猫の肥満に要注意!適正な体重を把握してダイエットを!

人間だけでなく、猫にとっても注意しなければいけない肥満。ころっとした姿は、本当にかわいいですが、見た目うんぬんというよりも、肥満はあらゆる病気の引き金となるものですから注意しなくはいけません。

飼い主としてできることは、飼い猫のしっかりとした体重管理です。特に、去勢・避妊手術をした後は肥満になりやすい傾向にあります。

「猫にダイエットが必要?」なんて考えてしまう人もいるかもしれませんが、運動不足や食事に気をつけないと、簡単に肥満になってしまうことがあるのです。特に成猫からは注意が必要です。

もし食事の他におやつをあげている場合は、将来ダイエットをしなくてはならなくなるかもしれませんよ(苦笑)飼い猫の命を守るためにダイエットも大切なことと捉えましょう!

スポンサーリンク

猫にとっても肥満は病気の引き金に…

猫の肥満に要注意!適正な体重を把握してダイエットを!

肥満は、さまざまな病気を引き寄せます。そうなれば愛猫の命を縮めてしまいかねません。そうなってしまう前に猫もダイエットが必要なのです。後ほどダイエットが必要かどうかの見極め方を紹介しますが、判断が難しい場合は動物病院への定期検診で明らかになります。

獣医が体重や脂肪の付き方などをみてくれますので、飼い主がどうか聞いてみてもいいでしょう。完全にダイエットが必要な場合は、お話があるはずです。肥満が引き起こす怖い病気には、次のようなものがあります。

  • 心臓や血管への負担(循環器系の病気の懸念→心肥大・心不全・高血圧など)
  • 皮膚への栄養血管にも負担(皮膚病・キズが治りにくいなど)
  • 関節への負担(関節炎・椎間板ヘルニア・靱帯断裂など)
  • 糖尿病の傾向が高くなる

などといったさまざまな病気が出てきます。しかも、病気で運動ができないからますます肥満になるといった悪循環を招いてしまうことになります。

猫が病気をすると、荒い呼吸をすることがあります。猫は犬のように口で呼吸をしませんので、変な呼吸をしていたら「おかしい」と気づくでしょう。しかし、肥満でも呼吸が荒くなってしまいます。呼吸器に負担がかかるためです。そうすると、心臓などに負担を与えてしまうことにもなります。

太っていると感じた場合は、呼吸に変化がないか注意しておいてほしいと思います。あまりにも呼吸が乱れていたり荒かったりする場合は、すぐに受診するようにしましょう。

室内飼い猫に見られる肥満傾向

室内飼い猫に見られる肥満傾向

完全室内飼いの猫の場合、2歳くらいから運動をしなくなるなど、行動が緩やかになることがあります。言わずと知れた「運動不足」の状態です。思い当たる飼い主さん、愛猫が次のような状態になっていませんか?

  • おもちゃにあまり反応しない(新しいおもちゃも含め)
  • 夜に騒ぐ(活動)をしていない
  • 上下運動をほとんどしなくなった
  • 体調が悪そうではないのに、普段からゴロゴロしている

猫は夜行性なので、昼間は寝ていることが多いものです。その代わり、夜になる動きが活発になります。夜中から朝方にかけて走り回ったり複数いる場合は暴れたりします。子猫や成猫になりたての子がいると、年齢が上がっても騒ぎます。

うちの子たちは子猫からシニア猫までいますので、結構ドタバタやっている音が聞こえていますので、運動会のような状態になっていると思われます。のぞきに行くと、ぴたっと動きを止めてしまうので、勝手に遊ばせるようにしています(物が倒れているということも多々ありますが…)。

ただし、飼い猫にかかわらず避妊や去勢手術をした子は、術後に代謝が落ちてしまうようです。ホルモンバランスの影響から太りやすくなってしまうという話を聞いたことがあります。

手術済みでもらって来る場合もあるでしょう。最初からそのことを頭に入れておけば、肥満予防をすることができるはずです。

ダイエットが必要な猫の見極め方

ダイエットが必要な猫の見極め方

猫の適正体重は3~5キロほどと言われています。それを超えている場合は、ダイエットをした方がいいでしょう。これはなどの他の動物にも言えることです。体重が増えすぎることで、さまざまな病気などを引き寄せてしまいますし、短命の原因となってしまいます(人間と同じなんです!)。

ダイエットが必要かどうかを見分けるには次のような方法があります。

①真上から見ます。

体の線が肩よりお腹がかなり出ているようならダイエットが必要です。

②背骨を手で触わります。

骨というより脂肪?と感じたらダイエットが必要です。

③あばら骨を触ります。

骨に触れない場合・お腹の肉が掴める場合はダイエットが必要です。もちろん例外もあります。あばら骨は感じられないがお腹の脂肪は少ない感じがする場合は、筋肉質でがっちりしていることが考えられます。

うちで飼っていた猫(8歳:オス:MIX)は、本当に大きい猫でした。「太りすぎなのか」と思い、動物病院を受診したところ、獣医から筋肉質な体つきと言われて、ダイエットの必要はありませんでした。

次に、猫の年齢と平均体重も把握しておきましょう。

④猫の月年齢と平均体重も目安に

猫は月年齢によって平均体重が以下のように変わります。

生まれた直後約100~120g
1週間約200~250g
2週間約250~300g
3週間約300~400g
1ヶ月約400~500g
2ヶ月約950~1000g
3ヶ月約1~1.5kg
6ヶ月約2.5~3kg
9ヶ月約3~3.5kg
1年約3.5~4.5kg

年齢が1歳を越えてからの平均体重の変動はほとんどありません。一般的な成猫の平均体重は3~5kgと覚えましょう!以上がひとつの目安となりますが、性別や骨格の状態、猫の種類によっても多少前後しますし、全く例外の猫もいますので臨機応変に注意して下さい。

また、以下の種類は通常の平均体重には当てはまりませんので注意しましょう。

  • 小型の猫:シンガプーラ(平均2~3.5kg)
  • 大型の猫:メインクーン(平均4.5~8kg)

⑤適正体重と肥満体型かどうかは検診やBCSを利用

「うちの猫は肥満体型かどうかわからない」という場合は、定期検診で獣医に聞くか、BCS(ボディコンディションスコア)を利用する方法の2つがあります。

『BCS(ボディコンディションスコア)』とは、猫の体を触って脂肪のつき具合を調べるボディチェックのことです。自宅でも簡単に調べることができる、肥満度のチェック方法と言えます。

「なぜこんなに体重管理をしっかりしないといけないのか」と考えてしまう人もいるかもしれません。そんなときは、猫の体重と人の体重の増量の関係を見ていただけるとわかるはずです。

猫の体重が100g増えることは、人間に換算すると1kg増えたのと同じことになります。そう考えると、「少しくらい体重が増えたって大丈夫」なんて簡単なことではないということがわかると思います。

数百グラムの体重の増加が健康に害を与えるということが現実味をおびてくると思います。


⑥体の部位を触って判断する

このやり方は、愛猫の体を直接触って判断することができます。コミュニケーションの一つとして行えますので実感することができるというメリットがあります。愛猫の見た目と触り心地の違いを各部分で見極めていきます。

両頬を撫でるように触ってみると、脂肪がついているかどうかがわかります。元々が丸顔である場合は、特に触ったときにわかります。

著者の飼い猫も、頬を前から後ろへと撫でる際に、ぷにぷにした感触がありました。丸顔まではいっていませんでしたが、ぷにぷにした感触は脂肪だとすぐにわかります。

首回り

首輪のサイズをみてください。首輪がきつくなっていないか、サイズを大きな物に変えないとダメかなどが1つの判断になります。首の後ろを触ったときに肉付きを感じたら肥満を疑いましょう。

お腹周り

愛猫が立ち姿になっているときに、お腹の下がり具合を見てください。重力に従って垂れ下がっているというより、丸みを帯びた状態で下がっている場合は、肥満が疑われます。
また、ウエストのくびれがなくなっている場合も同様のことがいえます。上から見てもウエストはわかるかと思いますが、実際に触るとどの程度まで脂肪がついているかもっと良くわかります。

しっぽ

しっぽの付け根を見てください。付け根が極端に太くて先が細い場合は肥満が疑われます。触る際は、ぎゅっと握ってしまうと猫がびっくりしてしまいますので、手を筒状にして付け根から先っぽまで流すような感じで触るようにしましょう。

しっぽの付け根あたりを流すときに少しだけ力を入れてみてください。弾力というより肉がついている感じがしますのでわかると思います。先っぽにいけばいくほど固い手触りです。

この方法を行えば、コミュニケーションを取りながら肥満の有無を見られます。そして、触ることで体の不調などを発見することもできて一石二鳥です。

もし飼い猫が肥満になってしまったら?

もし飼い猫が肥満になってしまったら?

飼い主が食事に気をつけていても、留守中に隠れて食べているなんてことがあったり…(ちなみにうちの猫です…)。日中に運動をしているようでしていなかったりなんてこともあります。肥満体型かどうかを調べてみて、肥満になっているようなら何か対策をしなくてはなりません。

猫も人間のダイエットと同様にポイントが2つあります。

  • 1日の摂取カロリーを減らす
  • 1日の消費カロリーを増やす

どちらも重要ですが、いきなり2つをやろうとすると、猫にストレスを感じさせてしまいます。人間もそうですよね。ダイエットを迫られた時、突然、食事を少なくて運動を多くすると最初はよくても、次第にストレスが溜まり、嫌になってもなりますし、怒りっぽくなったりもするでしょう。

猫も同じなんです。食事に手をつけなくなったり、気が立ったりしてストレスを感じていると一目でわかるようになります。ですから、最初はどちらか片方から始めるようにしましょう。

食事による対策

先に『人間の食べ物を与えない(味の濃いもの)』とリストに挙げました。与えないというのはわかっている飼い主さんが多いかと思います。しかし、飼い主さんの目が届かないところで食べてしまうこと可能性があります。

著者だけでなく、猫友たちも「ゴミを漁っていた」・「買い置きのおやつを食べていた」などの失敗経験をしています。この2ヶ所は要注意です。いくら食事対策をしても水の泡になってしまいます。

体重を落とすためには、「1日の摂取カロリーを減らす」必要があります。しかし、猫は本能が強い動物なので、極端な食事制限をすると強いストレスにさらされることになります。それが原因で凶暴化してしまう猫もいます。

だから、普段の食事の量を変えるのではなく中身を変えるようにしましょう。同じ分量を食べてもカロリーが低ければそんな強いストレスにはなりません。

  • 低カロリーのキャットフード
  • みじん切りにしたゆで野菜を多めにキャットフードに混ぜて与える
  • 人間の食べ物を与えない(味の濃いもの)

など、食事の内容を変える方法を試してみましょう。ただ、切り換える場合は、1週間くらい時間をかけてゆっくり変換していくことをおすすめします。

キャットフードをダイエット用に変える場合は、一気に変えてしまうと味の変化に気がついて食べなくなってしまうことがあるからです。ですから、ダイエット用キャットフードを利用する時は、約1週間かけて少しずつ割合を増やしていきましょう。最終的には全部ダイエットキャットフードにしてしまいます。

数日くらいでの切り替えですと、フードが気に入らない場合、食べないなんてことが普通にあります。そうなると、前項に書いたように肝臓に脂肪が溜まってしまいます。切り換えには時間をかけるようにしましょう。

あとは、食事の回数を増やす方法もあります。人の場合は食べる量だったり回数だったりしますが、猫の場合は食事の回数を多くして、一度に与える量を少なくします。

例えば、食事の回数が1日2回だった場合は食事を小分けにして3~4回にします。ここでポイントとなるのは、今まで食べさせていた1日に必要な食事量を変えないということです。分けて食べさせることでエネルギー消費の量を大きくさせたいのです。

猫は狩りをする肉食動物です。その中でも自分より小さな獲物を狙って食べるため、1日に何度も狩りをしていました。新鮮な肉を好む生き物です。このことから、少量のエサを数回に分けて与えるというやり方でも猫の場合は問題がありません。

小分けにして食べることによって空腹までの時間が短くなりますので、食欲が満たされた状態を作り出すだけでなく、余計な脂肪形成を抑えることにも繋がります。その方がダイエットになりやすく、心身的に負担になることがありません。ただし、水はいつでも好きなだけ飲めるように用意しておくことが必要です。

ただ、エサを与える飼い主さんは日中に家を空けていることが多いですよね。「何回もエサを与えている時間がない」というのが現実です。その場合は、自動給餌器を使用するという方法を取ることも視野に入れる必要が出てきます。

時間やエサの量などを飼い主さんがセットするだけという点がメリットとして大きいです。それでダイエットや肥満予防に繋がるのならいいですよね。

運動による対策

痩せるための必要な行動は、運動(体を動かすこと)が基本ですよね。運動のいいところは、カロリー消費と基礎代謝が上がることです。ダイエットに加え、太りにくい体を作ることができます。

運動は「1日の消費カロリーを増やす」にあたります。ただ、猫は長い時間運動することが不得意なため、1日に分けて運動を取り入れるようにするといいと思います。例えば、1回15分くらいの全身運動を日2~3回行うという感じです。特に上下運動はおすすめです。高いところへ登ったり下りたりすることがカロリーの消費に繋がります。

キャットタワーなどの上下運動ができるものを用意してあげることや、猫じゃらしなどで遊んであげるようにします。「キャットタワーは大きすぎるので部屋に置けない」という場合は、段差をつけるなどして、猫が飛び乗ったり降りたりするようにしてあげるだけでも大丈夫です。

また、散歩に連れ出してもいいでしょう(ハーネスとリードをしっかりつけましょう!)。近所をぐるっと一周するだけでも良い運動になるはずです。とにかく体を動かせる環境を用意してあげることが大切です。

そして、猫のおもちゃを使って走らせるのも十分運動になるでしょう。一緒に思いっきり遊べば飼い猫とのコミュニケーションにもなりますし、お互いのストレス解消にもなります。

猫も肥満になると、どうしても動くことが億劫になってきてしまうでしょう。そんな時こそ一緒に動いてあげれば猫もがんばれるはずです。ただ、運動は次のような症状や病気を持つ猫には向いていませんので、注意しましょう。

  • 関節に負担がある
  • 高齢な猫
  • 循環器系に異常がある
  • その他の疾患の治療中の猫

急激なダイエットは禁止!

急激なダイエットは禁止!

触診やBCS(ボディコンディションスコア)から、愛猫が肥満だと判断できた場合、注意しなくてはいけない点があります。それは急激なダイエットです。太っているから食事を抜く・回数を減らすなどをする飼い主さんがいます(獣医さんから聞きました)。

急激なダイエットは、愛猫の体調を崩してしまうだけでなく、命を落としてしまう危険があるのです。急激な食事量の減量や絶食が原因で、脂肪肝や糖尿病になってしまう子がいるそうです。

3日間何も食べないでいると、肝臓に脂肪が溜まってくるそうですので、「数日だから平気」という考え方をしないようにしましょう。

食事を食べないとお腹が空きますので、気性が荒くなったり、家捜しをしたりなどといった問題行動が先に起こります。このような問題行動が見られたら、食事環境の見直しが必要だということです。

総合栄養食の見直し(量や回数など)をしましょう。愛猫を危険から守るためです。

日頃からの肥満予防も大切です

日頃からの肥満予防も大切です

猫にはダイエットをするといった考えはないと思ってください。成猫になったら、飼い主さんが食事を管理して、肥満を予防するように心がける必要があります。今食べさせているキャットフードのパッケージには、1日に与える量がグラムなどでわかりやすく書かれていると思います。それを参考にします。

例えば、1日の摂取量目安が100gと書かれている場合、分けて与える回数で割り算して1回の分量を算出します。100gで日に4回与えるのなら、1回あたり25gとなります。

分けて食べることに慣れてくれれば、空腹で問題行動を起こすこともありません。そこに遊びを取り入れたスキンシップをすれば、肥満になる可能性は低くなるでしょう。

小分けにして与える最初の2~3日を乗り切ってください。ここで、おねだりされても、多く与えてしまわないように注意しましょう。飼い主さんにとっても乗り越えどころです。

食事制限の注意点

食事制限の注意点

肥満傾向にあるとわかったとき、飼い主さんとしては「食事制限」を行うことを一番先に思うでしょう。この食事制限は注意して行わないと、さまざまな問題点が出てきます。その注意点を挙げましたので気をつけて行ってほしいと思います。

鳴いてエサの要求をする

食事の制限をすると、鳴いてエサをねだることがあります。それもかなりしつこいので、根負けしてしまう飼い主さんも出てくると思います。

「ニャーニャー」鳴いて、ひどいと飼い主さんの後を追いかけ回して鳴き続けることがあります。また、飼い主さんの顔をのぞき込んで、「ご飯もらってないよ?」みたいな顔して鳴いて訴える子もいます(経験あり)。

このしつこさに根負けしてエサやおやつを与えてしまうと、愛猫に「鳴けばもらえる」ということを覚えさせてしまうことになります。

実家猫は、少し肥満気味との診断を受けて、食事制限をしたときのことです。よほどお腹が空いていたのでしょうか?帰宅する家族全員に玄関で出迎えて鳴いてエサを要求したようです。両親は食事制限を知っていたので無視したのですが、たまたま実家に帰ってきていた弟が与えたようで、「この人に鳴けばもらえる」を学習したようです(苦笑)

鳴き続けても一切無視してあげないようにしましょう。次の食事の時間まで我慢させることが大切です。かわいそうに思うことでしょう。でも愛猫の体のことを考えたら、与えてしまうことの方が良くないのです。

そして、食事制限のことは家族に伝えるようにしましょう。伝え忘れてしまうと、著者の実家で起こった失敗の二の舞になってしまいます。

盗み食いに注意

食事制限をしていると、「飼い主さんが追加のエサをくれないから自分でどうにかしよう」とします。飼い主さんが見ていない間に、キャットフードやゴミを漁って食べてしまうことがあります。猫の手が届かないところに保管したりゴミを外へ出したりしましょう。

自動給餌器を使っているような場合でもすき間に手を入れて器用に取り出すことがありますので注意が必要です。

また、多頭飼いをしている場合も注意が必要です。他の猫のエサを食べてしまうということが起こります。先住猫が食事制限になっている場合、後から来た猫はエサを譲ってしまう傾向にあります(経験あり)。こうならないように制限のある子は別場所でご飯にすることをおすすめします。

不妊手術をした子の場合

不妊手術をすると、肥満傾向になってしまうと言われています。同じ食事量でも食べっぷりが良くなる子とそうでない子がいるので一概にはいえませんが、体重が増える子が多いようです。うちにいる子たちも食欲旺盛になった子と、まったく変わらない子といます。食欲旺盛になってしまった子だけ、食事の量を管理しています。

不妊手術をした子には、獣医さんに聞いて量を決めるようにした方がいいかもしれません。極端に少なくし過ぎてもよくありませんので、専門家に聞くのが一番です。

停滞期と肥満再発

人間のダイエットでも同じことが言えるのですが、体重が減らなくなる停滞期が猫にもあります。それを知らないで食事量を減らしてしまうと、本当の空腹が襲ってきて、猫にとって大きなストレスとなることは間違いありません。

停滞期は数週間ほどでやってくると思いますので、様子を見ながら運動などを増やして代謝のバランスが整うようにしてあげましょう。
1ヶ月は様子をみるようにして、それ以降も体重の変化がない場合は、獣医さんなどに電話で相談してみるようにしてみましょう。

肥満の再発は、気を抜くことでびっくりするほどあっという間に起こります。気がついたら「肥満体重に戻っている!」なんてことになります。病気によって体重が増えてしまうこともありますが、健康である場合は、また食事制限を最初から行わなくてはなりません。

管理不足にならないように注意しましょう。盗み食いなどで過剰に食べてしまうようなことがあれば、今以上に体重が増えてしまうということもあります。無理な食事制限をさせてしまうことがないように、食べ物の管理をしっかり行うことは飼い主さんの責任です。

著者も失敗をしたことがあります。ダイエットフードを活用しながら食事の量を減らし、回数を多くしていたのですが、外出中におやつを見つけてしまったようで、すべてをたいらげていました。

またある日は、ふた付きのゴミ箱を漁ってしまったこともありました。また、他の猫のご飯を食べていたことも…。そのせいで、体重が減少するどころか増えてしまい、獣医さんに管理不足の甘さを指摘され、叱られてしまいました。

愛猫の体に負担をかけないように食事制限を行うつもりが、著者の管理が甘かったせいで体重が増えてしまうことになってしまいました。その後は、鍵付きの部屋にエサやおやつを入れ、出かける際はゴミ箱も鍵付きの部屋に移すか、ゴミを部屋に置かないように徹底しました。そのおかげで数ヶ月後には、標準値まで戻してあげることができました。

停滞期も再発も飼い主さんの方が焦ってしまうことですが、食べ物をしっかり管理してあげることで防ぐことができます。大変ですが愛猫の命を守るためには必要です。

まとめ

飼い猫が肥満という結果が出てしまったら、飼い主としては本当にショックです。でも、ショックという気持ちだけでいてもなんにもなりません。愛猫には健康でいてほしいと思いますよね。その気持ちを大切にして、肥満にならないようにしていきましょう。

飼い主が立ち上がらなければ、猫は本能の赴くままに食べてしまったり、ごろごろしてしまったりするだけです。太ってしまったという事実が判明したら、運動か食事のどちらかで様子を見ながらダイエットを進めていきましょう。

食事の量や食べるものに注意して、運動にも付き合ってあげましょう。しかし、病気など悪いところがある場合は、無理せず食事でダイエットをしてみましょう。無理なく痩せることが一番大切です!

また、今後は日頃から体重管理をしっかり行い、平均体重を維持できるように意識していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました