*

部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?

      2018/03/30

部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?

猫を飼い出すと、どうしても気になってしまうのは臭いです。いわゆる動物臭や猫臭などと言われます。

トイレなどさまざまなところから臭いがして、友人や知人から指摘されることも出てきます。だから、猫を飼い出したら臭い対策も同時にスタートさせましょう。猫との同居をより楽しいものにするために忘れてはならないポイントになります。

トイレの臭い対策

「臭い対策」と聞くと、最初に頭に浮かぶのはトイレだと思います。確かに排泄物の臭いは体によくありませんから、対策が必要です。その中でも、私や猫友など多くの猫飼い経験者がやっていることをご紹介したいと思います。

こまめな掃除

毎日のようにトイレの砂の中から猫の排泄物を取り除き、砂を足しておくことは基本です。それだけでなく、トイレやその周辺に飛び散りがないかをチェックして、拭き取ることも大切です。

「掃除をしているのに臭いがする…」と思われる場合は、トイレ周りを拭き取ることもしてみてください。排泄物(おしっこなど)が、少量でも付着していれば臭ってきますよ!

消臭スプレーもマストアイテム

消臭スプレーなどは、必ず購入して使われることと思います。掃除の後にスプレーを使うでしょうが、かけ過ぎにはご注意を!猫の嗅覚を刺激してくしゃみが止まらなくなってしまうことがあります。(うちの猫がそうでした)

消臭スプレーと消臭効果のある猫砂を使うことで、更なる臭い対策になることは間違いありません!

 

 

脱臭シートの併用も!

猫用のトイレにはさまざまなタイプがあり、トイレ砂を入れるところとは別に脱臭シートを入れることができるようになっているものもあります。

 

これだと取り損ねてしまった排泄物があったときでも、下からも臭い対策ができますので、安心できると思います。友人の中には、トイレ自体にそれを敷いてからトイレ砂を入れるという人もいます。

トイレ砂を総入れ替えするときに楽だと言っていました。臭い対策だけでなく掃除にも役立てているそうです。

 

空気清浄機(脱臭機)の使用

猫を飼っている人の中でもかなりの人数が空気清浄機を使っているということでした。もちろん私も使っています。トイレの臭いもそうですが、動物の臭いがどうしても部屋中にしてしまうので、臭い対策として空気清浄機を回しているそうです。

なかでも、空気清浄機では取りきれない臭いまでしっかり無臭化させる脱臭機が人気です。これが1台あると、急な来客でも安心して通すことができますね!

なお、ワンランク上の製品に「集塵機能付き(ペットのほこりや抜け毛など)」もありますので、予算に余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

キャットフードの臭い対策

キャットフードの臭い対策

臭い対策が必要なのは、トイレだけではありません。実は食器からも臭いは発生します。食べ残しのキャットフードや、一度口をつけた水もそうですが、それだけでなく水皿を何日もそのままにしておくことで発生する水垢からも臭いが出てきます。

食器は1回ごと、水皿は1日1回、洗いましょう。どちらも台所用の中性洗剤で洗うようにします。この時、すすぎはしっかりめにしましょう!水洗いだけではどうしても雑菌の繁殖を防ぐことができないからです。

1泊家を空けるなどしたときは、置きっ放しにしてしまうことがあると思います。このようなときは、自宅に戻ってから洗うようにしましょう。

食べ残してしまったキャットフードがある場合は処分します。一度口を付けてしまったものには、口腔内からの雑菌がついてしまっています。臭いもそうですが、衛生的にも良くありません。

体臭と口臭対策

体臭と口臭対策

猫自体から臭いがする場合は、病気のサインであることが多いです。

体臭が強い場合

  • 傷口の化膿
  • 皮膚炎が起きている
  • 肛門周辺で炎症が起きている

口臭がする場合

  • 歯垢や歯石が溜まっている
  • 内臓系の病気が起こっている可能性がある

病気でなくとも、病気の原因(細菌などの付着物)となるものがくっついていることも臭いの原因となります。臭いがどこからしてきているのかをまずは見てあげましょう。

口腔内であれば歯磨きをすることで臭いが止まることもあります。

参考:噛まれないように気をつけて!猫の歯磨きが必要なワケとやり方

それ以外の場合は、病気のサインと受け取って、動物病院への受診をおすすめします。以前飼っていた私の猫(当時2歳:オス:MIX)も口から臭いがしてきて、おかしいなと思っていました。それで歯磨きを念入りにしていました。でも、口臭が消えるわけではありませんでした。

悩んだあげく、動物病院を受診しました。原因は、内臓系の病気と歯の磨きすぎだということがわかりました。病気が早くわかって良かったと思いましたが、歯の磨きすぎで歯茎を痛めてしまっていたということに、もっと早く受診すればよかったと反省しました。

 

まとめ

猫との生活は楽しいですが、快適に過ごすためには臭い対策が必要です。お互いが心地良く生活するためと、もし愛猫が病気になったときにいち早く気づけるようにするためです。

これは、自分が失敗をしたことから学びました。臭いは嗅覚を刺激しますので、心地良い生活するためには何とかしなければならない問題です。

飼い主が心地良いと猫も心地良いと感じます。そのために臭い対策について考えておきましょう。




  関連記事

【犬 or 猫】ペットにするならどっちが飼いやすくておすすめ?

少子化によってペットブームになった昨今、家族に動物を迎える家庭が増えてきました。ペット飼育初心者にとって、犬と猫どちらが飼いやすくておすすめなのか?を検証してみました。

飼い猫が脱走した!迷子猫の探し方と迷い猫を保護した時の対処法

猫を飼っていると、ふとした瞬間に脱走して迷子になってしまうことも少なくありません。ここで、迷子猫の探し方と迷い猫を保護した時の対処法を紹介します。

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

猫の習性のひとつに「爪とぎ」があります。放っておくと部屋中の家具などでガリガリやっちゃいますので注意が必要です。ここでは猫の爪とぎの意味・理由としつけ方、そして口コミで人気のおすすめ爪とぎ器をタイプ別に紹介しています。

これはやっちゃダメ!猫が嫌がること6選

飼い主がよかれと思ってしていることでも、猫にとってはすごく迷惑な場合があります。ここでは猫が嫌がることを紹介しています。

ペットショップよりも譲渡会で猫を貰いたい!その一般的な条件とは?

猫を飼うためにはペットショップで購入する他、知人から譲り受ける、保健所から引き取るなどがあります。ここでは猫の譲渡会について、条件や注意点などを紹介します。

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道