*

言葉と同じ?!猫のしっぽから分かる気持ちとは?

      2017/03/26

言葉と同じ?!猫のしっぽから分かる気持ちとは?

猫のしっぽの動きや動かし方の状態で、猫の気持ちが分かります。

言葉を話せない愛猫ですから、そのサインをよく見て、気持ちを汲み取ってあげることがコミュニケーションを取るためにも有益になります。

そうすれば、猫の気持ちを勘違いすることがなくなるでしょう。

猫は、言葉が話せません。その代わり、しっぽを使って気持ちを表現します。

動かし方によって機嫌の見極め方ができますので、愛猫の状態を見ながらお互いにいい状態で暮らせたらいいと思っています。

散々私は失敗してきました。そのことから学んだことを書かせていただきましたので、参考にしていただけたらうれしいです。

猫のしっぽの状態とその時の感情をいくつか紹介したいと思います。


機嫌のいいときのしっぽ

機嫌のいいときのしっぽ

機嫌が良い時のしっぽの動きを集めてみました。

しっぽをぴんと立てる

これは、機嫌がよい状態でうれしさや甘えの現れです。飼い主が帰宅した時などに良く見られます。このような状態で近寄ってきた時は、

  • 撫でてほしい
  • 餌や水がほしい
  • 遊んでほしい

などスキンシップを求めていると思っていいでしょう。猫と仲良くなれる最高のタイミングです。

しっぽを立てた後に弓のようにしならせる

このようにしならせた状態はあまり見たことがないと聞きます。

私の猫友も言っていました。

でも、しっかりとやっているんです。

こちらのしっぽの状態は、興奮状態にあるときにやります。

猫とおもちゃで遊んでいるときなどにこれをよくしていますから、しっぽに注目してみてくださいね。

抱かれた時にしっぽを垂れ下げる

飼い主が猫を抱っこしたときに、しっぽをこのように垂れ下げたら、安心しリラックスしている状態にいます。

このまま寝てしまうこともあるかもしれません。そのくらい落ち着いています。

しっぽがこのようになったら、好意を示しています。

うれしいとか、好きといった感情が出てしまっているのです。

また、「遊んで~」「ご飯ちょうだい」などというような甘え&欲求を表していることもあるようです。

飼い主に近づきながらこのしっぽをさせていたら、好意を示していると判断できます。

しっぽの状態だけじゃなく、すり寄ってくる動きも見せますので、より一層かわいくみえるのではないでしょうか。

抱かれた時にしっぽをゆっくり動かす

猫は、人に抱かれるとたいていしっぽを大きく動かして嫌がりを示すのですが、しっぽをゆっくりと動かしている時は、心地よさやのんびり感、うれしいことを示しています。

飼い主に抱かれて、猫の機嫌も良くなっている状況です。


ご機嫌斜めなときのしっぽ

ご機嫌斜めなときのしっぽ

猫の機嫌が悪い時は、しっぽの動きが大きくなります。

パタンパタンと素早くしっぽを振る

機嫌の悪さが現れています。イライラや不快感がたっぷりといったところでしょうか。こういうしっぽの動きをしている時は、同時に顔も見てみてください。

表情にも不快感が見られるはずです。

このような時は、構わないでそっとしてあげましょう。無理して構うと、噛まれたり威嚇されたりする可能性があります。

私は初めて猫を飼った時、このしっぽの動きを見て、犬と同様に「喜んでいるんだ!」と勝手に決め込んでしまい、構おうとして噛まれました(泣)

その時、初めて犬とは動かし方が違うのだと知ったのです。

しっぽの毛が立ち、膨らませた状態

体を大きく見せ、自分が優位であることを示す動きです。臨戦態勢と言ってもいいでしょう。興奮状態にありますが、それと同時に恐怖感もあります。そのため、「シャー」と威嚇を見せることもあります。

また、驚いた時にも見せる動きです。

しっぽで体を巻くようにくっつける

猫がしっぽを体にピッタリと巻きつけている時は、恐怖心を感じています。弱気になっている状態ですので、優しく接してあげましょう。

怒ったり大きな声を出したりすると余計にストレスを与えてしまいます。

抱いた時にしっぽをお腹にピッタリとつける

腹を上にして抱いたときに、しっぽをお腹にピッタリつけることがあります。これは怖がっているのです。家に来て間もない頃や、抱かれた時に不安定さを感じてもこのしっぽをします。

譲渡会でいただいてきた猫がこのしっぽをさせていました。最初はその動かし方がかわいくて、それを見たいが為に何度も抱っこしました。しかし、検診の時に獣医に指摘をされてやめました。猫にとってストレスになっていたようです。

「かわいそうなことをしてしまった」と反省しています。

抱くとしっぽを早く動かす

抱かれることがそんなに好きではないので、たいていの場合はしっぽを動かします。この時、大きくしっぽを動かし、なおかつ早く動かしている場合は、はっきり嫌がりを示しています。

この動きをさせていたら、すぐに下ろしてあげましょう。しつこく抱いていると逃げますが、余計に機嫌を悪くさせてしまいます。


しっぽを揺らすとき

しっぽを揺らすとき

猫のしっぽから分かる気持ちの中で、この揺らす行為は、いくつか気持ちの表現に種類があります。

鞭のようにブンブンふる

相当いらだっています。

かなりご機嫌斜めの状態ですので、うっかり手を出すと噛まれてしまうこともあります。

(犬と同じだと思って、頭をなでようとしたら噛みつかれました…。)

先っぽだけを小さく早くふる

落ち着かなかったり、ちょっと不安だとこの動きを見せます。

立った状態で下にさげて左右にふる

見慣れない人やものがある場合によくやります。興味を示して観察しているときに見せる動きです。ニオイをかいだりしながらやる姿がかわいいんです。

横になった状態で大きくふる

機嫌がいいときやリラックスしているときにやります。

それだけでなく、考え事をしているときにもやるようですので、こんなときはそっとしておくのがいいかもしれません。

寝ているときにしっぽだけパタパタとふる

寝ているときに名前を呼んだりすると、こういう動きを見せると思います。

これは、眠くて起きるのが面倒、でも合図だけしっぽで出しているというところでしょうか。

成猫になってくるとすごくこれが多いように感じられます。(うちの猫だけでしょうか…。)

でも、その姿もまたかわいらしいので許せてしまいます。

抱いている時にふる

かわいくて抱き上げたくなってしまいますよね。

そんなときに、しっぽを早く動かしていたら、嫌がっているのだそうです。

もっとも、嫌がるそぶりも見せますのですぐにわかると思います。

しかし、ゆっくりしっぽをふっていたら、居心地がいいという証拠です。

このように、しっぽをふる行為にはいろいろな意味があります。その前後の動作も一緒に考えるとうなずけるのではないでしょうか。

機嫌の悪いときのしっぽのふり方は絶対に覚えておきましょう。

そうしないと、私みたいに噛まれてしまいますよ。


しっぽを下げているとき

しっぽを下げているとき

しっぽをだらりと下げた状態のときもあります。

このときは、落ち込みなどの気分が低下していることを示しています。

また、機嫌の良し悪しの他に、体調が悪い場合もしっぽで表現します。体調が悪かったり元気がなかったりする時に、しっぽをダランとさせます。

体を横にしている場合もありますので、しっぽがダラリとさせていたら、他の症状が出ていないかと、気をつけて見てあげる必要があります。

食欲や便の状態を見て、判断しましょう。

しっぽの毛を逆立ているとき

しっぽの毛を逆立ているとき

一般的に怖がっていると言われますね。

確かに恐怖や驚きを表しているのですが、それだけではありません。

相手を威嚇するときも毛を逆立ててしっぽを立てます。

威嚇にも2種類あり、毛を逆立ててしっぽを立てるときは、「防御的威嚇」といいます。相手を追い払いたいときに行います。

毛を逆立ててしっぽを下向きにしているときは、「攻撃的威嚇」のサインです。

ケンカを仕掛けるときにこういうしっぽになります。

外で生活している猫や、複数の飼い猫がいて新参者が入ってきて気に入らないなどの場合に、攻撃的威嚇をすることがあります。

当然のことですが、この後はケンカになってしまいますのでご注意ください。

もういい加減にして!猫同士の喧嘩を回避&止めさせる方法

しっぽを体に巻き付けるとき

しっぽを体に巻き付けるとき

これにもいくつか気持ちの表れに種類があります。

抱いたときにお腹にぴたっとくっつける

猫を抱いたとき、しっぽを体にくっつけているのを見たことがありませんか。これは怖がっているときに出てしまうものです。

足と足の間に挟み込むように巻き付ける

この場合も先ほどと同様に、恐怖心があるときに行う動きです。この時は体も小さくさせて、うずくまるような姿勢を取るのでわかると思います。

うずくまって相手より小さくて弱いことを示し、「弱いから襲ったりしないで」と意思表示しているのです。

座ったときに前足に巻き付ける

これは、前の2つとはまったく違った意味を示しています。

これはリラックスしているのです。

飼い主の膝に座り込み、しっぽを巻き付けたら、そこでしばらく過ごそうと思っていると受け取っていいでしょう。

まとめ

こういったしっぽから感じ取ることができる表現方法は、一般的に見られる動きです。

もっと他にもあると思いますが、それは愛猫ちゃんと飼い主さまの間で見つけてみてください。

猫のしっぽからわかる気持ちは、前後の行動も関係してきますので、その辺もよく観察してみると、おもしろい気持ちの動きが見られるかもしれませんね。

嬉しいの?怒ってるの?猫の機嫌の見極め方とは?

人間の言葉にすると何て言ってるの!?猫の気持ちは鳴き声から意味を判断できる!



  関連記事



  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道