DIYで猫カフェみたいにできる?キャットウォークの必要性と設置について

DIYで猫カフェみたいにできる?キャットウォークの必要性と設置について

猫を飼い始めると、「ただおもちゃで遊んであげるだけでは足りないのではないか?」という疑問が沸いてくることがあります。もしかしたら、猫カフェなどで見かけるキャットウォークが気になる飼い主さんがいるかもしれませんね。

もっと手軽な遊具としてキャットタワーがありますが、キャットウォークはどう違うのか?どんな必要性があるのか、賃貸でも取り付けられるのか、おしゃれなキャットウォークを設置・DIYできるのかといった疑問についてみていきましょう。

スポンサーリンク

キャットウォークとは

キャットウォークとは

まずは、「キャットウォーク」の意味に触れていきましょう。キャットウォークとは、高い場所が好きな猫が、室内の高い場所に設置された「通り道」で、自由にくつろいだり日なたぼっこをしたりするためのものを指します。

このキャットウォークは、元々の意味は建築や住宅用語です。工事現場などで、作業用の仮の足場を見たことはありませんか。また、体育館や劇場などでは、点検や作業をするために高い位置に作られた狭い通路や足場が設置させています。これが「キャットウォーク」と呼ばれるものです。

元は、人間が使うための足場を表す言葉です。そこから派生した言葉だと判断できますね。猫用の場合、室内の高い位置に設置してあり、猫しか通れないというものになります。猫は本能的に高い所を好みますから、室内に作って飼い猫をより安心させ、居心地良く生活できるようにするためにあるのです。

壁に沿っているものもあれば、はしごや編み目状の素材を使って、壁に垂直になっているものもあります。猫カフェなどでよく目にしますね。

キャットウォークの必要性とキャットタワーとの違い

キャットウォークの必要性とキャットタワーとの違い

猫の運動不足のために、キャットタワーやおもちゃなどを揃えている飼い主さんは多いと思います。そんな状況の中、キャットウォークは本当に必要なのかという点や、キャットタワーとどのような点が違うのかを見ていきましょう。

飼い猫を完全室内飼いにしている場合、行動できる範囲が限られてしまいます。おもちゃで遊んだとしても子猫の場合は運動量が足りるかもしれませんが、成猫になると不足傾向になりがちです。遊ばなくなってしまう子もいますよね。

狩猟や捕獲などを行っていた歴史のある猫にとって、身体能力が落ちてしまうことはストレスにもなります。また、肥満の原因となってしまうことはお分かりでしょう。

そのため、すでにキャットタワーを入れていたり、「冷蔵庫やタンスの上などの高い所に上がっているから必要ない」と思われたりしている飼い主さんもいるでしょう。
高い部分が少しでもあることはとても良いと思います。

しかし、高い部分にはホコリが溜まってしまうことや、見えないところにカビが生えていることもあります。このような状態の場所に長時間いれば、皮膚炎などの原因になってしまうことが考えられます。飼い猫が、ホコリの溜まりやすい場所に上がるのであれば、その辺りを注意しておかなくてはなりません。

キャットウォークがあれば、新規に掃除をする必要はありませんし、動きを見ることができますので、飼い主としても安心です。また、作りは効率的に運動ができるように工夫もされています。それに何といっても、飼い猫が高い満足が得られます。そういった点からアイテムとして、猫には必要性のあるものと考えられます。

キャットタワーとの違い

ウォークとタワーは、どちらも高い場所があり、運動不足を解消する上下運動を伴います。ここまでは一緒ですが、「高所で行えることの多さ」と「自由さ」に差があるのです。たとえば、キャットウォークには、くつろぐことと高い所での平面移動(歩く)ができるのです。言うなれば、高所での行動範囲が広いということです。行動範囲が広ければ、それだけ上にいて安心感や満足感を得られる部分が大きくなるのです。

キャットウォークの活用

キャットウォークは、通路兼休息所ですので、そこで休んだり歩いたりという動作ができる場所になります。最近では、さまざまな物を組み込んで活用できるようになっているものも多くあります。

たとえば、棚板に爪とぎを組み入れたり、ボウルをカウンターに組み込んだりして愛猫の運動用だけでなく、グルーミングなどがおこなえるようになっているのです。市販のキャットウォークだけでなく、DIYをして手を加えている飼い主さんや自作している方も多くいらっしゃるようです。

理由は、猫との生活をより楽しむためというのが大きいと思います。それに、猫の安全性やグルーミングも当てはまります。それだけでなく、SNSの普及が急速に加速しているため、利用して愛猫のかわいさを発信することにもあるようです。

猫友の家では、キャットウォークの一部にボウルカウンターを設置し、下から愛猫が見えるようにしています。普段は見ることができない表情やかわいい肉球を見ることができると言っていました。

スポンサーリンク

キャットウォークのメリットとデメリット

キャットウォークのメリットとデメリット

どんなものにも良い点と悪い点があるものです。キャットウォークを取り入れることのメリットとデメリットを比べてみましょう。

メリット

  • 愛猫の運動不足の解消
  • 高所を好むので満足感を得られやすい
  • 多頭飼いでも使える
  • 壁や梁部分のアクセントやインテリアとして楽しめる
  • 飼い主さんが好きなように手作りできる
  • 猫の意外な表情が楽しめる

などが挙げられます。

インテリアと猫の両方を楽しむことができるのは、お互いに満足できるところだと思います。その上、愛猫の運動不足を解消できるので、肥満が原因の病気を遠ざけることもできて、まさに一石二鳥ですね。

デメリット

  • 費用がかかる
  • 取り付けられない場合もある
  • 高齢になると上がらなくなってしまうこともある
  • 上で粗相をした時の掃除が大変

ペット可のアパートやマンションには、最初から付いていることもありますが、そこまで整備されていないこともあります。ですから、新規に付ける場合は、それなりの費用がかかります。ただ、素材を選んで手作りをすることで費用が抑えられる場合もあります。

賃貸物件で設置をする場合は、もしかしたら躊躇してしまうかもしれませんね。でも、大丈夫です。賃貸物件でも壁に穴をあけることなく設置することは可能ですよ。

キャットウォークの設置

キャットウォークの設置

実際にキャットウォークを設置したいとなったら、お住まいの物件によって取り付け方が変わってきます。キャットウォークは、市販のものを購入して取り付ける方法と、自宅にあるものを使ったり加工したりして付ける方法があります。

どのような方法にするかは、住んでいる家の状態(賃貸物件なのか持ち家なのか)によって変わってきます。それぞれの方法を紹介します。

市販のものを購入する

市販のものは、じつに多種多様でサイズや形状が異なります。おもしろいものが多く販売されているのを1度は目にしたことがあるでしょう。材質などもさまざまありますから、インテリアに合った物を探していきましょう。

選ぶ時には、次のような点を目安にすることをおすすめします。

  • キャットウォークを設置する壁のサイズ(主に横幅)に合っているかよく見る
  • 上下運動がしやすそうかどうか
  • 耐久力と棚の幅を確認する(猫は飛び移る動作もするので)
  • 取り付け方が住まいの状態と合っているか(壁に穴をあけるタイプとそうでないタイプがあります)

「猫の体重を支えられるか」と、「住まいに合っているか」という2点は、特に注意してほしいところです。せっかく購入しても猫の重さに耐えられずに壊れたり外れてしまったりしては使えません。また、住まいの状態に合ったものでなければ、取り付けができないため使えないということになってしまいます。そこに注意して選んでみましょう。

ペットショップやホームセンターなどで購入が可能ですが、大きい物であればネット通販などを利用する方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

家庭にあるものを活用する

市販のものは、比較的高かったり家に合わなかったりすることが考えられます。それに十分な広さがないような場合もあるでしょう。そんなときは、カラーボックスや家具の段差を利用するという方法があります。

家具などは上部を使いますので、しっかり拭き掃除をして汚れを落としましょう。並べて置く際に階段のような段差が付くように配置します。

一番高いところには段ボールなどで、キャットハウスを取り付けましょう。そうすると、上下運動をしやすく目的があるため、登りたくなるものです。(ハウスには、小窓を付けるなどして遊び心があるようにするとなおいいです!)

すでにキャットタワーがあるというところでは、それ自体が動線になります。その近くに家具などを置けば、さらに行動範囲が広がり、キャットウォークの代わりになりますね。

DIYする

キャットウォークのDIYをするためには、「壁に穴をあけなくちゃいけない」と真っ先に思われることでしょう。賃貸物件にお住まいの場合はそこがネックとなってしまうかと思います。最初は著者もそう思って付けられないと思い込んでいました。

でも今はそこを気にする必要がありません。市販のものを使って作るにしても、木材を購入して作るにしても、壁に穴をあけないで作ることができる方法があります。壁にキズや穴をあけることなくキャットウォークを作るには、「ディアウォール」を活用するというやり方です。

「ディアウォール」とは、住まいの好きな場所に柱を作り、壁のDIYを可能にできるアイテムのことです。部品は、ホームセンターなどで購入することができます。面倒な木材のカットは購入するホームセンターにお願いすることができるので、そちらを活用しましょう。とても便利です。

木材は、購入前に壁のサイズを測ってから購入します。測るのが難しい場合は、ホームセンターによって、採寸をしてくれるサービスがありますので、電話やサイトで確認を取っておきましょう。

ディアウォールに棚受けと板、その他付けたいと思うものを用意し、釘などで固定・設置しましょう。素人でも簡単に取り付けることができます。

予算に余裕がある飼い主さんは、ロイヤル社の「チャンネルサポート 棚柱」を使うと、棚板の高さを自由に動かすことができます。こちらは、通称「ガチャ柱」と呼ばれていて、設置に必要なパーツが少なくて、棚板の高さ調節が自由自在と便利なものです。キャットウォークのDIYとしては、「凝ったものが作れる」と評判になっています。そのため、検討しても良いかと思います。

キャットウォークの種類

キャットウォークの種類

一般的なものだと、木材で作られている物が多いです。それ以外にも種類があって、棚板がガラス素材になっていたり、ハンモック状(編み目状)になっていたりするものがあります。棚板に小さなはしごを付けて、棚板と棚板に段差をつけて登れるようにし、運動量を増やす工夫を施してあるものなどもあります。

また、吊り橋タイプのものやキャットウォークの上で休めるよう、両面テープでクッションを取り付けることができるタイプものもあり、愛猫に優しくなっています。

素材が木材であっても、角に丸みをつけているものや配管パイプを組み合わせてあるものなど、さまざまあります。住まいに合うようなものを自由に選ぶことができるので、楽しんで選ぶことができますね。

キャットウォーク設置の注意点

キャットウォークの注意点

キャットウォークは、「取り付けるだけでいい」というだけではありません。いくつか注意しなければならない点があります。

高さに注意

キャットウォークを取り付けたはいいが、脚立に乗っても手が届かないというのは良くありません。普段は手の届かない高さでもOKですが、嘔吐したり粗相をしてしまったりということが起きた時に掃除ができないと大変です。また、壊れた時の修理や部品交換ができないのは大変です。そのことを考えて取り付けるようにしましょう。

時々、降りられなくなってしまう子がいます。子猫に多いです。著者宅で飼っている子猫も、なついている成猫の真似をして、一緒に登っていったのですが、降りられなくて鳴いて助けを求めたことが何度かありました。

こんな時のためにも脚立に上がれば手が届く高さにしておくことが大切です。

滑り止め

猫は、上がることは得意でも降りることが苦手ということがあります。キャットウォークへ登るためのステップや段差には、滑り止めなどをつけておくことをおすすめします。降りる際に滑ってしまうことがあります。特に長毛種は、肉球の間から毛が出ていますので、滑りやすいはずです。骨折などのケガをさせないためにも貼り付けるタイプの滑り止めを用意してあげた方がいいでしょう。

材質

木材を使う場合は、堅いものがいいです。猫は、物をかじる習性がありますので、棚板が薄くて柔らかいと噛んでダメにしてしまうことになります。棚の幅は20cm前後を目安にしましょう。

ハンモックなどの編み目状の素材を使う場合は、ゆるみやほつれなどがあると、猫が落下してしまうことに繋がり、こちらもケガをしてしまいます。取り付ける前だけでなく、使用し始めてからもたびたびチェックしてみてほしいと思います。

スポンサーリンク

飼い猫の身体能力に合っているか

「猫は、身軽で身体能力が抜群、バランス感覚も良い!」というイメージが強いですが、そうでない猫もいます。高い所を好まない猫や、バランス感覚があまり良くない猫など、さまざまいます。飼っている猫の身体能力がどのくらいか見極めるようにしましょう。日々の生活の中で観察をしていると見えてくるかと思います。

うちの子を例に出してみますと、高い所を好まない子・やんちゃではあるがバランスを取って移動するのが下手な子・いつも高い所にいる子・箱状のものにいつも入っている子などです。普段の生活の仕方から見えてきますよ。

飼い猫の状態と反するようなキャットウォークを設置したとしても、使ってくれないことになります。無理強いをしては、危険な状態にしてしまうことも考えられます。(落ちるなど)その辺りは、購入・設置をする前に確認をしてからにしましょう。

DIYの注意点

DIYをした時に注意したいのは、ケガです。金具が出ていたり、木材がざらついていたりするような場合、ケガ(特に肉球)をしてしまいやすいです。

著者宅で起こった肉球のケガのうち、トゲによるものがいくつかありました。木材を材料としている物がざらついていたため、柔らかい肉球に刺さったようです。
しきりに舐めているので見たところ、結構太い木材が刺さっていたこともありました。

木材はやすりをかけておくことや、滑り止めをつけておくことがケガの予防にもなります。完成したら、手で触って、引っかかりなどがないかチェックしましょう。

設置後もぐらついている箇所がないかなど、チェックすることも忘れないでほしいと思います。

まとめ

猫の習性を考えますと、やはり安全で満足度の高い状態にしてあげたいと思います。満足度だけでなく、運動不足による肥満や病気などにならないこともプラスされるのであれば、キャットウォークは必要性が高いのではないでしょうか。

「猫カフェみたいにするのはどうか?」と感じる飼い主さんもいるかもしれません。しかし、キャットウォークの良いところを住まいにちょっとだけプラスすることができれば、お互いにとって良い状態になれるはずです。

愛猫の身体能力を見て、運動をかねた猫だけの場所を住まいに応じて取り付けたり、作ったりしてみると喜んで使ってくれることでしょう。

併せてこちらもチェック!

猫の飼育知識
スポンサーリンク
安全性の高さから厳選!おすすめキャットフードランキング!

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

そこでこの記事では、安全性の高さに注目しておすすめのキャットフードをランキングで紹介します。

猫がいる生活。