猫の糖尿病の症状は?原因になりうる食事に気を付けて!

猫の糖尿病の症状は?原因になりうる食事に気を付けて!

糖尿病にかかってしまうことは人間にとっても恐ろしいことですね。それは猫にとっても同じです。しかも猫の場合は、糖尿病と診断することが難しい状態が多々あります。

だから愛猫が糖尿病にならないように、飼い主が日々管理することが大切な命を守ることに繋がります。人でも生活習慣病と言われるように、猫も日々の食事内容や運動不足が原因に成り得るのです。

今回は、猫の糖尿病の症状とその原因、食事の注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

猫の糖尿病

猫の糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンの低下や作用障害が高血糖を引き起こします。そのせいで、血液中に糖が多くなってしまうのが糖尿病です。高血糖の状態が長く続くことで、体内の臓器にさまざまな障害を起こすので、合併症などが起こりやすい病の1つと言えます。

糖尿病には2つに分類されます。

Ⅰ型糖尿病

『インスリン依存型糖尿病』とも呼ばれるもので、膵臓の機能が壊されてインスリンが出なくなるもの。膵臓では血液中のブドウ糖を取り込み、細胞がブドウ糖を代謝することでエネルギーになる手助けをしているのがインスリンです。

猫の場合は、そのインスリンが不足したり出ていることに体が反応しなくなってしまったりします。そのせいで、ブドウ糖の取り込みがしにくくなるのです。

Ⅱ型糖尿病

『インスリン非依存型糖尿病』と呼ばれるもので、膵臓自体は保たれているが、その他の理由で症状が出てしまうもの。猫の糖尿病は、Ⅰ型とⅡ型の発病状態が1:4となっています。

圧倒的にⅡ型の発病が多いことがわかると思います。原因の多くは、肥満(糖質の摂りすぎ)や運動不足であること、それに遺伝性である場合もあります。

糖尿病性ケトアシドーシス

『糖尿病性ケトアシドーシス』とは、糖尿病の猫が起こしてしまう最も重篤で危険な症状です。インスリンが不足することで、血液中のケトン体を増えます。そこに動脈血のpHが低下した状態なども起こり、体に異常を起こしてしまいます。しかも進行が早いので、早急な治療が必要です。

症状としては、食欲不振になったり急に元気がなくなったりします。そして、水分を摂らなくなってしまいます。「何かおかしいな」と思った頃には、昏睡状態に陥ってしまうこともあるため、本当に気をつけなければいけません。

糖尿病にかかっている猫を飼っている場合は、この『糖尿病性ケトアドーシス』にならないよう、十分に注意をしなければなりません。ですが、症状がみられた場合は、早急な対応をしないと、処置が遅れてしまい、最悪だと死に至ることもあります。「何かおかしいな」と思うことや、症状が見られた際には、急いで受診してください。

スポンサーリンク

猫の糖尿病の症状は?

猫の糖尿病の症状は?

症状は二段階に分けられます。

初期症状

  • 元気がない
  • 頻繁に水を飲んでいる(多飲)
  • おしっこに頻繁に行く(多尿)
  • 食欲が旺盛になるが、あまり太らない

など。

病状が進行している段階の症状

  • 嘔吐と下痢
  • 脱水
  • 食欲がなくなる(そのため衰弱も起こる)
  • 白目の部分や口の粘膜に黄疸が出る

など。進行している段階では、膀胱炎や外耳道炎などの感染症や、腎障害や神経障害などの合併症を引き起こすこともあります。こうなれば、飼い猫はじっとして動かなかったり、どこかで身を潜めてしまったりすることもありますので、早い段階で気づいてあげる必要があることがお分かりになるでしょう。

猫の糖尿病の原因は?

猫の糖尿病の原因は?

糖尿病はどんな猫でもかかる可能性があります。しかし、原因に直結する要因があるとその確率はさらに上がります。その要因となるものをみていきましょう。

大食や早食い

飼い猫の中にはものすごくよく食べる子がいたり、量は普通だけど食べるのが早いという子がいたりすると思います。食事の量が多いことや早食いが習慣になっている場合、食べるごとにインスリンが大量に放出されます。そうなると、細胞ひとつひとつがインスリンの反応に鈍くなり、血糖を取り込む作用がゆっくりと鈍っていきます。

この状態が続けば、血中の糖濃度が高い状態で保たれてしまいます。また、キャットフードの栄養価も見直してみましょう。

年齢

糖尿病は10歳を超えると発症しやすくなります。その理由として「基礎代謝」(生きてく上で黙っていても体が勝手に消費するエネルギー)の低下が挙げられます。

また、老猫になっているにも関わらず、食事量の調節がされていないことも関係していると言われています。年齢を考えて食事に注意しなくてはならないということです。2016年にイギリスで行われた調査や、2012年度に行われた猫の糖尿病に関する統計でも、発病率が高くなっていることがわかっています。

スポンサーリンク

肥満

肥満は、体や臓器に大きな負担をかけます。人間でも同じことが言えるので、お分かりになると思いますが、猫はそれが顕著に表れます。2016年にイギリスで行われた調査では、体重が増加することによって糖尿病の発症率も上がるという関連性がわかりました。猫の体重が8キロ以上になった時には、通常の猫の20倍にもなるそうです。

猫は成猫以降になると運動量が少なくなってくる動物なので、食べる量とのバランスが崩れてしまえば、肥満になりやすいです。特に、去勢・避妊手術を受けた猫は、ホルモンバランスの変化が起こりやすくなります。そのため太りやすくなるようです。

うちの猫たちも去勢・避妊手術をした子とそうでない子(成猫で保護した子など)は、ふくよかさがあるように思います。お腹周りを触ってみると、違いがわかります。

肥満の何が怖いかというと、糖尿病にかかってしまうリスクが高くなることです。肥満の猫と標準体重の猫を比べると、糖尿病にかかるリスクは、約4~5倍とも言われているのです。肥満は本当に怖い病気を連れてくると思います。

遺伝性

猫の品種によって、糖尿病になりやすい子がいます。

  • バーミーズ(通常の3倍)
  • ノルウェージャンフォレストキャット(通常の3.5倍)
  • ロシアンブルー(通常の2.5倍)
  • トンキニーズ(通常の4.1倍)

調査データから発症の確率が出ています。(イギリス国内で行われた大規模な統計調査:猫の糖尿病の有病率と危険因子)

投薬されている場合

飼い猫が何らかの病気で投薬を受けている場合、薬によって糖尿病を引き起こす可能性があります。

  • 副腎皮質ステロイド
  • 黄体ホルモン
  • 利尿薬
  • 心臓の薬
  • 抗けいれん薬

など。これらの薬はインスリンの働きを弱める作用があるとのことでした。そのため、糖尿病を引き起こす可能性が高くなっているのです。

糖尿病治療中の食事について

猫の糖尿病の治療で注意したいこと

愛猫が糖尿病になってしまったら、治療が始まりますしさまざまな規制も出てきます。そんな時に注意するべきことを知っていたら、悪化させなくて済むはずです。

食べて良い物と悪い物がある

糖尿病の治療中は食事に気を使いますよね。特にGI値には注意しなくてはならなくなるため、食べて良い物と悪い物が出てきます。

「GI値」とは、食物が体に吸収されてから、血糖値が上昇するまでの時間を測定した値のことです。GI値が高い物を食べれば血糖値は急激に上昇します。低い物を食べれば、血糖値は緩やかに上昇するということになります。ここまででわかるように、糖尿病の治療中はGI値の低い食べ物が良いということです。

GI値の低い食べ物をみていきましょう。

  • 海藻
  • 肉や魚
  • 亜麻仁
  • 緑黄色野菜

などがあります。これらは血糖値の上がり具合が緩やかですので、進んで食べさせたいフードです。キャットフードのパッケージ裏をよく見てみると記載が必ずありますので、注意して見てほしいと思います。

GI値の高い食べ物は次の物です。

  • 穀物類
  • さつまいもなどのいも類
  • とうもろこし
  • 砂糖(糖類)

普通に販売されているキャットフードには、穀物類やいも類が多く含まれています。糖尿病の治療をしている場合は、この手のフードは控えなければなりません。「余っているからもったいない」なんて思って与えることのないように、飼い猫の手の届くところに置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

フード選びの5つのポイント

フード選びの5つのポイント

治療中は獣医から療養食を勧められます。病院で扱っているものでも良いですが、食べてくれないことやもっと素材が良い物を与えたいと考える飼い主さんもいることでしょう。そのときに参考にしていただきたいポイントを紹介したいと思います。

低炭水化物

GI値の高くなってしまうのは、炭水化物が含まれている食品を食べたときです。元気な子であれば問題はありませんが、糖尿病の治療中の子には命に関わります。パッケージを確認して、とうもろこしや穀物が大量に使われていないかとチェックしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB群は、糖質を効率良くエネルギーに変えてくれる特徴があります。これらは、血糖が急激に上がることがない上に、ビタミンがしっかり摂取できるという効果もあるのです。糖尿病の治療には摂取したい栄養素です。

食物繊維

食物繊維は、血糖値を急激に上げない栄養素です。体内に入ることで膨らみ腹持ちを良くしてくれます。食物繊維を含む食材が使われているかのチェックもしましょう。

高タンパク質

ぜひ摂ってもらいたい食材、肉や魚に含まれる栄養素になります。猫の主食と言えるものですね。キャットフードの成分表を見るときに、肉や魚の名前が記載されていて、しっかりタンパク質が摂れているか確認しましょう。

肉の副産物に注意

注意しなければならない点は、「肉副産物」「○○ミール」などと書かれている部分です。肉の文字が入っていますが、これらの言葉が書いてあるような場合は、あまり良くない肉である可能性があります。

例えば、

  • 病気などで死亡した動物の肉
  • 内蔵類
  • ひづめやくちばし

などのように、人間が食べることのできないものを使って作られていることがあるのです。主原料の項目に、チキン・サーモン・ビーフ・しかなど、肉や魚の個体名が書かれているものを選ぶようにしましょう。

療養食(療法食)はどう?

糖尿病の治療が必要な猫に対して、獣医さんから「血糖値をコントロールしなければならない」という話があるかと思います。そこで必要なのが「療養食(療法食)」です。食べる物から体は作られていきますので、症状が回復するまでは療養食を食べさせたいものです。

療養食は高タンパク質でカロリーが低く、糖をコントロールした専用のフードとなっています。炭水化物は大麦を使うなどして吸収を穏やかにする物を配合してあります。また、脂肪分も少なくしてあり、食物繊維が含まれている食材を使って作られています。

とは言え、たくさん食べさせていいわけではありません。獣医さんと相談し、愛猫の食べ方や運動量などを加味しながら決めていきます。そういった大切な部分を守ることで、療養食も力添えすることができるのです。

愛猫が糖尿病にならないために普段の食事を見直そう!

猫が糖尿病にならないための食事を見直そう!

糖尿病は食事が関係してきます。注意すべき点がいくつかありますので、しっかり管理してあげることが大切です。

食事の状況を確認

猫の食事の状況を毎回確認し、量の調節や早食いをしていないかなどのチェックもするといいでしょう。特に老猫期に入って来る前から少しずつ見ていくことが大切になります。「そんなに空腹なの?」と思うほど、急いで食べる子がいますよね。早食いをすると、満腹になるまで時間がかかり、「もっとちょうだい」とおねだりをすることがあります。(ねだられる経験あり)

1日に2回の食事で、おねだりが頻発するようなら、食べ過ぎを防ぐために回数を増やす方法を取ってもいいでしょう。もしかしたら、その方がいいかもしれません。1日に与える量はキャットフードのパッケージに記載されています。その量を増やさずに同じ分量を回数で分けて、エサの時間の数を増やす方法です。こうすると食べ過ぎを防ぐことができて、愛猫も満足を得られやすくなります。

日中は家にいないという飼い主さんは、タイマー設定ができる自動給餌器を利用することを考えてみましょう。いない間に漁られたりするのを防ぐことができて、食事量の管理もできるのでおすすめです。

ただ、飼い主さんの方で猫は1日2回という考え方に縛られてしまっていることがあります。(私もそうでした)愛猫の健康を思うのであれば、「1日3~5回がエサの時間、その代わり少量だけどね」と思うことも必要かもしれません。つまり、食事の回数を守ることが大切です。エサの出しっ放しや手の届くところにキャットフードや人間の食べ物を置かないように注意しましょう。

水はいつでも飲めるように

水はたっぷりめに用意しましょう。制限してしまうと、糖尿病になっている場合、脱水症状を起こしてしまうことがあります。

まとめ

糖尿病は肥満を防ぐだけでも予防になります。飼い主がしっかりと食事を管理して、適度な運動が行えるように環境を整えることも大切です。また、大きなストレスがかかることで免疫力が低下することがあります。ストレスをうまく解消できるようにすることも予防になります。

飼い猫の大事な命を守るために、小さい頃から気をつけたいですね!

猫の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。