*

これでもう仲良し!なつかない猫を簡単になつかせる方法

      2018/01/21

これでもう仲良し!なつかない猫を簡単になつかせる方法

かわいい猫がいても、なついてくれない子っていますよね。警戒心が異様に強くて、自分のところには寄ってこようともしない子には、実はさまざまな原因があります。

そのことを理解してあげることを第一にしてみませんか。なつかせるためには、猫の性格や苦手とする「もの・こと」を知る必要があります!

最初はなつかない猫でも、時間さえかければなつかせる方法は簡単なので、ぜひマスターして猫と仲良しになりましょう。


猫には苦手が存在する

猫には苦手が存在する

猫は基本的にマイペースです。飼い主(人)に合わせるようなことはしません。そして苦手なことがあります。それは大きな音や構われることなどです。また、ニオイにも敏感であるため、嫌なニオイがすると感じた場合は寄って来ません。

以上のことから、

  • 声が大きい人
  • 猫が好きなので構い過ぎてしまう人
  • タバコや過剰な香水などの猫が嫌がるニオイをさせている人

など、猫にとっては近寄りがたい存在となってしまいます。

私は猫に構い過ぎてしまうため、実家の猫には嫌われている感じです。私が居間に入って近づこうとすると、起きている場合はたいていその場を離れます。(二階へ駆け上がっていきます…)

それ以外には、人間との間に何らかの怖いことがあった場合(叩かれるなど)、警戒心を強く持ってしまい、なつかせるまでに時間がかかります。

以前、虐待されていた猫を引き取ろうとしましたが、人間に強い警戒心を抱いており、近寄っただけで「シャー!」と威嚇されてしまいました。なつかない猫をなつかせるためには、時間も必要です。

参考:猫に好かれる方法!こんなことしてたら猫に嫌われちゃうかもよ?

なつかない猫をなつかせる方法

なつかない猫をなつかせる方法

飼い猫には早くなついて欲しいと思うものですよね。なつかせるためには、時間が必要と先ほど書きましたが、それ以外にもポイントがあります。

猫が近づいてくるまで待つ

猫は新しい環境に慣れるのにも時間がかかります。自分のニオイがしないところには、ある種の怖さを感じるのでしょう。ましてや、家族や仲間と引き離されて、たった1匹ぼっちになってしまったのですから、余計に怖さを感じているはずです。

だから、猫が近づいてくるまで待ちましょう。抱っこしたくなる気持ちをぐっとこらえていると、意外と早く寄って来ます。

猫の機嫌の良い時に撫でるところから始める

猫を撫でようとして手を引っかかれたりしたことはありませんか?機嫌が悪い時や食事中などはどうしても気が立ってしまっていますので、気持ちが良い部分を触ろうとしても噛まれたり、引っかかれたりします。

足にすり寄ってきた時など、寄ってきた時に撫でてあげましょう。ただ、いきなり抱き上げるようなことをすると嫌がりますので、まずは撫でるところからです。

参考:なんでそんなに怒っているの?猫が威嚇する理由とは?

猫を叱らない、叩かない

粗相をしたり、イタズラをしたりだと、強く叱ってしまいますよね。あまりにも強い叱り方をすると、近寄りがたくなってしまうようです。

悪いことをしたら叱るのは当然ですが、「コラ!」のような短い言葉で叱ります。その際、絶対に叩いたりしないことです。叩かれると恐怖を植え付けることになり、なかなかなついてくれなくなります。

以前、我が家に来たばかりの猫(オス:1歳:MIX)が粗相をしたせいで、毛が汚れてしまったことがありました。それでシャワーする際に、手が滑ってシャワーヘッドが猫の頭にぶつかってしまうというかわいそうなことが起こってしまいました。

猫にしたら私に叩かれたと思ったのでしょう。その後しばらくの間寄って来ませんでした。(その場で必死に謝って頭を撫でたのですが、遅かったようです…)

「指さし」をしてニオイを覚えさせよう

猫は、新しい場所では自分のニオイがしないと落ち着かないようです。うろうろしたり、あちこちニオイを嗅ぎ回ったりして自分のニオイを付けるような行動を取ります。なつかせるためにはニオイも大きな要素となりますから、飼い主のニオイを覚えさせる方法もとっていきましょう。

猫は突起物のニオイを嗅いでしまう習性があるのでしょうか。理由はよくわかりませんが、飛び出ているもののニオイを嗅ぐので、それを利用するワケです。

方法はとても簡単です。猫に向かって人差し指を出しましょう。「指さし」をするような感じです。ニオイを嗅ぎにきますので、猫が嗅ぎ終わるまでそのままでいましょう。そうやって何度かやっていくうちに、飼い主のニオイを覚えてくれます。この時に捕まえたりしないようにしましょう。(抱っこしたいオーラも出さないようにしましょう)

特に声を掛ける必要はありません。ニオイを嗅がせるだけでいいです。飼い主のニオイを覚えれば、自ら寄って来ます。子猫もこの方法だとすぐに来ますので、早くなついてくれると思います。

最終手段としては、これを使えばイチコロです。(笑)

 

まとめ

仲良しになる方法まとめ

猫をなつかせたかったら、『あせらない・音に気をつける・無理強いをしない』を守りましょう。猫も人のことを怖がっています。安心させることができたら、早い段階でなついてくれます。かわいいからといって、私のように抱っこしすぎたり、追いかけたりしないようにしてくださいね。

子猫は意外と早い段階でなついてくれますが、外で生活をしていた猫は特に時間がかかります。飼い主の優しさで人への恐怖を打ち砕いてあげてほしいと思います。

ぜひ愛猫と仲良しライフを送って下さいね!

こちらも併せてチェック!




  関連記事

人に換算して何歳?猫の年齢と寿命を把握しておこう!

猫を飼育する上で「人に換算すると何歳なのか?」という猫の年齢や、平均寿命に関してもある程度は把握しておきましょう。その年齢に合わせた飼育方法が必要となってきます。

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

家具はやめて~!猫の爪とぎのしつけ方とおすすめ爪とぎ器

猫の習性のひとつに「爪とぎ」があります。放っておくと部屋中の家具などでガリガリやっちゃいますので注意が必要です。ここでは猫の爪とぎの意味・理由としつけ方、そして口コミで人気のおすすめ爪とぎ器をタイプ別に紹介しています。

猫の習性なの?段ボール箱や紙袋の中など「狭いところが好き」な理由とは?

猫はご存じのように「狭いところ」が大好きです。段ボール箱や紙袋の中など、あらゆる狭いところに身を寄せています。ここではそんな猫の習性を、飼育やしつけで利用する方法も紹介しています。

なんでそんなに怒っているの?猫が威嚇する理由とは?

さっきまですごく機嫌が良かったのに、突然怖い顔して「シャー」と飼い主を威嚇してくる時があります。飼い猫が怒ったり威嚇する理由について紹介します。

猫にはどんなケージがおすすめ?居心地の良い環境を作るための注意点

猫にはどんなケージがおすすめ?居心地の良い環境を作るための注意点

猫を室内飼育する上でケージに入ってもらうという状況も出てきます。猫にはどんなケージがおすすめなのか、また、ケージに入れる際の注意点も併せて紹介します。

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道