*

これはやっちゃダメ!猫が嫌がること6選

      2018/03/30

これはやっちゃダメ!猫が嫌がること6選

猫は、性格上、自由奔放なところがあるため、嫌がるポイントが結構あります。その中でもこれはやったらダメ!というものをご紹介します。

やってしまうと、私のように引っかかれたり、シャーと言われたりしますよ。愛猫なのに寄ってこなくなってしまうなんてこともありますので、ご注意ください。


濡れること

濡れること

動物全般的に言えることかもしれませんが、濡れることが大嫌いです。ちょっと濡れてしまった程度ならタオルドライで大丈夫です。シャンプーをする時は気をつけなくてはなりませんので、個人的にはペットケアの専門店へ行かれることをお勧めします。

以前飼っていた猫(成猫)に牛乳がかかってしまったことがあり、シャンプーさせようとシャワーをかけたら、引っかかれてしまいました。でも、何とかしないといけないと思ったので、引っかかれながらもシャンプーをしました。

その後、私を見るたびに「ぷいっ」といなくなってしまうようになったのは言うまでもありません。子猫から飼う場合は、慣らすために自分でシャワーをしてあげても大丈夫です。毎月洗ってあげるうちにシャワーに慣れてくれるでしょう。そうすれば、私のように引っかかれたりすることもなくなります。

参考:猫のシャンプーはどれがおすすめ?洗い方や頻度もおさらいしよう!

大きな音

大きな音

大きな音や声にはかなりびっくりします。掃除機やドライヤーなどの音の大きなものだけでなく、大声を出すことにもビビって、毛が逆立ってしまうこともありますので要注意です。

だからといって、「掃除をするな」「髪を乾かすな」と言っているわけではありません。飼い主の日常生活を変える必要はないのです。その音がすれば、おのずとどっかへ移動します。

嫌いな音にも種類があり、低くて大きい音が一番ダメなようです。動物のうなり声などがこの「低くて大きい音」にあたります。これが不安を与えますので、こういう声を出さないようにするのは大事かと思います。大声で猫の名前を呼んだり、叫んだり、手を叩いて呼ぶのはやめましょう。

見つめすぎないこと

見つめすぎないこと

かわいいとつい、見つめたくなっちゃいますよね。でも、猫からしてみれば、見つめる=獲物として狙いを定めることと同じなのです。だから、抱っこしていても首を背けたりする行為をするのでしょう。時には「ウザい」と思われていることもあるかもしれません。笑

抱いていても視線を若干そらしていた方が猫には好感を持ってもらえます。私は猫にとって嫌がることだと知らず、見つめて愛情を伝えているつもりでした。しかし、まったく逆のことをしていたのだとわかり、それ以来は視線を外すようにしています。

逆に子猫の場合は、目線を合わせると遊んでくれるのかと思い、突進してきたりいきなり噛んだりしますので、ケガにご注意ください。

参考:猫に好かれる方法!こんなことしてたら猫に嫌われちゃうかもよ?

強いニオイはNG

強いニオイはNG

香水・ニオイのきつめな柔軟剤及び洗剤、タバコ、柑橘類のニオイが嫌いです。猫は自分のニオイをマーキングして安心したいところがあると以前書きました。それが関与していると思われます。

強いニオイが飼い主からしていたら、自分のニオイを感じることができないことは、おわかりになると思います。そうなれば、安心できずに飼い主に近づくことができなくなってしまいます。

それにストレスを感じて、問題行動を起こすこともありますので、ニオイには気をつけましょう。消臭剤などをまくときは、猫を別なところに移してからまくなどの配慮をするといいでしょう。

猫は、周囲の臭いニオイを見つけるとかぎます。そして変な顔をします。調理に使ったレモンの皮を床に落としてしまったとき、ニオイを飼いだうちの猫は変な顔をしていました。

それ以来、臭い靴下、雑巾、ミカンの皮など臭い物をかぐと変な顔を見せてくれます。(苦笑)

参考:猫の嫌いな匂い5選!嗅覚が敏感だからこそ気をつけてあげよう!

部屋の臭い対策はこちらもチェックしてみて下さい。

参考:部屋中に猫臭が蔓延!?猫と心地良く暮らすために必須な臭い対策とは?

トイレが汚いまま

トイレが汚いまま

猫用のトイレはできるだけきれいにしてあげましょう。猫は元来きれい好きな生き物です。自分のテリトリーのトイレが汚れていると、トイレとして使わなくなって、違うところで粗相をするようになります。

出かける前や帰って来てからの2回は、猫用トイレをきれいにしてあげましょう。

砂の中から固まった排泄物を取りのぞきます。砂が足りないときは足してあげましょう。月に1度のペースでトイレを洗ったり拭いたりして綺麗にすることも大切です。

 

参考記事

しつこくすること

しつこくすること

猫は自由奔放で、自分の気分で動くことが多いです。そんな性質の猫にかまい過ぎれば嫌われます。確かにかわいいのでかまいたくなってしまうのはわかります。(私も嫌われてしまうところまでやりました…。)

でも、遊んでほしくなったら自分から来ますので、食事やトイレ、睡眠中は放っておきましょう。

猫にも人間と同じようにパーソナルスペースが存在します。パーソナルスペースとは個人的空間のことで、他人に近づかれると不快に感じる距離のことを言います。

なついてきたら、その距離も縮まりますから、それまで待ってあげて欲しいと思います。

 

参考記事

まとめ

猫は自由奔放な性格なので仕方のないことではあります。それに、人間がよかれと思ってしたことでも猫にとっては不快に感じてしまうというものもあります。

今回紹介した猫の嫌がることをやらなければ、そんなにひどく嫌われてしまうことはないと思いますので、猫初心者の方にはその辺りを注意して猫をかわいがってあげて欲しいと思います。

猫のご機嫌をとる方法としては、やはり今のところこれ以上に喜ばせられる手段はないと思います(笑)

 

参考:猫のおやつにおすすめ?いなば食品『CIAOちゅ~る』の口コミ評判は?




  関連記事

絶対に切っちゃダメ!猫のヒゲにある大切な役割とは?

昔から猫のヒゲは絶対に切ってはいけないと言われています。その理由は、猫のヒゲには人間にはない大切な役割があるからです。間違っても切らないように注意しましょう。

犬と猫の性格の違いは?一緒に飼っても仲良しでいてもらうための注意点

犬と猫の性格の違いは?一緒に飼っても仲良しでいてもらうための注意点

犬と猫、どちらを飼おうか悩んでいる飼育初心者さんもいますよね。余裕があれば一緒に飼うというのも有りです。ここで犬と猫の性格の違い、一緒に飼っても仲良しでいてもらうための注意点を紹介!

命の危険性も!?「猫にまたたび」っていうけれど、実際に与えるとどうなっちゃうの?

「猫にまたたび」っていうけれど、実際に猫に与えるとどうなってしまうのか?ここでは、猫とまたたびの関係について、その効果や使い方、危険性などについても併せて紹介します。

暴れないで~!猫の爪切りのやり方と大人しくさせるコツとは?

暴れないで~!猫の爪切りのやり方と大人しくさせるコツとは?

飼育初心者にとって猫の爪切りはとても大変です。暴れないようにするにはどうしたらいいのか?爪の切り方と注意点、大人しくさせるコツを紹介します。

部屋中毛だらけに!愛猫の抜け毛対策と効果的な掃除の仕方

猫を飼い始めて、最初に気になる部屋の状態と言えば、毛があちこちにつくことだと思います。これは猫を飼っている人なら誰もが抱える問題の1つです。 人間の体毛も同じですが、部屋

  • 犬好きさんはこちらもチェック 犬と歩む道