猫にも服を着させていいの?実はデメリットも多かった!

最近、気になっていることがあります。それが飼い猫に着せる洋服を売っていることです。「猫に服を着せる」ことを考えていなかった私は、不思議に思っていました。しかし、先日猫に服を着せて散歩をしている人を見かけました。

猫に服を着せることはどうなんだろうという疑問が沸いてきましたので、メリットとデメリットについて考えてみたいと思います。



猫に服を着せるメリットは?

猫にも服を着させていいの?実はデメリットも多かった!

猫に服を着せるメリットについての自分の意見と、猫友数人に聞いた話をまとめてみました。

エリザベスカラーの役割

術後やケガの治療中は、必ずと言っていいほど獣医に付けられてしまうエリザベスカラー。洋服を着せることで代用することができるのではないかと考えました。

エリザベスカラーを付けてしまうと、顔の周りに大きく張り出すので、どうしてもぶつかってしまうなどの不具合が生じてしまいます。そんな時に服を着せたらぶつかる心配はありませんし、服を着せているので、傷をなめることもできません。

ただし、素材に注意しなくてはならないと考えています。通気性がよくて、不潔にならないものであることだけでなく、こまめに交換ができるようなものがいいのではないでしょうか。

皮膚を掻かせない

皮膚に何らかの疾患が発症していると獣医から言われた場合、掻いたり噛んだりを防止することができます。掻きむしってしまうようであれば、皮膚のただれを悪化させますし、傷を作ってしまいかねません。

また、薬を舐めてしまうような状況にも、保護用の服は対応することができます。

愛猫に服を着させておくことで、皮膚疾患の悪化を防ぎ、傷を新たに作ってしまうことを防止することができます。愛猫を守るための必要枠と考えましょう。

寒さ対策

秋冬の寒い時期、留守番をさせていると、どうしても「寒い思いをしていないかな」と気になりますよね。日が出ていれば日中はいいですが、夜になると不安もつのります。

こたつなどの電気を付けっぱなしにすることは怖くて出来ないので、服を着せるという方法が役に立つと思います。体温調節の難しくなる高齢の猫にもいいのではないでしょうか。

しかし、着慣れない場合は嫌がってしまうのではないかという点が少々気になります…。

自身の子どものような感覚を味わえる

子どものいない飼い主さんは、もしかしたら自身の子どものような感覚を味わうことができるのではないかと考えました。洋服を着せることで、少しでも人間に近づけようと思う心が働いてそうさせているのかもしれないということです。

それで気持ちが癒やせるならメリットになるのではないでしょうか。(この場合も猫が嫌がらなければの話ですが…)

猫に服を着せるデメリットは?

猫に服を着せるデメリットは?

服を着せることのデメリットを考えてみました。自由を好む猫にとっては、うっとうしく感じるものかもしれません。

グルーミングができない

猫は毛を舐めてグルーミングをします。汚れを取るという目的だけでなく、体温調節の役割もしているからです。また、リラックス効果があるとも言われていますので、猫にとっては大事な行動なはずです。

服を着せてしまうことで、猫はグルーミングが出来なくなってしまうということが考えられます。ストレスが溜まってしまうのではないかという心配があります。

温度調整ができない

猫は、グルーミングなどをしながら体温調節をするのですが、服を着せていたらそれができません。それに、暑さを感じる春夏は、暑さを人一倍感じてしまいます。温度調整ができないのはやはり厳しい状態と言えます。

安全性の面

行動派の猫は、上下運動を毎日何らかの形でしています。自由に遊んでいることもあるでしょう。そんな時に、服が何かに引っかかってしまうようなことがあれば、動けなくなるだけでなく、骨折などの大きなケガに繋がることもあるのではないでしょうか。

痛い思いをさせるのは、やはり危険です。



服をやぶる・かじる

自由を好む猫にとって、服は拘束具のように感じるかもしれません。嫌がってかじったり、やぶったりすることが考えられます。ボタンなどがついているような服だったら、飲み込んでしまう可能性もありますので、やはり危険と言わざるを得ません。

実家で飼っている猫(当時1歳:オス:MIX)に、小学生だった弟が「マント~!」と言って猫の首輪のところにハンカチを通していました。それだけでも嫌がってかじって、はずしていましたので、服もやられてしまう可能性は大きいと思います。

猫の病気を見逃してしまうかも

猫に服を着せることで、病気など何かあったとしても早期発見がしづらくなるのではないかと思います。服を着せている時間が長いと、毛の状態だけでなく、皮膚の状態もチェックすることができません。チェックできないと言うことは、発見が遅れるということです。

嘔吐や下痢などの目で見ることのできる症状は問題ありませんが、症状はそればかりではないので、見逃してしまうことになるかもしれません。

ストレスを与えてしまうことも

普段、何も付けていない状態が猫にとってはベストなはずです。そこへ、服を着させると違和感を覚えさせてしまうことになります。エリザベスカラーでさえ、付けると取りたがりますので、その姿を見たことがあるのではないでしょうか。

この違和感がストレスです。体に何かついている事に意識がいってしまい、取ることに集中してしまうこともあります。また、逆に服を着せると動けなくなってしまう子もいます。

著者宅で以前飼っていた子の中に、2匹ほど動かなくなってしまう子がいました。当時は服ではなく、エリザベスカラーと包帯でしたが、いつもは活発だった子がトイレ以外ほとんど動かなくなっていました。

食事もそれほど摂らず、遊ぶこともなかったです。ケガが治って付けていたものを取り外したら活発な子に戻り、一生懸命にグルーミングをしていました。体に何かを付けられると、ストレスになってしまうということを認識した出来事でした。

このように、ストレスを感じてしまい、動きが取れなくなってしまうような子の場合は、おしゃれ服などはあまり着させない方がいいでしょう。神経質になって、食事を食べなったりすき間に入って出てこなくなったりといった行動をするかもしれないからです。

猫に服を着させる時の注意点

猫に服を着させる時の注意点

おしゃれの一環で着せる場合も、エリザベスカラーの代用として使う場合も服を着せることに変わりはありません。そのような時に注意しておかないと、思わぬケガをさせてしまうことになります。

おしゃれ服は、あくまでも短時間用

今は、猫に着せると本当にかわいいおしゃれ服が販売されています。洋服反対派の著者も「かわいい!着せてみたい」と思うような服がたくさんあります。しかし、本来であれば猫には、服は必要がないものです。

服で毛を覆ってしまうことでグルーミングの妨げになったり、ストレスを感じさせてしまったりすることがあります。ですから、「撮影の時だけ、お出かけの短い時間だけ」と飼い主さんが意識しておく必要があります。

飼い主さんの満足のためだけに、長時間着させるようなことはしないようにしましょう。どのくらいの時間というのは個々によって違いますので、一概には言えません。ですが目安としては1時間以内と考えた方が良いかと思います。

嫌がったらすぐに脱がせる

短時間であれば、着てくれる子もいますが、嫌がって噛んだり脱ごうとしたりする子もいます。また、先に紹介したような動けなくなってしまう子もいます。このように明らかに嫌がっている場合は、すぐに脱がせるようにしましょう。

ストレスを感じてしまうだけでなく、飼い主さんに不信感を抱いてしまう原因になるからです。友人宅の猫は、服を嫌がり、「また着せられるのではないか」と思ったようです。しばらくの間、寄ってこなかったという話を聞きました。無理強いはよくないということですね。注意しましょう。

着せるならサイズの合った物を

おしゃれ服でもエリザベスカラーの代用にしても、着せるのであれば必ず愛猫のサイズを測ってから購入しましょう。そうしないと、動きづらくなります。これだと余計なストレスを与えたり、どこかに引っかけてしまったりという危険もついて回ります。

購入前に、記載されている部分をしっかり測りましょう。「どの部分が何センチ」などのようにネット注文でも必ず記載があります。用意する場合は、そのひと手間を大切にしましょう。

また、素材にも注意が必要です。季節によって体温調節がしやすいものを選ぶようにしましょう。それだけでもかなり違ってきます。例えば、夏なら通気性のよいもの、冬なら保温効果の高いものといった具合です。デザインで選んでもいいのですが、素材で選ぶことは大切です。

特に保護着の場合は、素材を注意深く選びましょう。疾患以外でストレスを抱えさせないためには必要かと思います。また、着脱のしやすさも選ぶポイントになります。

誤飲・ケガに注意

猫の服はとてもたくさん売られていて、色もデザインも豊富です。中にはネクタイやベルトなどの小物が付いている物や、ボタンなどの装飾品が多数付いている物などもあります。

付いている飾りに愛猫がじゃれて取れてしまった場合、誤飲の危険性があります。また、爪が引っ掛かってしまうなどでケガをしてしまうことも考えられます。

エリザベスカラーの代用となる服には、余計な物がついていないことがほとんどです。しかし、おしゃれ用の服には何かしら付いていることが多いので、よく見てあげる必要があります。

まとめ

メリットとデメリットをまとめてみましたが、デメリットの方が多かったようです。

「服を着せたい!」という人のことを非難するつもりはりませんが、デメリットとなった部分を解消できるように、こまめに脱がして体を見てあげたり、危険なことが起こったりしないようにするといった工夫が必要ではないかと思っています。

猫に服を着せるのは外出時だけにするとか、危ない物(ボタン類)を最初から外すとか、嫌がったら脱がせてあげるなどをしてあげることが大切になってくるでしょう。もし着せるとしたら、ベスト型ハーネスがおすすめです。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。