猫の嫌いな匂いとは?嗅覚が敏感だから気をつけてあげよう!

猫の嫌いな匂いとは?嗅覚が敏感だから気をつけてあげよう!

猫は鼻が利きます。これから飼いたいと思っている猫がいる場合は注意しないと、猫が飼い主の匂いを嫌って寄ってこなくなってしまうなんてこともあるのです。そのために猫の嫌いな匂いを集めてみましたので、自宅内や飼い主にその匂いがしないかどうかを確認してみましょう。

スポンサーリンク

猫の鼻は敏感

猫の鼻は敏感

猫の鼻は人間よりもかなり敏感で、嗅覚が強いです。もちろん犬ほどではありませんが、人間より何倍も敏感なのは確かです。なので、人間が感じないような匂いに反応を示すことがあります。

近年さまざまなものに匂いがついていますね。香水や柔軟剤、デオドラントなどさまざまなものの匂いに注意しなくてはいけないということです。

猫が特に嫌うのは香水です。香水の中に『メチルノニルケトン』や『中鎖トリグリセリド』といった、猫が嫌う匂いに似た成分があると感じ取っているせいではないでしょうか。

猫を飼う、猫と接する場合は、できるだけ不要な匂いをまとうことがないように注意が必要です。

柑橘系の匂い

柑橘系の匂い

柑橘系の匂いって、人間にとってはそれほど嫌な匂いではありませんよね。しかし、猫にとっては、一目散に逃げてしまうくらい強烈なようです。テーブルなどにみかんの汁などが少しでもついていると、逃げていきます。冬は「こたつにみかん」なんて言いますが、猫にとってはみかんは不要なのです。笑

また、トイレに置く消臭スプレーや玄関の消臭剤、台所洗剤なども柑橘系にしているところが多いのではないでしょうか。寄せ付けたくない場合はいいですが、猫にストレスを与えてしまう匂いですので注意しましょう。

レモンやオレンジといった柑橘系のニオイが嫌いなことを知っている方も多いのではないでしょうか。さまざまな商品に用いられ、飼い主さんの多くは好きなニオイに分類すると思うこともあるでしょう。柑橘系の香りは、アロマオイルなどにも使われていますね。また、洗剤などにも使われていることが多い香りです。猫がこのニオイを嫌う理由は2つ考えられます。

1つめは、狩りをしていた頃の嗅覚の感覚が残っているせいではないかと言われています。猫は肉食で狩りをする動物です。目の前にある肉が食べられるかどうかを判断するために、昔も今も嗅覚は重要な判断アイテムとなっています。

昔から酸っぱいニオイがしていたら、食べられないということを知っていて、かぎ分けていると考えていたようです。人間でもニオイを嗅いで、酸っぱいニオイがしたら、「腐っているかも」と判断しますよね。あの感覚と同じと考えて良いと思います。

2つめは、柑橘系の皮に含まれる成分が、猫に中毒症状を引き起こすため、本能的に危険を察知しているのではないかというものです。柑橘系成分の「リモネン」は、猫の体内では分解できません。そのため、体内に蓄積されてしまえば、手足の震えや運動失調といった致命的な症状を引き起こしてしまうこともあるのです。それを察知しているのでしょう。

スポンサーリンク

汗などの酸っぱいような匂い

汗などの酸っぱいような匂い

普通の汗の匂いも猫は嫌な顔をしますが、男性特有の汗の匂いを嗅ぐと、逃げるなどの行動で示す猫が多いことを知りました。加齢臭とはまた違った匂いが男性の汗から出ているようです。

調べてみたら、男性の汗には「オス猫の匂い」のような匂いがあるようで、警戒心を抱かせたり、ストレスの要因となったりしているのではないかという説があるようです。

夏の熱い日や、スポーツ後などの汗をかいた後は、デオドラントをするよりも帰ってからすぐにシャワーや入浴をして、それから飼い猫に構った方がいいのではないでしょうか。

湿布などの薬の匂い

湿布などの薬の匂い

湿布などの医薬品に多く使われているニオイは、ハッカなどの刺激のあるニオイです。スースーする感じがするものを嫌うようです。しかし、すべての猫に当てはまるものではありません。これを好む猫もいます。

注意しておかないと、湿布を咥えたり舐めたりする子がいます。マタタビのニオイと同じように感じているのではないかという説もあるようですが、薬ですので舐めたりするのは良くありません。

うちの子たちの中にも好きな子と嫌いな子がいます。ですから湿布を使う時は注意しています。前に、ふくらはぎに貼っていたら、飛びついて噛んできたことがありました。その後も湿布を剥がしたあとのビニールに戯れたり舐めたりしていましたので、相当好きなようです。しかし薬品ですので、すぐにふた付きのゴミ箱に捨てて、手が出せないようにしました。

ハッカ系のスースーする匂い(メントールなど)

ハッカ系のスースーする匂い(メントールなど)

ミントやハーブなどはさまざまなものに使われていますよね。料理に入っていることもあってとても良いものですが、猫にとっては嫌な匂いに感じるようです。

湿布なんかも同じような匂いがしますよね。剥がした紙の匂いを嗅いで、逃げていく姿を見かけたことが何度もあります。近所では、猫よけにとミントを植えているお宅もあるくらいです。

ただ、この匂いには例外があります。それはこの匂いを好きで嗅いでしまう猫もいるのです。うちの猫はみんな嫌がりますが、猫友の家の猫はハッカ系の匂いを好んでいるとのことでした。

湿布の紙などは咥えて持って行き、舐めようとしたりするそうです。薬物なので、ふた付きのゴミ箱に捨てないとダメだと話していました。

スポンサーリンク

ハーブや香辛料のスパイシーな匂い

ハーブや香辛料のスパイシーな匂い

ハーブに関しては、猫にとって毒となる成分を含んでいるものがあります。自ら危険を察知して避けているのはないでしょうか。ハーブ類を育てている家では、子猫が、知らず知らずのうちに食べてしまうことも考えられますので注意してください。(猫草の要領で口に入れることもあるようです)

香辛料は、猫が辛みを苦手としていることもありますが、体に害を及ぼすことが考えられます。誤って食べてしまった場合、胃や腸で炎症を起こしてしまうなどの危険があります。唐辛子だけでなく、コショウなどにも注意しましょう。

黒こしょうやハーブなどのスパイスの匂いも猫にとってはいい匂いではないようです。理由は、刺激が強すぎるといったところでしょうか。香辛料はどうしても鼻を刺激してしまいます。直接匂いを嗅ぐと、嗅覚の鋭い猫は「いやっ!」となってしまうのでしょうね。

強いフローラル系の匂い

強いフローラル系の匂い

輸入洗剤や柔軟剤などの強いフローラル系の匂いは、猫にとって異臭となっているようです。人間はそれほど嫌な感じはしません。(むしろ、好きだという人の方が多いかもしれませんね)

ですが、嗅覚の鋭い猫にとっては、化学薬品の匂いをキャッチしてしまうようです。一度は匂いを嗅ぎに来ますが、臭いと判断したら二度と寄らなくなってしまいます。

ストレスを感じてしまう猫も多くいるという話を聞きます。できるだけ、強いフローラル系の匂いは控えましょう。その方が猫も居心地がいいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーのニオイ

コーヒーのニオイ

コーヒーを沸かしていると寄ってこないことがありますので、コーヒーのニオイもあまり好まないように思います。ニオイというより、カフェインが猫には良くありません。口に入ってしまうと、中毒症状を起こしてしまうことがあるからです。猫の手が届くところに置かないようにすることが必要です。

自宅で飼っている猫達(過去に飼っていた猫も含めます)の中にコーヒーの匂いを毛嫌いしている子達がいました。

来客の時に出したコーヒーをいれた豆のカスを台所においたままにしていたところ、匂いを嗅いですぐ逃げるようにして去って行きました。飼い猫の中には平気な子もいたのに、ダメな子もいたので、個々で違いがあるようです。

防虫剤の匂い

防虫剤の匂い

近所の方が庭に防虫剤をまいていました。その匂いがどうやら猫の嫌いな匂いのようで、外で生活している猫が逃げているのを見ました。ご近所との世間話の話題に出てきたのは、野良猫よけとのこと。庭を荒らされてしまうので、ご友人に相談をしたら、市販の防虫剤が効くと聞いたそうです。

「猫の嫌いな匂い」などと名を打っているわけではなく、普通の虫除けでも反応を示すということでした。

まとめ

猫は嗅覚が人間よりも敏感なので、どうしても鋭い匂いが苦手なようです。飼い主は何ともなくても、猫にとってはストレスが溜まるほどの悪臭に感じてしまうこともありますので、匂いのある物を購入する時は注意が必要です。

人間だって嫌な臭いのする部屋で生活したくないですよね。臭いのせいで飼い猫が飼い主に甘えたくても甘えられないなんて状況を回避してあげたら、今以上に仲良くなれるかもしれませんよ。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。