順応性の高い大型猫!メインクーンの性格と飼い方のコツ

順応性の高い大型猫!メインクーンの性格と飼い方のコツ

純血猫の中で一番の大きさを誇る『メインクーン』は、順応性が非常に高いため、最高のファミリーキャットとしても知られています。よく、「メイクイーン」と名前を間違われやすい猫でもあります。笑

メインクーンは飼いやすい点がピカイチなので、日本でもとても人気のある種類です。最近では人気ランキングでも必ず上位に入ってきます。小さなお子さんがいる家庭や、大人数の家庭などでも安心して飼うことができるメインクーンについてご紹介します。

スポンサーリンク

メインクーンの特徴

メインクーンの特徴

メインクーンの名前は、アメリカの「Maine(メイン州)」と「Racoon(アライグマ)」を合わせたものということです。風貌から「猫とアライグマの合いの子なのではないか」という伝説や、狩りの仕方がアライグマに似ているからなど諸説がいくつかあるようです。

メインクーンは、純血最古の大型猫と呼ばれているだけあって、太い骨格と筋肉質な体が特徴的です。最大で6キロ近くまで成長します。

耳は、根元から広く、先はピンと立っていて、先端にタフトがあるという特徴を持っています。北米の厳しい寒さに適応できるように、分厚くてなめらかな被毛が生えています。しっぽも同様で、他の猫よりは毛が厚めです。この種類は長毛種のみになります。(手触りはシルクのようです)

メインクーンの性格

メインクーンの性格は、穏やかで温厚です。しかも賢いので、しつけも楽に教えることができるという利点があります。体長が1m近くなる猫なので、怖い印象があるかもしれませんが、堂々としていますし、順応性が非常に高いです。

「最高のファミリーキャット」と呼ばれているくらい、他の動物や子どもがいてもストレスを溜めることなく一緒に生活することができます。メインクーンは、温厚で優しい一面だけでなく、活発な猫です。そのため、遊ぶ時は思いっきり遊びます。

スポンサーリンク

メインクーンの飼い方のコツ

飼い方のコツ

メインクーンなどの大型猫は、普通の猫と違って、成長が遅めです。(1歳を超えてもなお体は成長します!)キャットフードを成猫の物に変えるタイミングを間違えないようにしましょう。

また、大型猫ですから、食事の量はかなり多いと思っておいてください。普通の猫を参考にしていたら絶対に足りませんので、購入する際や、獣医さんに食事の量を相談したり聞いたりましょう。

そして、メインクーンは長毛種しかいません。そのため朝夕のブラッシングが必要です。しっかりやってあげないと、毛玉を飲み込んでしまったり、家中が毛だらけになってしまったりします。

メインクーンは、遺伝性の心疾患を持っている場合があります。注意しなければならない病気は、次のようなものがあります。

  • 肥大性心筋症
  • 脊髄性筋萎縮症
  • 多発性嚢胞腎

飼う時に、その心配がないかを購入先や動物病院で確認しましょう。遺伝子検査で発見できる病気もありますので、メインクーンを飼う場合は検査を受けておいた方が安心です。

メインクーンのしつけ方

大型猫ですから、ラグドールと同様に大きめのトイレを用意しましょう。自分の体がしっかり入って、ニオイを嗅いだりするスペースなどがないと安心して排泄ができずに他でしてしまうことになります。

床のニオイを嗅ぐ・掘るような仕草をみたらすぐにトイレに連れて行きます。そうして一度トイレの場所でできれば、あとは自分でできるようになります。(トイレしつけは最初だけ気をつければ、すぐにしつけられます!)

また、活発な遊びを好むので、留守中に壊されたくない物などがある場合は、出かける前に片付けていきましょう。そうしないと、好奇心いっぱいで遊びまくってしまいます。

帰って来たら散らかってしまっていたなんて、困りますよね。触られたくない物は、必ず片付けていきましょう。

価格&入手先

価格&入手先

メインクーンは、ペットショップかブリーダーさんのところから購入することになります。成猫であれば運が良ければ譲渡会などに出ることもあるでしょう。でもほとんどないと思っていた方がいいかもしれません。

価格は、純血猫の中でもお手頃な値段で手に入ります。子猫の方が高く、成猫に近くなっていくと金額が下がっていくようです。

スポンサーリンク

ペットショップ

ペットショップで購入する場合は、10~20万円程度と言われています。しかし、病気などの検査を行っていなかったり、気に入った毛色やパターンの子がいない場合もあります。

時々、値段の高い子を見かけることがありますが、値段が高いから血統のいい猫であるということはありませんので、その辺はよく話を聞いてみましょう。

ブリーダー

ブリーダーさんのところで購入する場合は、10万円前後で手に入るようです。しかし、この場合も、毛の色やパターンによって10万円を下回る子がいたり、25万円を超える子がいたりします。

疾患の件などもブリーダーさんが詳しく理解しているので、話をしっかり聞いてみるといいでしょう。検査の有無やワクチンの状態なども確認することをおすすめします。

まとめ

メインクーンは、とても愛らしくて毛並みもいい猫です。大きくなりますから小さい子とも仲良く遊ぶことができる間柄になることでしょう。

ただ、食事の量や毛の抜け具合などを管理してあげることを大事にして欲しいと思います。最初の健康診断の時は、遺伝子検査を追加するなどして、遺伝性の疾患がないかをみることも必要です。

なんともなければ、元気で長生きをする猫です。飼う場合は、大事にしてあげてください。

猫の種類
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。