*

人気のキャットフード『サイエンスダイエット』の口コミ評判

      2017/05/10

人気のキャットフード『サイエンスダイエット』の口コミ評判

サイエンスダイエットは、アメリカのヒルズ・ペット・ニュートリション社が製造しているキャットフードです。日本ヒルズ・コルゲート株式会社が販売を行っています。

ペットショップやホームセンターだけでなく、動物病院でも販売されているキャットフードで、入手が簡単であることや価格が手頃であるなど、飼い主に人気のキャットフードです。

愛猫へのおすすめな食事とは?キャットフードの種類と選び方

サイエンスダイエットの特徴

サイエンスダイエットの特徴は、『免疫力を高めて猫の健康を維持する』というところです。

栄養バランスが整っていることや、種類が豊富なので飼い猫の状態に合わせやすいキャットフードになっています。

 

栄養バランスが調整

サイエンスダイエットの原材料は、チキンやターキーなどの鶏肉の他に、マグロなどの魚類が使われています。

『免疫力を高めて猫の健康を維持する』ということを大切にしていますので、老化や肥満を予防するために栄養バランスをきちんと調整しています。

危険な合成酸化防止剤が使われていません。

ミックストコフェロールやローズマリー抽出物、緑茶抽出物を使うことで、酸化防止剤の代わりとなっています。危険な物質が入っていないので、安心することができます。

ただし、それだけではなく、トウモロコシやコーングルテン、ビートパルプなどの材料が含まれています。これは、毛玉を排出させるためであるようです。

飼い猫に対応

サイエンスダイエットでは、さまざまな飼い猫に対応できることを大切にしています。

年齢・肥満状態・避妊や去勢後・室内飼い・毛玉を吐きやすいなど、猫の状態に合わせて選ぶことができるのです。

生活環境や体の症状も個々によって違ってきます。それに対応できるところが、サイエンスダイエットの大きな特徴と言えます。

 

サイエンスダイエットの種類

  • キトン(子猫用)
  • アダルト(成猫用)
  • ライト(肥満傾向の成猫用)
  • シニア(高齢猫用 7歳以上)
  • シニアライト(肥満傾向の高齢猫用 7歳以上)
  • シニアプラス(高齢猫用 11歳以上)
  • シニア アドバンスド(高齢猫用 14歳以上)
  • インドアキャット(室内飼い猫:成猫用)
  • インドアキャット(室内飼い猫:高齢猫用)
  • ヘアボールコントロール アダルト(成猫用)
  • ヘアボールコントロール ライト(肥満傾向の成猫用)
  • ヘアボールコントロール シニア(高齢猫用)
  • 避妊・去勢猫用

うちの猫達は、避妊・去勢の手術をした後に、必ず獣医から勧められます。やはり手術をした後なので、食事は気をつけたいですからね。

あとは、高齢猫になった時に、シニアプラスを食べさせるようにしています。

勘違いしやすい点

サイエンスダイエットで勘違いされやすい点があります。

「ダイエット」の文字が入っているため、どうしても「やせるためのキャットフード」ではないかと思ってしまう人がいるようです。(私も最初はそうでした…)

サイエンスダイエットは、やせるために食べさせるのではなく、栄養バランスを整え、過不足が生じないように配合されているという意味です。その点に気をつけましょう。

 

サイエンスダイエットのメリット

メリット

  • 危険な合成酸化防止剤を使用していない
  • 栄養バランスを科学的に配合して作られている
  • 豊富な種類で飼い猫に合わせやすい
  • 入手がしやすい
  • 価格が手ごろ
  • 獣医が勧めている

などがあります。

肥満傾向にあったり、術後などで栄養に気をつけなくてはならなかったりする子の場合は、獣医が勧めることがあります。(獣医が勧めるというところに安心感を覚えるようです)

プレミアムフードのように、購入先が限定されていないことや、価格が手ごろというところもメリットと感じる部分です。

 

サイエンスダイエットのデメリット

  • 穀物が含まれている
  • アレルギーが出てしまう子もいる
  • 便秘が気になる子もいる
  • 原材料のタンパク質などに含有量(%)の記載がないから心配

などがあります。

穀物が含まれているため、アレルギーのある子は食べることができません。

また、含有量の記載がないという点が引っかかるという声もありましたので、デメリットに入れることにしました。

 

サイエンスダイエットの口コミ評判は?

猫友も数名がサイエンスダイエットを食べさせています。獣医が勧めてくれたことが試すきっかけになったという声が多かったです。(私もそうです)

「年齢や体に合わせて選べるところがいい」「尿結石にならないで済んでいるところに高評価」という意見もありました。

 

ネット上の口コミ

  • 肥満気味でしたが、少しずつ体重が減ってきています。
  • 栄養価が高いし、尿結石にもならない効果があると聞いたから始めた。なかなか好調。
  • 材料を見て、他のキャットフードよりは安全な感じがして変えました。
  • うちの子には、粒が硬すぎるようですが、ふやかしたら食いつきが良くなりました。

こういった良い評価がある一方、違う意見の飼い主さんもいます。

  • 変えたら便秘になった
  • 便のニオイが強くなった気がする

穀物が含まれているため、どうしても便に変化が現れてしまうことがあると思います。

一気に変えないで、時間をかけて変えることや、便の様子を確認しながら切り替えをすることが必要な場合もあると思っておいた方がいいでしょう。

原材料にある「ビートパルプ」は、毛玉を体外に排出させるだけでなく、毛玉を吐かないようにする効果があります。でも、便秘になってしまう猫がいるのも事実です。

お腹の調子が悪いの?猫の便秘と下痢の原因と予防法

サイエンスダイエット価格

プレミアムフードに比べて、価格は安めです。しかもペットショップやホームセンターといった店舗での購入もできますし、アマゾンなどのネット販売もされているので、入手しやすいキャットフードと言えます。

公式ホームページ

公式サイトでの販売はしていないようです。その代わり、サイエンスダイエットの取扱店舗や、取扱いのある動物病院を検索できるようになっています。

アマゾン

検索したところ、割引されていました。

『キトン(チキン) 子ねこ用 1.8kg』が1458円(28%オフ)で売られていました。

その他のタイプのフードも、少なくて10%オフでしたし、それ以上の割引をしているフードも多数ありました。

送料に関しては、2000円以上の注文で送料無料になると記載がありました。

 

オークション

さまざまなオークションサイトで販売されているのを見つけました。

今回は、比べやすいように上記と同じものを記載します。『キトン(チキン) 子ねこ用 1.8kg』が1180円です。

ただし、この商品は送料が980円かかるとのことでしたので、合計で2160円となります。
オークションサイトですので、もっと安い所を探せば、見つかるかもしれません。

店舗

数店舗に行って、取扱状況や価格を見てきました。どの店舗も1.8kgは置いてあります。大きいサイズもありましたが、店員さんの話では、1.8kgが出やすいとのことでした。

1.8kgのキャットフードの価格は、A店では税込み1708円、B店では税込み2138円でした。
サイエンスダイエットは、時期によって割引をしている商品だそうです。

 

まとめ

穀物が含まれているという点は、引っかかりますが、危険な合成酸化防止剤を使用していないことや、栄養バランスを科学的に調整しているなどのメリットが多いところに人気があるのだと思います。

それに、獣医が勧めるキャットフードという点でも安心して購入できる一因になっていると思いました。(私もこの点が大きいです)

穀物が入っていないものを食べさせたいという気持ちがあっても、なかなかそこまで手が出せないという人には、入手もしやすく価格も手ごろなのでいいのかもしれません。

価格の面でみても、小さいサイズで試してみるという方法をとってみてはいかがでしょうか。

評判が良いのはどれ?高品質なキャットフードの選び方

安全性の高さから厳選!おすすめキャットフードランキング!



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道