猫は抱っこされるの嫌なの!?上手に抱っこして好きになってもらう方法

猫は抱っこされるの嫌なの!?上手に抱っこして好きになってもらう方法

猫って抱っこして喜ぶ子すぐに逃げ出してしまう子と分かれると思うんです。実際に飼った猫達が半々でしたから。

だからといって全く抱っこしないということは、猫好きにとって酷なことですし、猫の体形や体調の変化を感じ取るという面でもマイナスなのではないかと考えています。

上手に抱っこしてあげれば、苦手な猫でも好きになってくるのではないかなと思います。飼い主の方でも抱き方を工夫してしましょう。

スポンサーリンク

猫は抱っこが好き?嫌い?

猫は抱っこが好き?嫌い?

私の経験上、「抱っこが好き」という猫よりも「抱っこが嫌い」という猫の方が多かったです。きっと自由を好む動物だから仕方がないのかもしれませんね。

以前読んだ雑誌の中に、猫が抱っこを嫌がる理由が紹介されていました。

抱っこを嫌がる理由

  • 体が不安定になるから
  • 抱っこされることに嫌な経験があるから
  • 無理やり抱っこしようとするのが怖いから
  • 飼い主から嫌な匂いがするから

確かに、一理あるのではないかと思いました。抱っこされたときに体が不安定だと、逃げようとします。人間も同じですよね。ある種の怖さを感じますから当然です。無理矢理抱っこしようとするのも、人間の身勝手さを猫が見抜いてしまうのでしょう。

匂い、これは嗅覚が人間よりも鋭い猫にとっては拷問に近いかもしれません。特に男性の汗の匂いは攻撃性を感じるようですし、化学製品の匂いはたまらなく嫌でしょう。

抱っこ自体が嫌いなのではなく、抱き方や猫が苦手とするものを排除してあげれば、抱いた途端に暴れる、逃げるなんてことがなくなるのではないかと思います。

抱っこが好きな理由

抱っこが嫌いな子もいれば、抱っこが大好きでおねだりしてくる子もいます。おねだりするくらい好きな子は、甘えん坊な性格の持ち主に多いようです。

飼い主さんを親のように慕っている

子猫の時から飼っている場合によく見られるのが、飼い主さんを親だと思っているパターンでしょうか。
小さい頃からご飯をもらって、遊んでもらってとまるで親子のような生活をしていると、甘えというか強い信頼感が生まれるのだと思います。

実家で飼っている保護猫は、子猫の時から飼っているため、1匹は父に1匹は母にべったりです。家のどこに行くにもついて歩き、座れば抱っこをねだっています。抱っこされたら気持ち良くてそのまま寝てしまう状態です。

ここまでなついているというのは、親のように慕っているせいだと思います。強い信頼関係が結ばれている証拠でしょう。

ぬくもりがほしい

抱っこされると暖かいですよね。人でも思うことですから寒さが苦手な猫はもっと考えると思います。飼い主さんといれば暖かいことを知っているので、一緒にいたい抱っこされていたいと思うのでしょう。

著者宅の猫のうちの1匹は、寒い時期になるとこたつの中で暖をとっていますが、飼い主が帰宅し座った途端に膝の上で座り、「抱っこしろ」と言わんばかりに胸のあたりに手をかけて鳴きかけてきます。抱っこするまで鳴いて訴える感じです。抱っこされると安心したのか鳴き止みそのまま寝てしまうこともしばしばです。

スポンサーリンク

猫を抱っこしたかったらやってはいけないこと

猫を抱っこしたかったらやってはいけないこと

愛猫を抱っこしたいのであれば、次のようなことはやらない方がいいでしょう。猫の都合や状況を考えず、飼い主の都合や気持ちばかりを押しつけていませんか。それだと今以上に嫌がられてしまいます。

しつこくする

猫は自由を好む動物ですから、しつこくされることを嫌います。遊びたいときやゆっくりしたいときなど気分によって違うようです。そこにしつこくすると、抱き上げても逃げていきますし、飼い主さんに近寄ること自体に「何をされるんだろう」という気持ちを持ってしまう可能性があります。

抱っこしたくても、猫が甘えてくるまで待ってから抱き上げるようにすることをおすすめします。信頼関係が希薄になってしまわないためにもその方がいいでしょう。

著者もしつこく抱っこして、飼い猫に嫌われそうになったことがありました。「何で逃げるんだろう。抱っこが嫌いなのかな?」と悩んでいました。それで猫の定期検診の時に、動物看護師さんに相談したところ、「飼い主さんの都合で抱っこを強要するのではなくて、猫が寄ってきてから抱っこするようにした方がお互いうまくいきますよ。」と教えてくださいました。

その時からしつこくするのをやめて、愛猫の甘えを待つようにしています。しつこくするのをやめたら、甘えてくることが多くなったような気がします。

寝ているところを邪魔する

愛猫の寝姿ってかわいくて、つい抱っこしたくなりますよね。自分の側に置きたくなる気持ちもわかりますがこれも猫にとっては嫌なことのようです。

人間も気持ち良く寝ているときに邪魔をされたら嫌ですよね。猫も同じ気持ちではないでしょうか。特に成猫は嫌がると思います。場所を変えてしまうでしょう。飼い主さんが普段来ないような場所で寝て、ご飯の時くらいしか出てこなくなってしまいますよ。愛猫が寝ている時は、撫でるくらいまでにおさめておきましょう。

大きな音・声に注意

猫は大きな音や声が苦手な生き物です。抱っこする際に大きな音がしているような場合は、猫が逃げようとしますので、引っかかれるおそれがあります。注意してください。

テレビやスマホの音量を下げておくなどしましょう。工事などが外でおこなわれているような場合は、静かになる時間帯まで猫を自由にさせておくことをおすすめします。音がしなくなったら自然と出てきます。そして側によってきますので、それまでは寂しいですけど猫の気持ちを優先してあげましょう。

大きな声で猫の名前を呼んでしまうようなことも注意です。大声は猫にとって恐怖を感じるものです。怒られていると感じて逃げてしまいます。

無理強い

猫が歩いている時などにいきなり捕まえて抱っこするようなことがあると、猫が驚いて逃げようとします。そこに飼い主さんが強く抱けば、さらに暴れてしまうでしょう。ですから無理強いはよくありません。猫も飼い主もケガをしたり、嫌な思いをしたりすることになってしまいます。

飼い主さんの足にすり寄ってきたときを目安に抱っこするようにしましょう。そして、嫌がる素振りを見せたらすぐに離してあげれば抱っこが嫌なものだと感じなくなっていくかもしれません。

抱っこをするための方法

抱っこをするための方法

一番良いのは、子猫(生後1~2ヶ月あたり)のうちから抱っこに慣れさせておくということだと思います。

そう思う理由として、猫の成長過程が関係していることがあげられます。生後3~7週間が経つと『社会化期』と呼ばれる時期に入ります。親猫や兄弟だけでなく、その他の動物や環境など、さまざまなものとの関わることで、適応能力を身につけます。

この時期から抱っこに慣れさせておくと、飼い主の抱き方を覚えます。性格的にスキンシップを好まない場合もありますので、よく観察しておかなくてはいけませんが、慣れさせることは大事だと思います。

その時期よりも大きくなってもらってきた場合も、やはり慣れさせることが大事ですし、性格の見極めも必要です。ただ、飼い主の抱き方に問題がある場合もあるので、その辺も自己確認が必要だと私は考えています。

飼い主によって、さまざまな抱き方があるでしょう。それに初めて抱っこする人にとってはわからない事が多いのではないでしょうか。

注意する点は、3つです。

  • 無理矢理の抱っこはしない
  • 抱っこするときは座って、お尻をしっかり支えてあげる
  • 優しくくるむようにして安定させる

不安定な状態で抱っこをすると、猫は危険を感じてしまいます。すぐに飛び降りてしまうでしょう。これだと、着地をするために爪を出していますので、飼い主もケガをする恐れがあります。猫のお尻が安定することを第一にして抱いてあげてください!

スポンサーリンク

成猫から抱っこを好きになってもらうために

子猫の時から抱っこしてかわいがっていれば、成猫になっても抱っこを嫌がるということはあまりありません。抱っこ好きな子になることもあります。しかし、成猫から飼い始めたような場合、これまでの人との関わり合いの中で人間と良い思い出がない可能性があって、抱っこを嫌がってしまう猫もいるようです。(スキンシップがあまりなかったなど…)

抱っこすると逃げたり暴れたりするような場合は、スキンシップを十分に取ることから始めましょう。一緒に遊ぶというより、ふれ合いを重視するのです。

いきなり抱っこするのではなく、最初は撫でるといった優しく触ってあげることから始めます。ほめたり撫でられたりすることに慣れると、自ら寄ってきますし、膝の上にも乗ってくるようになります。ここまでくるのに何ヶ月かかかると思いますが、根気よくやっていきましょう。

著者も成猫から飼ったことがあります。しかも保護猫で人には慣れているけど、警戒して寄ってこない子でした。優しく接して自分から来たときに撫でてあげて、1匹でいるときはそっとしておいての日々を1ヶ月、スキンシップの度合いを少し高めてさらに1ヶ月半くらいでしょうか。

その後、自分から膝に乗ってくるようになって、一緒に寝るようになって、その後抱っこができるようになったと記憶しています。信頼関係を築くまで4ヶ月程度かかったと思います。

無理強いをしたりしつこくしたりせずに、時間をかけて信頼関係を築いたら、成猫でも抱っこされることが好きになってきます。抱っこする時は、包み込むようにして体を安定させましょう。初めてのときは座った状態でおこなうとお互いに楽です。

抱っこするときの注意点

抱っこするときの注意点

抱っこされる側は、身動きが取れなくなってしまうことや、不安定さがあることに恐怖を感じてしまうのではないかと思います。ですから、いくつか注意したい点を紹介します。

嫌がったらすぐ離す

猫が抱っこを何らかの理由で嫌がった時、すぐに自由に降りられるようにしてあげましょう。その時にがっちり抱いて身動きが取れないようにしてしまえば、抱っこされることを嫌がるだけでなく飼い主さんへの信頼が揺らいでしまう可能性があります。

だから、猫が嫌がったらすぐに自由にするようにします。抱っこの恐怖感や飼い主さんへの不信感を持つことは少なくなるでしょう。それに逃げだそうとしたり暴れたりしてケガをしてしまうこともあります。

安定感のある抱き方をする

抱っこしたときに不安定だと猫は怖さを感じてしまいます。安定感のある抱き方をするためには、包み込むように抱くことがポイントとなります。猫の肩からお尻にかけて腕で支え、お尻から後ろ足付近を手でカバーします。赤ちゃんを抱っこするようなイメージです。

飼い主さんが猫に体をくっつけてあげると安心感が増すように思います。(心音が聞こえるからでしょうか…)

慣れないうちは、座った状態で抱っこするようにしましょう。膝の上に乗ってきたときに抱っこするような形をしていくと、猫も抱っこされやすく安定感も得られやすいと思います。

スポンサーリンク

これをやったら「やめて!」のサイン

猫は気まぐれだったり、自由奔放なところがありますので、抱っこが上手でもぷいっといなくなってしまうこともあります。こんな行動を取っているときは、抱っこを嫌がっているサインですので、参考にしてみてください。

  • 体をこわばらせている
  • 抱っこしたら手足を突っ張る
  • 耳を外側に向けて伏せる
  • しっぽをブンブン振っている
  • 抱っこしたらじたばたして暴れる

このような態度の時は何かあるのですから、抱っこしたくても我慢しましょう。

私はしっぽを振っているときに、「喜んでいる」と勘違いをして抱っこしてしまい、じたばたと暴れ引っかかれてしまいました。一番の抱っこポイントは、足元にスリスリしてきたときです。(長年の経験からこれは実感しております)

甘えてきたら抱っこのチャンス!

甘えてきたら抱っこのチャンス!

猫が甘えてきたらすかさず抱っこをしてあげましょう。ある程度大きくなってもらってきた猫などは抱っこに慣れていませんから、このチャンスを逃さずに徐々に慣れさせます。

最初のうちは、猫が嫌がって降りてしまうかもしれませんが、飼い主の優しい目と温かいぬくもりが好きになっていきます。

抱っこを好きにさせるためには、飼い主が積極的に抱っこばかりするよりも猫が甘えてきたときに抱っこを必ずするといった方法を取る方が上手くいきます。

絶対に大切にしてほしいのは、猫が嫌がったら無理強いをしないことです。そこに大切にしてあげれば、早い段階で猫も慣れてきますよ!

まとめ

猫にとっても飼い主にとっても抱っこは、大事なコミュニケーション方法であります。それを上手に取れるように、飼い主側から歩み寄ってあげることが一番手っ取り早いでしょう。

無理をしないように、やりすぎないように猫のタイミングを見ながら抱っこしてあげてください。安定感を大事にすることをお忘れなく!

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。

コメント

タイトルとURLをコピーしました