*

かわいくて仕方ない!猫がすりすりしてくる理由とは?

      2017/08/08

かわいくて仕方ない!猫がすりすりしてくる理由とは?

猫を飼い始めて本当に愛おしく思う行為の1つに、すり寄ってくる仕草があります。

これには複数の理由がありますので、観察しているとその場面においての「すりすり」の理由がわかります。

さまざまな理由や説がありますが、私個人としてはどれもが当てはまるものだと考えて、前後の行動や同時に行われる動きにも注目するようにしています。


マーキング説

マーキング説

猫にも犬と同じように縄張りがあります。

飼い主は1番の縄張りですから、マーキングして当然です。

見かけたことがある人もいると思いますが、犬の場合は散歩の途中などでおしっこをかけてニオイを残します。

猫の場合も同じようにニオイを残します。

でも、おしっこをかけるようなことをするのではなく、猫がすりすりしてくる行動がそれにあたります。

これを「こすりつけ行動」と言うそうです。

猫の頬やあごのあたりには分泌腺があり、そこから出す分泌物をなすりつけていると考えられる説があります。

自分のニオイを飼い主にもつけるというような感じですね。1970年代にこの行動が注目され、ニオイに関連があると考えられたそうです。

寝床なども自分のニオイがする方が安心します。

飼い主も猫の所有物というわけではありませんが、安心するためにするものと思っていただきたいと思います。

私の飼っている猫は、私が外出先から帰ってくると、頭をこすりつけるようにしてきます。

最初は甘えているのだと思っていましたが、外に出たせいで自分のニオイが消えたか薄くなってしまったために、一生懸命にマーキングしているのだと後で知りました。

飼い猫にも縄張りがある!?マーキングをやめさせる対策は?

おねだり

おねだり

猫がすりすりしてくる理由の2つ目に挙げるのは、おねだりです。

「お腹がすいた」とか、「遊んで欲しい」とかいう催促や、欲求を満たして欲しいときにもこのすりすりをします。

この時は、すりすりだけでなく「ニャー」と鳴きながら欲しいものの方へ自ら行ったり、こっちに来るように促したりしますので、すぐにわかると思います。(マーキングの時はほとんど鳴きません。)

飼い主が、朝起きた時や帰ってきたときによく見られると思います。トイレをきれいにして欲しいときもこういった仕草をしてきますので、一度チェックしてあげて欲しいと思います。

うちの子はこれを欲しがる時もすりすりしてきます。笑

 

愛情表現

愛情表現

猫がすりすりしてくるときに、しっぽをピンと立てていませんでしょうか。

この場合は、飼い主に「好き~!」と愛情表現をしているときです。

飼い主に対して、親愛の情を見せるときがすりすりとしっぽをぴんと立たせます。

ペットショップでお話しを聞いたら、「外で住んでいる猫はこういうことはしません。家で飼われている猫だけがやる愛情表現なんですよ」ということでした。

うちの猫はしっぽをピンと立てて玄関まで走ってきて、これでもかっていうほどすり寄ってきます。こんな感じをされたら本当に嬉しくなってしまいます。

言葉と同じ?!猫のしっぽから分かる気持ちとは?

特に子猫から成猫になる中間あたりはすごく甘えてくる感じを味わうことができると思います。

思いっきり頭をこすりつけてくるので、かわいくて仕方ない感じがハンパないです。

「帰ってきてくれた~。おかえり、待ってたよ~!」という声が聞こえてきそうな感じですね。

会えてうれしい気持ちが行動に出ているという感じです。これをされたら、もう飼い主冥利につきますよね。

今はどんな気分なの?ツンデレの猫が甘えたい時に見せる仕草とは?

残念なことにすりすりは飼い主限定じゃない

残念なことにすりすりは飼い主限定じゃない

すりすりを来客や家族みんなにやる猫もいます。

このように猫がすりすりするのは、自分のテリトリーに違うニオイが入ってきたからです。最初に挙げた「マーキング説」の一環と考えてください。

テリトリー内で、自分以外のニオイがすると、落ち着かなくなってしまうことが原因と考えられます。

しかし、人見知りをする猫や性格的に大人しい猫の場合は、他人にはしません。その分、寄ってくることもないと思いますが…。

必ずしもなついてすりすりしているわけではありませんので、嫉妬しなくても大丈夫、どうぞご安心ください。

また、何匹か猫を飼っている場合、猫同士でも行う場面が見られます。

これは猫同士が友好な関係を築いている証拠だと言われています。

実家で4匹の猫を飼っていますが、オス猫(12歳)とメスの子猫(5ヶ月)が互いにやっているのを見たことがあります。

以前、実家の猫がすりすりしてきたので、「なついてくれたのかな」と思っていたところ、走って逃げられたり、シャーと言われたりしました。

疑問に思い、自分の飼い猫の定期検診時に獣医に聞いたところ、マーキング説のようなことを言っていましたので飼い主限定ではないのだと知りました。


まとめ

帰宅時に愛猫からのすりすりは、本当に癒やしになります。

猫をかわいいと思う瞬間の一つだと思います。

言葉の話せない猫だからこそのかわいさかもしれませんが、前後の行動を見ながら何を言いたいのか判断する行動でもあるので、観察しながらかわいがることが大事なのではないでしょうか。

何のためにしているの?可愛いけど不思議な『猫の習性』6選



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道