猫の目やにの原因と目の病気の見極め方!涙やけにも注意しましょう

猫の目やにの原因と目の病気の見極め方!涙やけにも注意しましょう

キラキラしたかわいい猫の目に惹かれて、飼い始める人もいるというくらい、猫の目は印象的です。すごく癒やしてくれます。しかし、猫の目は「目やに」が出やすいです。これはさまざまなものが原因となって出てきてしまいます。

「放っておいてしまうといけない目やに」もありますので注意が必要です!

この記事では、猫の目やに、目の病気、涙やけについてまとめていきたいと思います。猫の目の病気は怖いです。飼い主が気をつけてあげなければ視覚を奪ってしまうことだってあるからです。そんなことにならないように初期症状のうちに発見し、治療をしてあげることが大切になります。

猫はしゃべることができないので、普段から目の様子をみておくことが早期発見に繋がります。

スポンサーリンク

猫の目やにの原因

目やにの色に注意

目やには、猫が健康かどうかを見極めるもの、バロメーターのようなものです。たいていの猫に目やには出ます。目やには、空気中に含まれるさまざまな成分(細菌・ウイルス・ほこり・空気中に漂っているゴミ・体の老廃物など)が涙の中に含まれて目の周りに付着したものです。

寝ている時にできやすいため、目やにが付着しやすくなっています。健康な目やにであれば心配はありませんが、細菌やウイルスが原因で出てきてしまう目やには怖いです。そういった目やには粘着性がありますし、色に特徴がありますので目安になるかと思います。

目やにの色をチェック!

普段、健康な猫でも目やには出るという話をさせてもらいました。日々、目やにの色に注目して、病院に行かなくてはいけない目やにの判断がつけられるように色別に分けてみました。

茶色~赤褐色系

猫の目に、茶色か赤褐色(チョコレートっぽい色など)をしていて、乾燥しているか、少しとろりとしている状態の目やには問題ありません。健康な目やにです。つけっぱなしにするよりは、気をつけて取り除いてあげるといいでしょう。

黄色~緑系

こういった色の目やにで、形状がねっとりと膿のような感じで出ている場合、細菌感染の疑いがあります。例えば、ケンカをしたりすると、猫は相手の目を狙いますので負傷することがあります。そのため、こういった目やにが出てしまうことがあるのです。このような目やにが出た場合は、動物病院への受診が必要です。

私の猫もこういった目やにを出したことがあるのですが、さっと拭くだけで数日過ごしていました。そのうちに目の周辺も赤くなりだし、明らかに「目の病気だ!」とわかってから受診したら、「もっと早くに連れてきてくださいね」と言われ、愛猫がエリザベスカラーを装着しなくてはいけない状態に…。

「相当不便だっただろうな」と今でも心にひっかかっています。

白っぽい色(クリーム色に近い)

こちらもねっとりした状態であれば、細菌感染が疑われます。何らかの感染症にかかってる可能性がありますので、動物病院を受診しましょう。ねっとりとした膿状の目やにが出ている場合は、素手で目やにを触ったりしないようにします。

できれば、目やにを優しく取って、獣医に見せるために持って行くようにします。うっかり目やにを触ってしまったら、必ず石けんで手を洗いましょう。(できれば消毒も)

猫の目の病気チェック!

目の異常、チェックリスト

目は感染するだけじゃなく、アレルギーがあっても何かしらのサインが出ます。そのためのチェックリストを用意しましたので、当てはまる項目はないか見て頂きたいと思います。

  • 涙が出ていて、目やにが多く分泌されている
  • 目が赤く充血している
  • 目のまわりが赤く腫れている
  • 目やにが、膿のような感じに出ている
  • 猫が顔を洗う以外に目ばかりをこすったり、いじったりしている
  • 白目が黄色っぽい感じか、白く濁っている
  • 目の大きさ・色が普段とは違う

このどれか1つにでも当てはまることがあるのであれば、動物病院へ行って、受診されることをおすすめします。治療が早ければ早いほど、治りやすいものですし、猫に負担をかけなくて済みます。

代表的な目の病気

外で生活している猫によく見られるのが、涙目や目やにではないでしょうか。ひどいと目が充血をしてしまっていたり、目に膜が張ったりしていることだってあります。

こういった症状は、怖い病気の初期症状である可能性があります。ちょっとしたケガや病気が目に感染することで、失明してしまったり、視力低下を起こしてしまうようになるのです。目の病気は、ちょっとした油断が原因で進行してしまいますので、本当に注意が必要となります。

うちで飼っていた猫(当時6ヶ月:オス:MIX)は、迷い猫でした。うちで保護して動物病院などに預かっていることを張り紙をしていましたが、数ヶ月経っても連絡がなかったのでうちの猫になった子です。

その猫は、外から来た時にすでに涙が出ていて、目をこすっていました。どろっとした目やにも出ていたので、張り紙を貼るついでに獣医に診てもらったところ、結膜炎にかかっているとのことでした。目やにがひどくてかわいそうでした。(今は元気です!)

そのため、かかりやすい目の病気をピックアップしてみました。ご参考になればと思います。

結膜炎

まぶたの内側にある粘膜を「結膜」と言います。ここに何らかの原因で炎症を起こしてしまうことが「結膜炎」です。原因として考えられるのは、次の通りです。

  • 細菌やウイルスなどが入り込んでしまう
  • ほこりや異物が入り込み傷をつけてしまう

結膜が感染を起こしたり、傷ができたりしてしまうと炎症を起こしてしまいます。猫風邪やクラミジアなどが原因となってしまうこともありますので、予防接種が必要不可欠と言えます。

最初に気がつくのは、「最近よく目をこすっているなぁ」ということでしょうか。それくらい頻繁に目をこすります。それは、炎症を起こしているせいでかゆみや痛みなどの違和感を覚えるからです。

  • 目の周りが涙で濡れる
  • 黄緑っぽい色の目やに(どろっとしている)
  • 目をよくこする
  • 充血

こういった症状がみられたら、早めに受診することが必要です。ひどくなると発熱や鼻水などの症状を引き起こしてしまうこともあるからです。

うちの猫も黄緑っぽい目やにを出したことがありました。乾燥した目やにとは違い、膿っぽいのですぐにわかると思います。これが出ていたら、他に目の症状が出ていないか見てあげましょう。

猫が目を頻繁にこすっている姿を見たら、すぐに目を見てあげましょう。目やにや涙が出ているようなら、素手で触ることはよくありません。できるだけ手袋などをして目の周りを拭いてあげましょう。

そして、手当をしてあげたらしっかりと手を洗います。そうしないと、別な猫にうつってしまったり、なかなか治らない状態を作ってしまうからです。

スポンサーリンク

角膜炎

眼球の表面を覆っている透明な膜を角膜と言います。この角膜が何らかの原因で炎症を起こしてしまうことを「角膜炎」と言います。

原因は大きく分けて2つあります。1つ目は、「非潰瘍性角膜炎」と呼ばれる、内因性の角膜炎です。菌の感染やアレルギー反応、結膜炎などの他の病気が影響して起こしてしまうものなどが当てはまります。

2つ目は、「潰瘍性角膜炎」と呼ばれる、外因性の角膜炎です。猫同士のケンカ・こすり目・異物の混入などが原因となるものです。角膜に傷がついてしまうことで炎症を起こしてしまいます。

症状は、次の通りです。

  • 頻繁な瞬き
  • 光をまぶしがる
  • 涙と目やに(大量に出る)
  • まぶたの痙攣

頻繁に目をこするようなこともあります。わかりやすい症状ですので、目ばかり触ることや瞬きが頻繁だと感じたら、疑いを持ち、涙・目やにが大量に出始めるようになる前に受診をしましょう。

結膜炎と同様に手当に気をつけましょう。目の周りを触る時は優しく、濡れティッシュや濡らした柔らかいタオルを使ってください。悪化させないためです。

緑内障

緑内障は、眼圧が高くなることで視神経や網膜が圧迫されてしまい、視力障害などが起こる目の病気です。

眼球の内部で圧が高くなることが原因で発症します。感染症(猫伝染性腹膜炎・猫白血病ウイルス・トキソプラズマ症など)やケガなどによって発病するので、とても怖い病気です。急性と慢性があります。

急性の緑内障の場合、眼圧が急激に高くなるため、目に強い充血が起こります。光をまぶしがったり、角膜の色が変色をします。その他、元気がなくなって食欲も低下します。嘔吐する場合もあるそうです。(猫友談)

慢性の緑内障の場合、眼圧は徐々に高くなるので、眼球が大きくなったり、目の奥が異様に光るといった症状が出ます。飼い猫が緑内障になったという猫友は、「目をこすったり、頭を触ったりすると嫌がるから、おかしいと気づくよ」と話していました。

予防することは難しいそうです。ただ、早期発見ができれば、眼圧を下げることができる可能性があるので、目の様子がおかしいと思ったら、すぐに受診しましょう。自己診断は危険です。

流涙症

流涙症は、涙小管や鼻涙管といった器官が狭くなったり詰まったりすることで起こります。いわゆる「涙やけ」です。これに関しては次の頁で詳しく説明したいと思います。

猫の目の病気と関係の深い「瞬膜」について知っておこう

猫の目の病気と関係の深い「瞬膜」について知っておこう

瞬膜(しゅんまく)とは、まぶたの内側にある白い膜のことで、「第三のまぶた」と呼ばれているものです。瞬膜は、まぶたと同様の役割をしています。まぶたを閉じるときに瞬膜も一緒に出て眼球を覆い、保護する役割をしているのです。

ただし、普通のまぶたと違って、目頭や目尻から目の中央に向かって閉じます。普通のまぶたが上下するのに対し、瞬膜は左右に動きます。膜の色は白色で、それほど目立つ物ではありません。

瞬膜は、寝起きの猫の目(主に目頭)から見え隠れしていることがあります。また、白目をむいて寝ているという場面を見たことがあるかと思います。この白く見えるものも、瞬膜です。健康な猫であれば、起きてから少しすると見えなくなってしまいます。(気づきにくいのもこのせいですね…)

瞬膜の仕組みは、眼球と連動して、眼球が後ろに引っ込むと、自動的に瞬膜が閉じるようになっています。下痢をして脱水症状が起こった場合や、栄養状態が悪く眼球周辺の脂肪が痩せるような場合は、眼球全体が奥に引っ張られてしまいますので、瞬膜が閉じやすくなってしまうということもあります。

それ以外に、瞬膜が閉じるのは、眼球が傷つき激しい痛みがあるときや、何らかの原因で眼球の後ろ側の筋組織がけいれんをしているような場合です。眼球全体が後ろに引っ張られてしまうのです。

スポンサーリンク

瞬膜は突出することがある

健康な状態の瞬膜は、白っぽい色をしています。そして、何ともなく閉じますから、それほど気にしてみている飼い主さんは少ないのではないでしょうか。

ところが、瞬膜が炎症を起こしてしまうと、目から何かが飛び出て「目がおかしくなったのではないか!」と飼い主さんがビックリしてオロオロしてしまう状態になることがあります。瞬膜が突出してしまう原因をみていきましょう。

瞬膜が突出してしまう原因はいくつかあります。目に原因があって出てしまう場合と、体全体が不調である場合です。それ以外には、ストレスが関わっている場合もあります。

見分けは、瞬膜が突出が片目か両目かという部分で行うことができます。片目の場合は、目の病気やケガ、異物混入などが考えられます。両目の場合は、体調不良やストレス、先天性の疾患などが考えられます。

もう少し細かくみていきましょう。

瞬膜の炎症

炎症を起こしてしまうと、毛細血管が浮き出てきます。その際、炎症は瞬膜の内側(眼球側)で起こるため、しまうことができずに目の表面に出ている状態になります。

瞬膜の色も白色からピンクっぽい色(赤くなることも)になり、腫れてきます。例えば、結膜炎がそうです。結膜炎は、白目部分とまぶたの裏の膜に起こる炎症になります。初期の段階で気づかなかったり、飼い猫自身が目を擦りすぎたりして、悪化させてしまったときに瞬膜が突出してしまうのです。

著者の飼い猫(当時10ヶ月:オス:MIX)が、朝起きたら片目が突出していてビックリしました。瞬膜のことを知らないときでしたので、衝撃的としか言いようがなかったです。片目がほぼ全面白っぽい何かが飛び出ていて、はじめは目が出てきたのかと思いました。でも、愛猫はぐったりしているとかではなく、普通に歩いているし、ご飯も食べていますので、飼い主だけが大騒ぎという感じでした。

「とにかく怖かった」というのが正直な感想で、動物病院が開く時間になるのを待ってすぐに受診しました。(もう駆け込むという感じでした!)

獣医さんからは、結膜炎だと言われ、そのときに瞬膜のことを教えてもらったのです。目薬を出され、1週間~10日程度でまぶたを閉じることができるようになると聞きました。きちんと目薬をしていたら、1週間程度でまぶたが閉じられるくらいまで回復しました。適切に処置をすれば、治りますので安心して欲しいと思います。

白内障が起こっている

白内障は、眼球の水晶体が白くにごってしまう目の病気です。シニア猫に多くみられる病気というイメージが強いのではないでしょうか。白内障の症状は、視力低下です。そのため、ドアやおもちゃなどの障害物にぶつかりやすくなります。

進行していきますと、眼球が縮んだような状態になり、瞬膜が飛び出てくることが多いようです。(うちにもシニア猫が何匹もいましたが、瞬膜が出てくるところは見ていません。)

風邪を引いた

猫が風邪を引いてしまうと、ウィルスなどが原因となります。そのため、免疫力が低下し、さまざまな症状を引き起こします。猫風邪だと侮ってはいけません。
たとえば、発熱や食欲不振、下痢などの症状が出るような場合、角膜炎や結膜炎などといったウィルス性の目の病気が起こりやすくなります。目に症状が出てきてしまったら悪化させないことが大切です。悪化すると瞬膜が飛び出てくるなんてことが起こるからです。

鼻水が出ていたり発熱していたりという時点で、受診をしましょう。診てもらえば、何のウィルスにかかっているかがわかります。的確な治療ができるというわけです。

消化不良からの脱水

消化の悪い物を食べてしまったり、お腹の調子が悪かったりすると、下痢や体力の衰えが起こります。少しでも食べられていたり水分を摂れていたりすれば良いのですが、できない場合脱水症状が起こります。

脱水が進むと、眼球周辺の筋力が低下してしまうことがあります。目が落ちてくぼめば、瞬膜が出たままの状態になってしまうのです。目を守ることができないため、出たままというのは良くありません。脱水はそれほど怖いのです。

それ以外の原因

目の病気や体の不調が原因ではない場合、「飼い主さんができるケアで済む」か「獣医との相談が必要」かに分かれます。主なものについて書かせていただきました。

スポンサーリンク

飼い主さんができるケア

  • 栄養不良:エサの量が適量かどうか、嘔吐や下痢が続いて栄養が摂れていないなんてこともあります。食生活をチェックしてみましょう。
  • ストレス:何が強いストレス源となっているのかを突き止めなければなりません。愛猫が嫌がっているものや音、行動がないかを考えてみてください。

獣医との相談が必要

  • 慢性の疾患:獣医との相談が必要です。
  • 先天性の疾患:ブリーダーさんやペットショップに確認をしましょう。その後獣医さんと相談し、今後のことを話し合う必要があります。

著者は、10年以上かなりの数の愛猫たちと生活をしてきましたが、瞬膜が出てしまったのは、結膜炎を悪化させてしまった3匹(上記の猫含む)だけでした。ですから、普通の生活をしている分にはそれほど頻繁に突出するようなことはないかと思います。(疾患を持っているような場合は別の話になりますが…)

瞬膜は健康の目安です!

エサをしっかり食べていて、排泄もできていて、水分がしっかり摂れているようであれば、瞬膜の異常が起きるようなことほとんどないでしょう。

ちょっとした病気を放置して、悪化させてしまうようなことがありますと、瞬膜にまで炎症や異常が広がってしまします。しかも瞬膜の放置は失明を招いてしまうことにもなりますので、早い段階でも治療が非常に大切です。

目を擦っているようなことなど、いつもと違う行動を見せた場合は、自己判断は禁物です。できるだけ早く受診しましょう。目は、本当に大切です。失明してしまうようなことが起これば、飼い主さんも大変ですが、話すことのできない愛猫はもっとつらいはずです。そんなことにならないように注意してみてあげてほしいと思います。

愛猫が顔を洗っているだけなのか、目を擦っているのかを観察・判断ができるのは飼い主さんだけです。著者のように、軽度の結膜炎を見逃して瞬膜が飛び出してしまうようなことにならないようにしてくださいね。

涙やけについて

涙やけについて

猫の目の周辺には、濡れている傷っぽいものがみられることがあると思います。これは涙や目やになどが継続して流れるため「涙やけ」と呼ばれる状態に。これは放っておくと目にとってはよくありません。原因を知って予防ができるようにすることが大切です。

拾ってきた猫や、譲渡会などでもらってきた猫でも目やにが出ている子がいます。この子達の目やにや涙を放っておくと、目の周りの毛が常に濡れて汚れたような状態になり、やがて涙やけになってしまいます。

目の病気は移りやすいので、よく見てあげましょう。この涙やけは、『流涙症』というものです。病気や涙腺の異常などによって常に涙が流れている状態です。涙小管と鼻涙管というくだが細くなっていたり、詰まったりするために起こります。目と鼻はつながっているため、うまく分泌されないと起こってしまいます。涙がきちんと流れなくなってしまうため、目頭からあふれ出るようになってしまいます。

刺激物(ガス・煙など)が原因となって、涙の分泌量が増えてしまい起こる場合があったり、猫種によっては涙やけがでやすい種類もいます。エキゾチックショートヘア・ペルシャなどは先天的にこの病気を持っていることがあります。

この流涙症は病気の一種ですので、ちゃんと手当てをしてあげないと、結膜炎や角膜炎などの病気を引き起こしてしまう原因とになります。涙やけがひどくなり、悪化してくると、光をまぶしがってまばたきをたくさんするようになったりします。ニオイなどでも涙がひどく出てしまうこともあるようです。

涙やけが見られたら…

涙やけは最初目頭からハの字(両目の場合)になって流れ、徐々に目の周りが濡れるようになっていきます。流れ続けるため、どうしても常に毛が濡れている状態になるため、茶褐色に変色がします。

そのうちに、目やにが出るようになり、目の周り全体が汚れているような状態になってしまいますので、清潔にしてあげることが大切です。

涙やけがある場合は、涙を拭いてあげることと、目を擦らせないようにすることが必要です。感染が起こったりして余計に悪化させてしまうことがあります。目はできるだけ早いうちに治療を受けさせ、清潔にして予防してあげることが大切です。子猫やなりやすい猫種を飼っている場合は特に気をつけましょう。

スポンサーリンク

涙やけの予防方法

予防するためには、目の周りを清潔にして、涙を拭き取って目やになどがある場合はそれらもしっかり拭き取ることが大切です。ティッシュでは痛いですし、ガサガサしているので目を傷つけてしまう可能性が高いので、濡れティッシュや濡らしたガーゼなどを使います。

取る時は、猫の体をしっかり押さえてください。嫌がるため体をよじって逃げ出しますし、引っかかれることもあります。痛みがあったりすると、暴れることがありますので注意してください。

私も、涙やけの状態の飼い猫についている涙や目やにを拭いてあげましたが、うっかり手を緩めてしまうと、引っかかれてしまいました。傷口が化膿してしまうこともありましたので、注意が必要だと思い知らされました…。

また、目やにや涙を拭く場合は、飼い主は使い捨て手袋をしたりして、なるべく素手でやらないようにした方がいいと思います。素手でやってしまった場合は、よく手を洗いましょう。

涙やけはどう治療する?

治療は、目や鼻の病気を治療することから始めます。ひどい時(飼い猫経験有り)は、くだの洗浄をしたりすることもあります。また、点眼薬などが処方されますので、それをつけてあげます。

私も以前子猫を拾ってきたことがあります。真っ白な猫でした。顔を見たら目やにも涙やけもしていて、かわいそうな感じでした。すぐにかかりつけの動物病院へ連れて行き、状態を診てもらったということがありました。

まぶたが腫れていることもあり、結膜炎と診断されました。完治するまで1ヶ月ほどかかったと思います。飼い主は、目薬を差した後もしっかり手を洗うことが必要です。または、使い捨て手袋(ラクテックスなど)を使いましょう。

涙やけを起こしやすい猫種

血統猫の中には、涙やけを起こしやすい種類がいます。

  • ヒマラヤン
  • ペルシャ
  • エキゾチックショートヘアー
  • バーミーズ

など。こういった猫たちに共通しているのが、「鼻がつぶれていて目が大きい」ことです。鼻がつぶれていると、涙小管と鼻涙管が短くなっているため、どうしても涙が溢れるように出てしまうようになってしまいます。

「鼻がつぶれていて目が大きい」という特徴を持っている猫は、涙やけにならないように常に気を配りましょう。

猫の涙やけを侮ってはいけないと思っています。猫も目を拭うことが多いので、かゆみや違和感があるのだと思います。人間だって目に何か入ろうものなら痛みや違和感で擦ってしまいますよね。

猫は訴えることができません。涙をたくさん流していたり、目の下の毛が涙でぬれていたり、茶色くなっていることなどに気づいたら、すぐに獣医師の診察を受けることをおすすめします。

そして、目の周りを清潔に保つように、手を貸してあげましょう。早い段階で手だてをすれば、悪い病気にかかってしまうことも少なくなるはずです。

では最後に、目やにの取り方を紹介してこの記事を終わりたいと思います。

目やにの取り方

目やにの取り方

基本的には、ガーゼか化粧用のコットンをぬるま湯に浸して、そっと優しく目の周りをこすり取るようにします。同じく湿らせた綿棒を使ってもいいですが、慎重に行いましょう。

ティッシュペーパー・人間用ウェットティッシュ・タオルなどはやめましょう。特に人間用のウェットティッシュは、アルコールが含まれているものが多いため、猫にはよくありません。

目やには取れるかもしれませんが、目の周りや目自体を傷つけてしまうかもしれないことを第一に考えてくださいね。痛い思いをさせたらかわいそうですから、この点だけは注意しましょう。私も最初はそんなことを知らずにティッシュで拭いていました。

でも、獣医に「目や目の周辺を傷つけてしまうから、ガーゼや化粧用のコットンで取るといい」と教えてもらい、今に至っています。皮膚の敏感な部分は汚れる度にシャンプーをしてしまうと負担が大きいので、そういうところを拭いてあげるのに重宝します。

まとめ

猫と生活をしてみて心配になるのが目やにです。毎日なにかしら付いていますので、「目の病気かも」と考えたりもしてしまいます。でも、人間と同じように健康な状態でも目やには出ます。いつもと違う目の状態に気をつけていれば、安心して一緒に暮らせます。

今回紹介させていただいた目やにの原因や目の病気は、気をつけてないと1度はかかってしまう可能性のあるものです。菌やウイルスが原因で起こる病気に関しては、予防接種をすることである程度は抑えることができます。定期検診で早期発見できることもあります。

それだけでなく、譲渡会などでもらってくる場合にも注意が必要です。もらわれてくる時にはすでに感染していたなんてことも多くあります。(ペットショップなど猫が多くいる場所も同じことがいえます)

いずれにしても、目の病気は怖いものですから早期発見・早期治療に入れるように普段から猫の様子を見ておくことが大切だと思います。異変を感じ、どうしても心配な時は獣医に相談しましょう。

併せてこちらもチェック!

猫の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。