部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

猫を飼い始めて、最初に気になる部屋の状態と言えば、毛があちこちにつくことだと思います。これは猫を飼っている人なら誰もが抱える問題の1つです。

人間の体毛も同じですが、部屋のそこらじゅうに毛が落ちていると、衛生的に良くないことは分かりますよね。そのため、最近では抜け毛の少ない猫や犬をペットに迎える家庭も増えています。

ただ、裸の猫と呼ばれている『スフィンクス』でもない限り、どの猫も長い短いの違いこそありますが毛が生えていますよね。毛がフサフサしているからこそ可愛いという見方もありますし、逆に言えば、毛が生えているからこそ醍醐味の『もふもふ』もできちゃうのです。

ある程度の抜け毛は仕方ありませんので、部屋中が毛だらけになってしまう前に、抜け毛対策と効果的な掃除方法を実践することで解決させましょう!まずは抜け毛について基本的な知識を把握しておきましょう。


猫の抜け毛の多い時期

抜け毛の時期

猫にも抜け毛の多い時期があります。普段とは比べものにならないほどの毛が部屋中に落ちます。その時期を知れば早めの対策を講じることができます。

換毛期(毛の生え替わり時期)は、春と秋です。冬仕様から夏仕様へ、夏仕様から冬仕様へという感じでしょうか。人間でいうところの衣替えと同じ時期と捉えるといいかもしれません。

この時期はちょっとしたことでもすごい量の毛が抜け落ちます。健康な猫であるならこの2つの時期に注意を向けるだけで済みます。

しかし、皮膚病などが原因でも毛が抜けることがあります。その場合は、2回どころの話ではなくなってきますので、変な時期に抜け毛があるときは気をつける必要があります。

猫の抜け毛の原因

抜け毛の原因

換毛期以外に毛が抜ける場合、皮膚病などが原因です。例を挙げますと、

  • ストレスによるもの
  • アレルギーや虫による皮膚病
  • 肉芽腫がある場合
  • 日光過敏症が原因

などがあります。こういった皮膚病などの場合、猫は一生懸命に掻いたり噛んだりといった行動をしますので、それを見逃さないことが重要なポイントになります。

猫の抜け毛対策

抜け毛対策のいろいろ

猫の抜け毛の原因が病気の場合は、動物病院への受診が第一であることは既におわかりだと思います。病気が原因であるかどうかは、パッと見では判断できないことも多いので、早めの受診を心掛けてあげて下さい。

また、抜け毛で困っているのは飼い主さんだけではありません。愛猫にとっても困り事になっているということを知っておきましょう。猫は換毛期であろうとなかろうと、グルーミングの一環として体を一生懸命舐めます。その時に大量の抜け毛を飲み込んでしまっています。

抜け毛を飲み込んでしまうということは、体内に毛が溜まってしまうということです。これを吐き出すのは本当に大変で、嘔吐の回数が多ければ多いほど、器官を傷めてしまうことになります。

嘔吐してすべてを吐き出してくれたらいいですが、吐いたらそれだけ体力を使いますので、愛猫にとっては大きな負担となるのです。しかし、全部出すことができない場合は、お腹の中に溜まってしまって苦しむことになります。その辺りのことも考えてあげないといけないですよね。

健康な猫の場合は、小道具などを使ってこまめに手入れをすることが大切です。

ブラッシング

猫用のブラシを使って、ブラッシングすることでかなり抜け毛を取ることができます。抜ける前に取り除けるところがブラッシングのいいところですね。

換毛期に入ったら、毛の短い猫であれば、1日1回程度、毛の長い猫であれば1日に2回はした方がいいでしょう。それ以外の時期は、もう少し回数を減らしても大丈夫ですが、猫の毛の抜け具合によって、個々で合わせるというのが一番かと思います。

ただ、難点が1つ。猫はブラッシングが嫌いです。特に換毛期には痛みが伴うようで、気をつけてブラッシングしないと噛みつかれてしまうこともあります。

私が以前飼っていた猫は、毛が長かったため、ちょっと力を入れて行ったことがあります。どうしてもブラシに引っかかってしまうので、加減がわからなかったというのもあります。それが痛みを与えてしまったのでしょう。噛みつかれてしまいました。

皮膚病がある際は、ブラッシングをしていると見つけやすいです。猫が嫌いなブラッシングでもこういう利点もありますので、定期的に行った方がいいと思います。

こちらはファーミネーターと言って、猫の抜け毛を処理できるアイテムです。ブラッシングするように撫でるだけでゴッソリ取れます。猫の大きさや短毛種・長毛種によってタイプが分けられていますので、適した物を選びましょう。

シャンプー

換毛期に入ったら1回は行いましょう。シャンプーをすることでかなり抜け毛を取ることができます。ただし、何度もやってしまうと猫の毛自体に良くありませんので、やり過ぎに注意してください。

飼い猫が嫌がっている場合や、飼い主さんが忙しい場合は、濡れタオルを使って全身を拭いてあげるだけでもかなり取れます。バスタオルや軍手などさまざまな物を使って拭いてみましたが、一般的なタオルが一番使いやすくて取れやすいように感じました。しかも使い終わったらそのまま捨てられます。

拭くだけであれば、数回やってもいいです。だから、あまりにも抜け毛が多い場合(冬から夏にかけて)は、シャンプーと水拭きを併用してもいいのではないでしょうか。

空気清浄機

猫の毛は軽いため、どうしても空中に舞い上がってしまいます。それを何とかしたいと考える人もいるでしょう。そんな時に活躍してくれるのが空気清浄機です。空気を吸い込むときに猫の毛も一緒に吸い込み、毛はフィルターに引っかかって空気中の毛を取る役割も果たしてくれます。

ちなみにこちらの空気清浄機は、抜け毛やホコリを集塵しつつペット臭の脱臭もできる専用タイプなので、ペット飼育のご家庭に人気があります。

うちの子たちの中には、何匹か空気清浄機の上に上がって気持ちよさそうにしている子がいます。毛の間を風が通り抜けるような感じで気持ちがいいのでしょう。

また、なかには掃除機を使って猫の毛を吸おうとする人がいるかもしれません。掃除に使うのであれば問題はありませんが、猫に近づけて取ろうとしてもなかなか取れるものではありませんし、猫が怖がりますので掃除機を直接猫に当てようとしないでください。(たまに喜んで吸われている猫がいますが、あれはレアなケースです。)

掃除機を直接当てて驚かせるようなことをすると、粗相をしてしまう子(子猫や気が弱い子など)がいますので、余計な手間が増えてしまうことがあります。注意しましょう。

抜け毛の後始末と掃除の仕方

抜け毛の後始末、掃除の仕方

換毛期だけでなく、年間通して掃除は必要です。猫の毛は日々抜けているのですから。そのために効率良く行える掃除の仕方をご紹介します。

掃除機をかけるのは、一番楽な方法ですよね。吸えばいいだけですから当然です。しかし、それだけでは繊維の中に入ってしまった毛を取ることは難しいです。そこで、じゅうたんやクッションなどの布製品は、コロコロ(粘着性のシートで転がして毛を取るもの)が有効的です。

手の届くところに置いて、いつでも使えるようにしておくと気がついたときに掃除できるようにしておきましょう。そして、毛の問題で大事なのがフローリングなどの床です。ここは水拭きをして、床についている毛をごっそり取りましょう。

雑巾で水拭きすることが一番ですが、忙しい場合、そうもしていられません。だから、こういう時こそクイックルワイパーを使います。シートはウエットタイプのものにして、床に広がってしまっている毛を取り除いてしまいましょう。

普通のことではないかと思われるかもしれませんが、このシンプルな掃除が一番効果があるのです。

素材を変えてみる

布製品はどうしても猫の毛がつきやすいです。静電気も起きやすいので仕方がないといってしまえばそれまでです。でも、猫の毛がつきにくい素材に替えることで、衣類に二次転移するのを防ぐことができます。

カーテンやクッションは、毛がつきにくいものが売られています。どうしても気になる場合は、チェンジしてみるという方法を取りましょう。最近では、ベッドカバーも毛のつきにくいものがあります。実家の母はそれを購入し、愛用しています。

毛がつきにくい布素材

家の中にはさまざまな布製品があります。ベッドの布団やクッション、衣類など本当に多いですよね。毛がつきにくい布素材を知っていれば布製品を選ぶ際に役立てることができるのではないでしょうか。

  • デニム
  • 革製品
  • サテン地
  • ポリエステル
  • ナイロン

などです。特徴としては手触りがシャカシャカ、サラサラというところでしょうか。こういった布素材は毛が入り込みにくいので、さらっと下に落ちてくれます。

毛がつきやすい布素材

では、逆に毛がつきやすい布素材も見てみましょう。

  • フリース
  • ニット系
  • 毛羽立っているもの

などです。特徴としては毛玉ができやすく、暖かさを感じる素材が当てはまります。これらは換毛期は避けた方が無難です。

また、それ以外に色味も大切ですね。これは精神衛生上の問題ですが、濃い色(黒・紺など)の衣服は毛が目立ちやすいです。少しでもついていると清潔さに欠けると思われる可能性が高くなってしまいます。



洋服についた猫の毛の取り方

洋服についた猫の毛の取り方

猫の毛は布地につきやすいので困ってしまいますよね。仕事などで外出しなければならないときは、コロコロ(粘着性ローラー)を使っている飼い主さんも多いかと思います。洋服についたペットの毛の取り方はさまざまな方法がありますが、逆効果になってしまっている場合もあるので注意してください。

コロコロ(粘着性ローラー)

猫を飼っている飼い主さんなら1度は必ず使ったことがありますよね。毛を取ってくれますし、何より手軽です。それに布製品ならどれにも使えるというメリットがあります。

しかし、注意しなければいけない点があるのも事実です。毛を取り終わった後は大量のゴミが出てしまう現実があります。(抜け毛を取った粘着性の紙)そして、衣類の生地を傷めてしまう可能性が高いです。生地が伸びてしまったり、余計に毛羽だってしまったりといった感じです。

こんな覚えはありませんか?著者も身に覚えがあります。ガムテープなどの粘着性の物は同じようなことが起こりやすいので注意して使うようにしましょう。

コロコロは、猫が新しいおもちゃと勘違いして飛びついてくることがしばしばあります。(うちの子は、子猫が多いですね。)ですから、気をつけて使いましょう。手を出してくるので、前足を痛めてしまうことがあるようです。

エチケットブラシ

これもスーツなどで使いますよね。こちらも毛がよく取れます。携帯しやすいので外出時に持ち歩きが可能です。ただ、布地によっては使えない物(ニット類など)がありますし、小型サイズなので時間がかかるなど、その辺りが不便さを感じるかもしれません。それに静電気が発生しやすくなりますのでそうなると余計に付着してしまって大変です。

カーペットクリーナー

こちらは、コロコロ(粘着性ローラー)とエチケットブラシの中間のようなものです。電気不使用で取り替え不要のコロコロのような商品です。粘着性のローラーの部分がエチケットブラシに似たような物がついています。

使い方は、コロコロと同じ要領です。布製品の上で動かしますと、布を傷めることなく抜け毛を取ることができるというものです。大量のゴミが出るわけでもありませんので、経済的に使えるのではないかと思います。

カーペットクリーナーもコロコロ同様、動かして使う物ですので子猫がじゃれてくる可能性があります。ご注意ください。

柔軟剤

洗濯の際に使っている飼い主さんが多いかと思います。柔軟剤には静電気を予防する効果があるため衣類についた毛が取りやすく、付着しにくくなります。最近ではペットの抜け毛対策専用に開発された洗濯用洗剤もあり、普通の柔軟剤よりもさらに効果が高くなっています。

また、猫はニオイに敏感なため、ニオイが強くないものを使うようにしてあげるとよりいいですね。ニオイの強い柔軟剤を使うとくしゃみが出てしまう子がいます。うちの子も何匹かがそうです。だから、強いニオイのものは使わないようにしています。わざわざニオイを嗅ぎにきますので、反応をみているとOKかNGかがわかります。

余談ですが、洗濯をし終わったら必ず洗濯機の中をペーパーやぞうきんなどで拭きましょう。洗ったあとは、洗濯槽の中に猫の抜け毛がくっついていることがあります。だから、必ず洗濯が終わるごとに拭き取って毛を取るようにしましょう。

洗濯機には備え付けくず取りネットがありますが、それに溜まる抜け毛も毎回しっかり取るだけでもかなり違います。100円ショップなどで売られている水に浮くタイプのくず取りネットなどを併用するとさらに毛が衣類に残りにくくなります。

静電気防止スプレー

静電気が起こることによって、衣類に猫の毛がついてしまいます。翌日着る予定の服に静電気防止スプレーをかけておきましょう。換毛期の時期は家に入る前か、玄関先などでスプレーしておくといいですよ。たとえ服についてもするっと落ちてくれます。注意点は愛猫にかからないようにすることです。スプレーは薬品ですから猫にはよくありませんからね。

衣類を裏返しておく

スーツなどのジャケットやコートなどは、裏地がついていますよね。こういったつるつるした裏地がついている衣類は、脱いだらすぐに裏返して毛がつきにくくしておくという緊急避難的な方法もあります。

著者もどうしても時間がないときなどにやる方法です。裏地が表に出るようにして吊しておくようにするだけで表はあまり毛がつかない状態で保つことができます。ただし、下に置いてしまうとその効果も半減ですから、吊すようにしてくださいね。

リファイン加工

クリーニングに出す場合は、リファイン加工を頼みましょう。リファイン加工とは、衣類の悪くなった状態(質感や肌触りなど)を元に戻してくれるものです。これをすると、静電気を防ぐことができますので、毛がつきにくくなります。

やはり、静電気が起こりやすい状態だと猫の毛だけでなく、さまざまな糸くずなどもくっついてしまいます。それを防ぐためにお願いしましょう。別料金がかかってしまいますが、外出先で人と会わなければならないときの服は必要かと思います。

まとめ

猫はかわいいけどどうしても抜け毛が気になりますよね。外出時に衣服についていたり、猫の毛が部屋の中でふわふわしていたら健康上にも良くない感じがします。

お互いが気持ち良く生活できるように、飼い主のちょっとした努力が必要なのです。方法はシンプルではありますがその分効果は期待できます!

愛猫との生活を快適にするために抜け毛対策が欠かせません。色々な工夫をしていきましょう。上述しましたが、愛猫の抜け毛が洋服に付着してしまうのが気になっている方には、抜け毛を取り除きやすくする&付着しにくくする専用の洗濯用洗剤がおすすめです。

ちょっと値が張りますが、これは毎回の洗濯で使わなくてもたまに使うだけで毛が付着しにくくなっていくのでコスパは良いです。こういったものを上手く活用して人も猫も快適に暮らせる環境を整えていきましょう。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。