猫の歯磨きが必要なワケとやり方!噛まれないように気をつけて!

猫を飼い始めたら、避けては通れない歯磨きの道…。しかし、「やり方がわからない」「噛まれたら怖いからムリ!」と猫の初心者飼い主は思うことでしょう。確かに噛まれるかもしれない危険と隣り合わせに感じるかもしれません。でも、放っておくと口腔内疾患を患わせてしまう可能性が高くなってしまうのです。

今回は、猫の歯磨きが必要なワケとやり方、歯磨きに必要な便利グッズ(歯ブラシ・歯磨き粉等)をご紹介します!

猫に歯磨きは必要?

猫に歯磨きは必要?

猫も人と同じで、歯磨きは必要です。飼い猫は、飼い主さんから食べ物を与えられています。特にウェットフードやドライフーは歯に食べかすがつきやすい物です。粘着性があるので一度付いてしまうと、歯に残りやすい物でもあります。

歯に食べかすが付いている状態では虫歯や歯周病などの口腔疾患になりやすくなって当たり前といえます。人間だって虫歯に痛みを感じたり、不快感が募ったりするでしょう。猫も同じ思いをすることになるのです。

しかも、猫は自分でケアすることができないため、歯磨きという手助けをしてあげなくてはいけないことがお分かりになると思います。

飼い主が、歯磨きをしてあげることで、口腔内の疾患症状を早く発見できるので、病気にかかっていたのに気づかなかったなんてことがなくなります。愛猫の健康チェックにも一役買ってくれますから、歯磨きは必要枠と考えていただきたいです。

猫の歯磨きをしないとどうなるの?

歯磨きをしないとどうなるの?

歯磨きをしないでいると、猫の口の中は大変なことになります。ぱっと見ではわからない問題が起こってしまうのです。

口臭の問題

歯磨きをしないでいると、一番先に感じるのは口臭です。猫の口が臭いと感じたら、歯垢だけでなく歯石がついてしまっていることもあります。歯石とは、歯垢(歯の汚れ)と唾液が混ざって石のように硬くなってしまった状態です。雑菌のかたまりのような物がずっと歯についているのです。

しかも、歯ブラシでは取れませんので、歯石となってしまったら、動物病院で取ってもらうしかありません。歯と歯茎の間に付いてしまっているような場合は、麻酔をかけて取らなければならないこともあります。

愛猫に痛い思いをさせる前に歯を磨いて、歯垢や歯石を除去してあげることが大切です。歯磨きをすれば、歯垢の段階できれいにしてあげることができます。痛い思いをさせることがないので、猫にとっても飼い主さんにとってもストレスフリーになります。

うちの猫も最初のうちは、歯磨きをさぼっていたため、口臭がひどく、獣医さんに注意を受けました。口腔内の病気になりやすくなることと、健康を害してしまうことを指摘されてからは、できるだけ毎日行っています。

歯周病

歯垢や歯石がついたままの状態にしておくと、虫歯はもちろんですが歯茎が炎症を起こし、歯周病を起こしてしまいます。歯のぐらつきや口臭だけでなく、出血などを引き起こします。さらにひどくなれば、歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病は、歯茎だけが炎症を起こしている歯肉炎よりも重症化している状態です。歯を支えている骨にまで炎症が起こることがあるため、食事がままならないこともあります。また、口腔内の細菌が血管を通って臓器にダメージを与えることがわかっています。

痛みや歯のぐらつきが原因で、食事ができなくなってしまうのはかわいそうですよね。そうなってしまう前に手だてが必要です。

さまざまな疾患の発症

口腔内を不潔なままにしておくと、口の中の粘膜にも何らかの細菌やウイルスが増えて血管内に侵入し全身にまわってしまう可能性があります。

内臓関係がその菌に付着すれば、病気を発症してしまうこともあるのです。口の中の菌が心臓や肝臓などを悪くするなんて考えられないことかもしれませんが、実際にある話ですので注意が必要です。「たかが歯周病、されど歯周病」と思って、歯磨きをしてあげましょう。

スポンサーリンク

健康な歯が大切な理由

歯の汚れを「歯垢」といいます。それが溜まって石灰化したのが「歯石」です。歯垢や歯石にはたくさんの細菌がいて炎症を起こしてしまうのです。それが、「歯肉炎」や「歯周炎」の発症につながります。

まるで人間の歯の話をしているかのように思われるかもしれません。猫も歯磨きをしないと、同じような病気になってしまうのです。歯肉炎と歯周炎の2つが合わさった病気が歯周病と呼ばれるものです。歯周病になっているとこのような症状が出てきます。

  • 歯茎の赤み
  • 歯茎からの出血
  • 歯自体がぐらつく
  • 口臭がひどくなる
  • 歯茎がゆるくなってくるので噛むと痛みを感じて食事が遅くなる
  • 歯茎の変色

などがあります。

このような症状があるだけでも痛みなどがあるために、愛猫がかわいそうな状態です。しかし、怖いのは歯だけで終わらない点です。このたくさんの細菌が歯茎の中に侵入して体内へと菌がまわる可能性を秘めています。そうなれば、血液の流れに乗って心臓などの臓器へといき、臓器で炎症を引き起こすことが怖いのです。

この状態になれば、愛猫の命を縮めてしまう可能性が出てきます。少しでも長生きしてほしいと思うでしょうし、できれば健康でいてほしいと思うことでしょう。だからこそ歯磨きが大切なのです。歯垢を取り去ることができるのは歯磨きだけです。愛猫の健康を守るために、飼い主さんが手伝ってあげることが大切です。

猫の歯磨きのやり方

歯磨きの仕方

猫の永久歯は30本あります。前歯はかなり小さめで牙があり、奥歯はどっしりとした状態で生えています。この牙を見て噛まれたら痛いことを想像してしまい、歯磨きは難しいと感じてしまう人が多くいると聞きました。(私もそのうちの一人です…)

噛まれないように歯磨きをするやり方は、次の通りです。

  1. あごの下から口の周辺を撫でるように触って安心させます。
  2. 口のわきをめくって歯を出しブラシで側面など見える部分を磨きます。
  3. 歯ブラシは小刻みに動かすようにして磨いていきます。
  4. 両頬を内側に押すようにして口を開け、歯ブラシで奥歯をこすります。

この手順で行うと、猫が大暴れしないうちにさっと歯磨きを終えることができます。

歯ブラシが歯茎に当たると痛みを感じますので、歯磨きを嫌がってしまう子もいるでしょう。歯を磨くときは力を入れないようにして優しく磨きしょう。力を抜いて歯ブラシを当てることで、歯ブラシが歯茎に当たってもそれほど痛くないと思います。

歯ブラシは小刻みに動かします。歯垢をかき出すようなイメージです。歯と歯の間は歯ブラシを縦にしてかき出すように動かすと、歯垢が良く取れます。

「どのくらい磨けばいいの?」と時間的な部分が気になるところですが、量より質を重視します。嫌がって逃げだそうとする子の場合、長い時間は磨けませんよね。ですから、時間帯や数日に分けて部分的に磨いてあげるなどでもいいと思います。

たとえば、朝に上前歯・夜に下前歯、次の日の朝に上犬歯あたりなどといった具合です。猫には30本も歯がありますから、できるところまでやるようにするといいでしょう。

1日1回が理想ですが、どうしても嫌がって逃げてしまうなどの場合は、週に2~3回でもいいと獣医から聞きました。とにかく食べかすである歯垢を取ってあげることが大切です。

私は猫を飼い始めの頃、猫を歯磨きするという正しい知識がなかったので、猫をしっかり抱きかかえて抑え、口を無理矢理開いてブラッシングして、思い切り噛まれてしまうという事態に見舞われました。

かなりの痛さがあっただけでなく、猫にも「嫌がることをする不審者」と思われていたことは間違いありません。これから猫の歯磨きにチャレンジする方は、押さえつけるとか無理矢理口を開くなんていう危ない行為はやめましょう(苦笑)

初めての歯磨きのコツ

狩猟動物である猫にとって、歯は大切な武器となります。ですから、触られることを嫌がるのは当然のことです。いきなり歯磨きをしようとすれば嫌がりますし、噛みつこうとさえします。(噛みつかれた経験あり)

まずは歯磨きに慣れてもらうこと、子猫の時から慣れさせることが大切なポイントです。いきなり歯ブラシを使えば怖がられてしまいますので、「ガーゼ(歯磨きシート)でこする」ことから始めてみましょう。

ただのガーゼで始めてもいいですが、口に触るだけでも嫌がるようなら、猫用のミルクやウエットフードの汁をガーゼに染み込ませて口に持っていく「歯磨きの練習の練習」がおすすめです。

「ガーゼが口の付近に来ると、おいしい味がする」という条件反射を利用するやり方です。これを数回繰り返すと、口を開けない子も開けてくれるようになります。

歯ブラシの選び方

ガーゼで練習ができるようになったら、次は歯ブラシです。しかし歯ブラシで痛い思いをしてしまうとまた嫌がってしまうことになります。ですから歯ブラシは必ず猫用の物を購入しましょう。動物病院などで購入が可能です。猫の口腔内に合わせて作られていますので、猫用の物が一番です。

私は最初の子に人間の子ども用を使ってしまったことがあります。ブラシが硬すぎたようで歯茎に傷をつけてしまいました。(獣医に注意されたことは言うまでもありませんが…)

人間用の物は、猫用と似ていても構造がまったく異なります。愛猫のために猫用を準備してあげてほしいと思います。歯ブラシを使うのが怖い飼い主さんは、指にはめて使うタイプの歯ブラシがおすすめです。

とても使いやすいですし、普通の歯ブラシより力の加減がしやすいですよ。奥歯にもすっと滑らせて磨くことができます。ただし、噛まれてしまわないように注意が必要です。

飼い猫に使ってみましたが、通常の歯ブラシよりスムーズに磨くことができました。ゴム素材なので、歯茎に当たってもそれほど痛みを感じないようです。

歯ブラシで歯磨きをする時の注意点

歯ブラシを使う時は、切歯(人間でいう前歯)の表面から磨きましょう。歯茎に歯ブラシが当たりすぎると痛みを感じて嫌がるかと思います。もし嫌がったらそこで止めます。次の日にもう一度チャレンジしてみるくらいの気持ちで、少しずつ慣れさせていきましょう。

切歯が大丈夫なら犬歯(牙の部分)まで進めます。その後、臼歯へと進めていきます。無理強いをしないで、少しずつ進めていくことが大切です。

歯磨きをする時は、飼い主さんが座り猫を抱き上げて行います。その時に「おこりこうさんだね」「今からきれいにしようね」などと、言葉をかけながら行いましょう。コミュニケーションの一環として1日1回行うことを目標として進めていければ成功です。

歯磨きの中でよく見て磨いてあげてほしい箇所は、上あごの臼歯です。歯垢が溜まりやすいと言われています。また、歯ブラシ同様、歯磨き粉も猫用を使います。なお、人間用の物は猫にとって有害なものが含まれていますので注意して下さい。

  • ミント…またたびと同様の効果があり、食べてしまう
  • キシリトール…低血糖を引き起こす

上記のような悪影響が出ますので、(これはほんの一例です)絶対に使わないようにしてください。

歯ブラシを使い始めてからは、健康診断などで動物病院に行く際に、獣医に歯茎の状態を診てもらいましょう。傷を付けてしまっている可能性があります。(私がそうでした…)そこから雑菌が入ってしまっては困りますので、チェックを受けることをおすすめします。

無理強いはしないこと

無理に歯磨きをしようとすれば、猫が驚いて飼い主さんがケガをしてしまうことが往々にしてあります。
著者も経験があります。(上記に記載)著者の場合は、飼った猫が保護猫出身の成猫だったことと、猫の押さえつけがうまくいかず、怖い思いをさせたことが原因だったと思います。

成猫の場合は、段階をつけて歯ブラシに慣れさせるようにした方がうまくいくかもしれません。歯ブラシが口に入ることが怖くて歯磨きができないこともあるからです。

歯ブラシは、体を押さえて使いますから何をされるのかわからない恐怖から逃れようと暴れてしまうことがあり、飼い主さんのケガの原因になります。引っかかれてしまうことが一番多いと思います。猫が歯磨き嫌いになってしまわないようにすることが大切です。

子猫の場合はそれほど暴れませんが、小さい分磨きにくいです。歯ブラシも小さい物を使うようにすることをおすすめします。どうしても難しい場合は、濡らしたガーゼや歯磨きシートで拭き取るようにしてもいいと思います。

歯磨きに慣れるように食事が食べられるようになったら、歯磨きを段階的に進めていきましょう。そうすると早い段階で歯磨きができるようになります。

猫の歯磨き用の便利グッズもおすすめ!

歯磨き用の便利グッズもあります!

昨今、猫の便利グッズがかなり増えたように思います。その中でも歯磨きに関する商品がたくさん売られていることは、「本当にありがたい!」とつい拝みたくなってしまうほどです。(少々大げさですが…)

例をあげますと、

  • ブラッシング効果のある療法食(おやつも含む)
  • 口腔内スプレー
  • デンタルジェル
  • 歯磨きシート

これらは、最初から準備しておく必要はありませんが、猫が生活に慣れてきたら始められるようにしておくといいでしょう。

ただし、こういったブラッシング効果のあるもの(歯磨きシートは除く)は、歯磨きの補助的なものであるということに注意していただきたいです。ブラッシング効果があるからといって、歯磨きをしなくていいというわけではありませんし、歯磨きをしたのと同じ効果を得られるわけではありません。

デンタルジェルは歯石ケアができるので、先に紹介した歯磨きグッズと併用すると便利です。

ブラッシング効果のある療養食やおやつは、出しっ放しにしておくと、こまめに食べてしまい、口の中にプラークの原因となってしまいます。食べ物が口の中に長時間ある状態は歯にいいとはいえません。食事時間が終わっても残っているような時は置いておかずにしまうようにしましょう。

口を触られることを嫌がるような場合は、デンタルジェルを使うなどして歯磨きの前段階を作るといいです。おいしい味がしますので気に入ってくれると思います。

特に保護猫の成猫は、信頼関係がしっかり築くまで人に構われることを嫌がる子もいます。歯ブラシを使っての歯磨きができるように少し時間をかけてステップアップすることが大切です。つい、慌てて先に進めたくなってしまいますが、ここはゆっくりを心がけましょう。

最近は、天然素材のまゆ玉が売られています。デンタルケア商品の1つで、遊びながら歯磨きができるようにさまざまなタイプがあります。

  • じゃらしタイプ
  • スティックタイプ
  • マタタビ入り

などです。まゆ玉の表面がデコボコしていますので、猫が噛むことで歯の汚れをかき取れるようになっています。天然素材なので安心して使うことができます。

デンタルおやつの活用

歯磨きが苦手な子用だと思うのですが、歯磨きに慣れさせるために段階的に使うにはいいかと思います。歯ブラシが使えるようになってからのごほうび的な感じで使うのもいいでしょう。

デンタルおやつは、噛むだけで歯垢を除去してくれて、さらに歯に付きにくくする効果があるものです。さまざまな種類があり、クッキーやジャーキーなど味と種類が豊富にあります。ただし、固い物が多いです。
固いため、子猫や老猫には向きません。口の中を傷めてしまいますので注意しましょう。

歯磨きができるデンタルおやつはたくさんの種類と味があり、迷ってしまうこともあります。そこで、おすすめなデンタルおやつを紹介したいと思います。

猫用グリニーズ

天然素材にこだわった1品です。味も6種類ありますので、愛猫の好みの味を見つけることができると思います。1粒あたりのカロリーも低めなので与えやすいのではないでしょうか。

プロデン デンタルバイツ 猫用

こちらは、人工保存料・添加物・着色料を一切使用していないデンタルおやつです。味は1種類だけですが、体重によって与える粒数がはっきりしています。1日数粒を食べさせるだけで、歯垢の軽減や口臭予防を手伝ってくれます。世界40カ国で特許を取得しているデンタルケア商品です。

ペットキッス オーラルケア

ジャーキータイプになっています。たくさん噛むことで、野生猫と同じように歯垢除去することができるようになっているものです。味は、4種類あり肉と魚の両方が揃っています。ジャーキータイプなので薄くスライスされてはいますが、デンタル用ですのでそれなりの固さがあります。

まとめ

猫の歯磨きは負担になるお世話のひとつと感じるかもしれませんが、飼い主本人に置き換えて考えてほしいと思います。ずっと歯磨きをしない状態だったらどうでしょう?口の中が気持ち悪くなるでしょうし、口臭もしてきますね。それだけでなく、次第に痛みが出てきます。そうなれば食事をまともに摂ることも難しくなってきます。

私のように大ケガにならないよう、「今日は側面だけ、奥歯だけ、前歯だけ」という感じで少しずつ磨いていってもいいのですから、ぜひ愛猫の歯磨きをマメにやってあげてほしいと思います。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。