれませんが、キャットフードにもいくつか種類があります。ぜひ与え分けてあげて下さい。

安全性の高さから厳選!おすすめキャットフードランキング!

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。安全性の高さに注目しておすすめのキャットフードをランキングで紹介!

室内飼いの猫におすすめのキャットフード『ロイヤルカナン インドア』の口コミ評判

室内飼いの猫におすすめのキャットフード『ロイヤルカナン インドア』の口コミ評判

室内飼いの猫におすすめのキャットフードとして販売されている『ロイヤルカナン インドア』。製品の特徴と飼い猫に与えている飼い主さんの口コミ評判を紹介します。

ロイヤルカナンの猫用療法食『消化器サポート可溶性繊維』の口コミと評判

ロイヤルカナンの猫用療法食『消化器サポート可溶性繊維』の口コミと評判

ロイヤルカナンの猫用療法食『消化器サポート可溶性繊維』。これは便秘の猫のためのフードですが、胃や腸などの消化器疾患のためのフード『消化器サポート』もあります。それぞれの違いや口コミ評判をまとめました。

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道