*

小さい猫は飼いやすい?小型猫の代表的な種類と飼い方のポイント

      2017/03/27

小さい猫は飼いやすい?小型猫の代表的な種類と飼い方のポイント

「小型猫って一般的ではないか」と思われるかもしれませんね。普通の猫は中型と呼ばれる大きさで、体重で示すと3~4kgなんです。

小型猫は、成猫になってもそれ以下の体重となります。

いつまでも子猫のような大きさを味わえるなどのいい点がたくさんある猫たちです。

小さいため、その性質や飼う時のポイントを知っていると飼いやすいと感じるかと思います。


小型猫に共通する性質

小型猫に共通する性質

小型猫はただ小さいだけではありません。

共通する性質があるので、そのあたりを調べてみました。

  • 平均体重が3kg程度
  • 鳴き声が小さい
  • 人なつっこい性格
  • 遊ぶのが大好き
  • 短毛種が多い
  • 人為的に発生した種類が多い

という6点です。

小さい猫を飼う時のポイント

小さい猫を飼う時のポイント

小さい猫であるせいか、長時間の一人ぼっちでの留守番は苦手です。ストレスとなって病気になってしまうことが考えられますので、留守番をさせる時間の長さに注意しましょう。

小さい姿でも激しい遊びが好きです。キャットタワー(それほど大きくなくてもよい)など、遊べるものを用意してあげましょう。

また、飼い主ともコミュニケーションを取りたがります。遊んだりグルーミングをしたり、ふれ合いを大切にしましょう。

食事に気をつけないと、肥満になってしまいます。猫は偏食がちな動物です。好きな味の物やおやつばかりを好むため、栄養が偏ってしまうことが考えられます。

飼い主が、総合栄養食を中心とした食事を摂らせるように管理することが肥満予防にもなります。


小さい猫の気をつけたい病気

小さい猫の気をつけたい病気

遺伝性の疾患を持つ猫や、紫外線などに気をつけないと発症してしまうというものもあります。
小型猫の気をつけたい病気をみてみましょう。

  • 心筋症・肥大型心筋症・ピルビン酸キナーゼ欠損症(遺伝性)(シンガプーラ)
  • 肥大型心筋症・腎機能低下(ナポレオン)
  • 急性腎不全・口内炎・皮膚疾患(ラムキン)
  • 皮膚病(バンビーノ)

2011年に認可が下りたばかりのスキフトイボブテイルは、飼育例が少ないため病の情報がまだ出ていません。

予防接種を受けさせることや、肥満に注意するだけでも大きな病気は防げるのではないでしょうか。

飼い主なら知っておくべき!猫の代表的な病気7選

小さい猫の代表的な種類

代表的な小型猫を紹介したいと思います。

スキフトイボブテイル

スキフトイボブテイルは、世界最小の猫と呼ばれていて、成猫になってもオスは2kg程度、メスは1.7kg程度にしか成長しません。外見は、シャム(サイアミーズ)に似ています。

1980年代にロシアで野良猫だったのを元に人為的に交配して、今の種類になった猫です。

性格はおとなしめですが、人なつっこくて飼い主に甘えることが大好きです。長時間の一人ぼっちはストレスになります。

ただ、日本では稀少な猫です。ブリーダーがもう少しすれば入手しやすくなるでしょう。

シンガプーラ

シンガポールで見いだされ、アメリカのブリーダーさんが計画的な繁殖で成功させて生まれた猫です。「小型猫の代表」と言っても過言はないでしょう。

毛の色合いがとても美しいことで知られています。短毛種で手触りもシルクのようだと絶賛されています!

シンガプーラは、成猫になっても2~3kg程度にしかなりません。

容姿がアビシニアンに似ていますが、それをもっとスリムにして全体的に小さくした感じという感じです。

性格は、おとなしめなだけでなく物静かです。

でも、活発で好奇心旺盛な一面もあります。とても人なつっこくてかわいいです。

ただし、臆病なところもありますので、多頭飼いなどはできません。(ドレインキャット出身だからかもしれません)

ナポレオン(メヌエット)

マンチカンをベースにして、アメリカで交配を繰り返し誕生した猫です。大きな特徴は、マンチカンのように短い足です。そして、くりくりのかわいい瞳が人気です。

毛種は、長毛種です。(ペルシャやヒマラヤンなどの長毛種と掛け合わせているため)

ナポレオンは、明るくていつも元気なところがあり、飼い主にもよくなつきます。

2015年5月から名前が『メヌエット』に変更となっています。

しかし、ナポレオンで定着しているため、メヌエットに慣れるまで時間がかかるかもしれません。

ラムキン

ラムキンは、マンチカンとセルカークレックスを交配させて生まれた猫です。

短い足と羊のような毛が特徴的です。長毛種の仲間ではありますが、毛がカールしているので、それほど長くは見えません。

この羊のような毛から「ラムキン」(子羊の意味)と名付けられました。

性格はとても穏やかでかわいらしさを醸し出しています。小さい姿が本当にぴったりな愛らしい小型猫です!

バンビーノ

バンビーノは、毛のない猫であるスフィンクスとマンチカンを交配させて生まれた猫です。足の短いところはマンチカン譲りですが、毛のない体はスフィンクス譲りです。

顔が小さめなところに愛らしさを感じます。

名前の由来は、イタリア語の赤ちゃんという意味です。毛のない体でちょこちょこ歩く姿にぴったりな名前です。


小型~中型の猫たち

オス・メスによって大きさが小型の体重に当てはまる種類を挙げてみました。

  • アビシニアン(3~5kg)
  • マンチカン(3~6kg)
  • ハバナブラウン(2.5~4.5kg)
  • コラット(2.5~4.5kg)
  • ラパーマ(2.5~5.5kg):メスは小さめで2.5kg程度にしかならない子もいるようです。

個々によって大きさが変わりますので、中型に分類されているとは思いますが、中には小さい子もいます。

どんな猫飼いたい?猫の種類人気ランキングTOP10!

まとめ

いつまでも子猫のような大きさで、飼い主にすり寄ってくれる小型猫は、本当にかわいくて仕方のない存在となるでしょう。

中型猫とは違い、グルーミングなどがしづらかったり、エサの量が少なかったりなど戸惑うこともあるかと思います。

その辺は、生活していく上で慣れていくものですので、小さい姿を堪能して大事に飼ってあげて欲しいと思います。

大きくならない猫の種類と大きくなれない猫の原因

大きい猫は飼いやすい!?代表的な大型猫の種類と飼い方のポイント



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道