*

猫の『目やに』には病気も?!その見極め方と正しい拭き取り方

      2017/07/25

猫の『目やに』には病気も?!その見極め方と正しい拭き取り方

キラキラしたかわいい猫の目に惹かれて、飼い始める人もいるというくらい、猫の目は印象的です。すごく癒やしてくれます。

しかし、猫の目は「目やに」が出やすいです。これはさまざまなものが原因となって出てきてしまいます。

「放っておいてしまうといけない目やに」もありますので注意が必要です!


目やにが出てしまうワケ

目やには、猫が健康かどうかを見極めるもの、バロメーターのようなものです。

たいていの猫に目やには出ます。

目やには、空気中に含まれるさまざまな成分(細菌・ウイルス・ほこり・空気中に漂っているゴミ・体の老廃物など)が涙の中に含まれて目の周りに付着したものです。

寝ている時にできやすいため、目やにが付着しやすくなっています。

健康な目やにであれば心配はありませんが、細菌やウイルスが原因で出てきてしまう目やには怖いです。

そういった目やには粘着性がありますし、色に特徴がありますので目安になるかと思います。

 

目やにの色に注意

目やにの色に注意

普段、健康な猫でも目やには出るという話をさせてもらいました。

日々、目やにの色に注目して、病院に行かなくてはいけない目やにの判断がつけられるように色別に分けてみました。

茶色~赤褐色系

猫の目に、茶色か赤褐色(チョコレートっぽい色など)をしていて、乾燥しているか、少しとろりとしている状態の目やには問題ありません。

健康な目やにです。つけっぱなしにするよりは、気をつけて取り除いてあげるといいでしょう。

黄色~緑系

こういった色の目やにで、形状がねっとりと膿のような感じで出ている場合、細菌感染の疑いがあります。

例えば、ケンカをしたりすると、猫は相手の目を狙いますので負傷することがあります。

そのため、こういった目やにが出てしまうことがあるのです。このような目やにが出た場合は、動物病院への受診が必要です。

私の猫もこういった目やにを出したことがあるのですが、さっと拭くだけで数日過ごしていました。

そのうちに目の周辺も赤くなりだし、明らかに「目の病気だ!」とわかってから受診したら、「もっと早くに連れてきてくださいね」と言われ、愛猫がエリザベスカラーを装着しなくてはいけない状態に…。

「相当不便だっただろうな」と今でも心にひっかかっています。

白っぽい色(クリーム色に近い)

こちらもねっとりした状態であれば、細菌感染が疑われます。

何らかの感染症にかかってる可能性がありますので、動物病院を受診しましょう。

ねっとりとした膿状の目やにが出ている場合は、素手で目やにを触ったりしないようにします。

できれば、目やにを優しく取って、獣医に見せるために持って行くようにします。

うっかり目やにを触ってしまったら、必ず石けんで手を洗いましょう。(できれば消毒も)


目の異常、チェックリスト

目の異常、チェックリスト

目には、病気に感染するだけじゃなく、アレルギーがあっても何かしらのサインが出ます。

そのためのチェックリストを用意しましたので、当てはまる項目はないか見て頂きたいと思います。

【チェックリスト】

  • 涙が出ていて、目やにが多く分泌されている
  • 目が赤く充血している
  • 目のまわりが赤く腫れている
  • 目やにが、膿のような感じに出ている
  • 猫が顔を洗う以外に目ばかりをこすったり、いじったりしている
  • 白目が黄色っぽい感じか、白く濁っている
  • 目の大きさ・色が普段とは違う

このどれか1つにでも当てはまることがあるのであれば、動物病院へ行って、受診されることをおすすめします。

治療が早ければ早いほど、治りやすいものですし、猫に負担をかけなくて済みます。

目やにの取り方

目やにの取り方

基本的には、ガーゼか化粧用のコットンをぬるま湯に浸して、そっと優しく目の周りをこすり取るようにします。

同じく湿らせた綿棒を使ってもいいですが、慎重に行いましょう。

ティッシュペーパー・人間用ウェットティッシュ・タオルなどはやめましょう。

特に人間用のウェットティッシュは、アルコールが含まれているものが多いため、猫にはよくありません。

 

目やには取れるかもしれませんが、目の周りや目自体を傷つけてしまうかもしれないことを第一に考えてくださいね。

痛い思いをさせたらかわいそうですから、この点だけは注意しましょう。私も最初はそんなことを知らずにティッシュで拭いていました。

でも、獣医に「目や目の周辺を傷つけてしまうから、ガーゼや化粧用のコットンで取るといい」と教えてもらい、今に至っています。

皮膚の敏感な部分は汚れる度にシャンプーをしてしまうと負担が大きいので、そういうところを拭いてあげるのに重宝します。

まとめ

初めて猫と生活をしてみて、一番心配になるのが目やにです。

毎日なにかしら付いていますので、「目の病気かも」と考えたりもしてしまいます。

でも、人間と同じように健康な状態でも目やには出ます。いつもと違う目の状態に気をつけていれば、安心して一緒に暮らせます。

異変を感じ、どうしても心配な時は、獣医に相談しましょう。

目頭が痛々しい…猫の涙やけの原因と予防方法は?

これは怖い…飼い猫の目の病気に気を付けよう!




  関連記事

猫が毛玉を吐いた!?猫草などで毛玉対策をしてあげよう!

猫が毛玉を吐いた!?猫草などで毛玉対策をしてあげよう!

猫を飼い始めて、突然の嘔吐によって吐き出される毛のかたまりを見たら、飼育初心者さんはきっと驚くと思います。この毛のかたまりの正体はグルーミングで飲み込んだ毛。これは毛づく

外耳炎になってしまうことも!?猫の耳掃除の必要性とやり方

猫の耳掃除をやってあげずにほったらかしてしまうと、外耳炎になってしまうこともあります。ここでは猫の耳掃除の必要性とそのやり方について紹介しています。

これは要注意!子猫がかかりやすい代表的な病気リスト

これは要注意!子猫がかかりやすい代表的な病気リスト

子猫のうちはまだ免疫力が弱いため、様々な病気にかかりやすいとされています。ここで子猫がかかりやすい代表的な病気とその対策をご紹介します。

楽しいだけじゃない!?飼い猫とのスキンシップは病気の早期発見にも!

なでなでしたりマッサージしたり、おもちゃで一緒に遊んだり…猫とのスキンシップはとても楽しいものです。他にも健康管理や病気の早期発見などのメリットもあります。

猫を飼う前から検討しよう!入っておいた方が安心のペット保険

猫がいざ病気にかかってしまった時に安心なのがペット保険です。もし加入していないと大変なことになってしまうことも!ここでは猫のペット保険について詳しく紹介します。

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道