命の危険性も!?「猫にまたたび」っていうけれど、実際に与えるとどうなっちゃうの?

命の危険性も!?「猫にまたたび」っていうけれど、実際に与えるとどうなっちゃうの?

よく、「猫にまたたび!」なんて言いますよね。そのようなことからも、一般的には猫の好きなものと勘違いをされやすいものです。後ほど説明しますが、猫にとってまたたびは麻薬のようなものです。だからこそ、またたびのことを詳しく理解してから与える必要があります。

実際のところ、猫にまたたびを与えるとどうなっちゃうのでしょうか?今回は、猫にまたたびを与えるとどうなるのかや、注意すべき危険性などについても併せてご紹介したいと思います。

またたびって何?

ペットショップやホームセンターなどに行くと、またたびの粉状になったものや液体になっているものなどが売られています。

加工される前は、落葉つる性の木です。別名「夏梅」とも呼ばれています。6~7月になると白いきれいな花をつけ、その後実をつけます。またたびの実は色が緑で形はドングリのようです。しかし効果の高いまたたびはドングリとはほど遠い、いびつな形をしています。

またたびは、マタタビラクトン・アクチニジン・β-フェニルエチルアルコールという成分が含まれていて、それに猫が反応を示すのです。木自体だけでなく、枝や実、葉にもその作用があります。

「またたび」って、そういう呼び名だったんですね。これらの成分には、猫科の動物にとって性的に興奮させる作用があり、「媚薬」と呼んでもいいくらいの力を発揮します。アルコール類ということからも、人間でいうお酒に酔っているような状態とでもいいましょうか。

市販されているものには、いくつか種類があります。

  • 粉末:またたびの実を乾燥させてから粉状に挽いてあります。
  • 木(枝):またたびの枝を噛みやすい長さにカットしてあるものです。
  • 実:実を乾燥させた実物が売られています。
  • 液体:またたびからエキスを抽出してあるものです。(スプレータイプなど)
  • 葉:乾燥させた葉です。(おやつ用)

与えるまたたびの形状によって効き目が強く表れるそうです。

  • 粉末→液体→実→枝→葉

上記のように、粉末が一番弱く、葉が一番強くなります。一番弱い粉末でも与える場合は0.5g以下にしましょう。用途によってさまざまな形態がありますが、いずれの形状においても『少量だけの使用』という点は必ず守りましょう。

猫にまたたびを与えるとどうなる?

猫にまたたびを与えるとどうなる?

猫にまたたびを与えると、8割の猫がハイな状態になります。ゴロゴロ言いながら寝転がったり、目を細めてよだれを流して眠ってしまったり、大暴れしケンカを仕掛け出すような猫もいるので、一概に「こうなります」とは言えません。

作用は20~30分程度のようです。ただし、子猫や妊娠中の猫には効果が薄いと言われています。私も実際に飼い猫に粉末状のタイプを与えてみたことがあります。ハイになったのはオスの成猫一匹だけでした。他にもオスの成猫はいましたが、ハイな状態になりませんでした。子猫は喜ぶどころか嫌がっていました。

また、去勢・避妊手術をした猫には、さほど効果はみられませんでした。またたびは食べさせるのではなく、ニオイを嗅がせるだけで効果が出るものです。かかりつけの獣医さんによると、枝や実や葉の場合も同じようにニオイを嗅がせるだけでいいとのことでした。「あまりオススメできない」とも言っていたのを覚えています。

なお、酔ったようなハイのような感じになる時間帯は猫によって大きく変わってきます。1分持たない子もいれば、数分間続いてしまう子もいます。その後は、何もなかったかのように普通の状態に戻ります。

効果が一時的なものであることがお分かりいただけたかと思います。またたびの良いところは、依存性がないところです。またたびが効いている間の状態はかわいい声で鳴きますし、甘えたような仕草をしますのでかわいくて面白いかもしれません。しかし、1日に何度も使うようなことはやめましょう。与えすぎは猫にとって体を壊してしまう原因になります。

ちなみに、これもまたたび並みにハイになります。笑

猫にまたたびの効果

猫にまたたびの効果

またたびにはさまざまな効果があります。上手に使うことができれば、危険性よりも効能を得ることが多いと言われています。また、先ほど書いた通り、依存性がありませんので、その点は安心して使えるのではないでしょうか。

ストレス軽減・解消

去勢・避妊手術をしていない子は、発情期がきてしまうと、外に出たがります。その場合は、発情した気持ちのやり場がないためにストレスを抱え込んでしまう状態になります。飼い主にも鳴いて、「外に出たいよ~!」と訴えることでしょう。

またたびには、猫の性フェロモンと似た効力がありますので、性的に興奮させて気持ち良くさせることができます。市販のものですと、少量で10~20分程度の効果が期待できるようです。

それ以外にも、日常で運動不足を感じる状態が続いていると、飼い主さんとしては肥満を心配しますよね。日常生活の中で上下運動ができるようであれば気にならないでしょう。

しかし、おもちゃに飽きてしまったり老猫になったりなどの理由がある場合は、またたびを少量だけ活用してみましょう。機嫌良く遊んでくれて運動量が増えるようです。コミュニケーションも取れますので一石二鳥となるでしょう。

リラックス効果

またたびというと「興奮する・ハイになる」という認識が強いかもしれません。実は著者もそうでした。しかし、ほんの少しの量だけを使うと、ハイな状態ではなく、リラックス効果があるようです。

猫友は、またたびの使い方が上手で、少量よりも少ない「ごく少量」を利用することがあるそうです。飼っている猫がゴロゴロと喉をならして寝転んでリラックスした状態になっているのを見たことがあります。ハイになっているのとは明らかに違いました。ゆるりとしていましたよ。

しつけ

またたびを利用して爪とぎなどのしつけに活用できます。ホームセンターなどで、段ボール素材の爪とぎなどに、またたびの粉末が付いているのを見かけたことはありませんか。しつけ用と文字が書かれて付属品になっていますよ!

爪とぎをする場所だということを認識させるためのようです。しつけができていないと、家具や壁、カーペットなどそこら中で爪を研ごうとします。ですが、爪とぎにまたたびを少量かけておくことで、このニオイのするところが爪とぎ場所だと条件付けます。初めの段階で行えばそこでしかしなくなります。

粉末を使ったことがありますが、効果が弱いかもしれません。そのおかげで、ソファーの裏側で爪を研がれてしまいました…。もしかしたら、スプレータイプの物の方が、覚えが早い可能性があります。猫によって違いますので、試してみてください。

食欲増進

夏バテや老化などが原因で、飼い猫の食欲が落ちてしまうことがあります。いわゆる食欲不振です。また、キャットフードを切り換えた時なども「食べてくれない」なんてことが起こりますよね。(フードの切り換えに失敗したときなど)

そんな時に、またたびの粉末タイプを餌の量に応じて、ほんの少量~少量程度を混ぜて与えます。そうすると、またたびの効果で食べてくれます。著者も試したことがありますが、ガツガツとはいきませんが、普通に食べてくれました。

ただし、食欲不振には病気が隠れていることがあります。続くような場合や、その他の症状が出ているような場合は、またたびの力に頼るのではなく、受診することをおすすめします。

水分補給

猫はあまり水を飲まない動物です。そのため尿路結石などの病気になってしまうことがあります。(一度かかると、何回もかかりやすくなります!)ですから、普段から少しでも水分補給をさせるようにすることが大切です。

ただそう考えるなら、粉末のまたたびをほんの少し水にかけるという方法があります。またたびの効果で水を飲んでくれるようです。著者はこの方法は試したことがありませんが、試した猫友は本当に少量かけるだけで飲んでくれると言っていました。

病気療養中の子の場合は、またたびを勝手に使うようなことをせず、かかりつけ獣医さんに相談しましょう。獣医さんからOKが出てから使用するようにします。またたびは刺激を与えるものですから、重要視していただきたいと思います!

老化防止

物をかじる行為が脳の老化防止になると言われています。老猫用のおもちゃには、またたびを練り込んであるタイプが販売されています。それ以外には、またたびの木(枝)を与えるようです。実際に売っていますので、使い方をペットショップの店員さんに聞いてみましょう。

またたびの危険性は?

またたびの危険性は?

猫にまたたびを与える量を誤ると、命の危険に陥る場合もありますので注意が必要です。

呼吸困難

またたびは、中枢神経を麻痺させることで性的興奮を起こさせます。この中枢神経には、呼吸をつかさどる延髄があります。

中枢神経を麻痺させるということは、呼吸に乱れを生じさせるということです。だから、またたびをたくさん吸いすぎれば、呼吸困難になってしまうこともある可能性があるということを知っておいて欲しいです。

アレルギー症状

「猫にまたたび」と言われるものですが、猫によってはアレルギー症状を出してしまう子もいます。またたびがアレルゲンになっているということですから、ショック症状を起こしてしまう可能性が非常に高いです。

またたびがアレルゲンかどうかは、定期検診の時などに検査をしてもらうといいでしょう。

凶暴化

脳が麻痺してしまうということで、凶暴化してしまうことがあります。いつもと違い、部屋中を走り回り、暴れまくってしまう猫もいるようですから、噛まれたりしないように注意が必要です。

マンションやアパートの住んでいる部屋が高所の場合は、落下などに気をつけてください。このような状態になると、飼い主にも噛みついたりすることが考えられます。

体への負担

興奮作用があるまたたびを多く吸い込んでしまうと、老猫や心臓が弱い猫などは、体に大きな負担となります。興奮するということは、心臓がかなりバクバクします。負担になることはおわかりになりますね。

猫にまたたびを安全に与える方法

猫にまたたびを安全に与える方法

大切なのは、またたびの量を調整して与える必要があるということです。そして、長時間使わせないように飼い主がしっかり管理をすることが大事なポイントになります。

1回に使う適切な量は0.5g未満とされていますが、猫によっては差が生じます。初めて使う場合は、0.5gよりももっと少量から始めましょう。

また、爪とぎ器などの猫用の備品に、粉末状のまたたびが付いてくることがあります。これは爪とぎ器に慣れさせるためのものです。でも、使いすぎてしまうと長時間酔っ払ったような状態になることもあるようです。(猫友の飼い猫がそうなったという話を聞きました)

またたびのニオイがしたら、自分で探し出してしまう子もいるようです。そうなれば必要以上に吸い込んでしまうことだって考えられますので、保管も気をつけなくてはいけません。

またたびに似た効果がある植物

またたびに似た効果がある植物

またたびと同じような効果がある植物があることを知っていますか?よく耳にするのは、『キウイフルーツ』だと思います。キウイフルーツには、またたびに含まれている「マタタビラクトン」という成分があるからです。

しかし、スーパーなどで販売されているキウイフルーツは、品質改良がされているため、効果は薄いようです。またたびとまではいかないにしても、うちの猫はキウイフルーツの皮のニオイを嗅ぎにくることがよくありました。

それ以外には、次のような植物がまたたびと似た効果があるようです。

サルナシ

マタタビ科に属する落葉性つる植物です。見た感じはキウイフルーツそのものですが、小ぶりです。市販されているキウイフルーツの品質改良前の植物になります。日本全国に自生していますので、見たことがある人もいるかもしれませんね。キウイフルーツよりも香りが強いのが特徴です。

キャットニップ(イヌハッカ)

シソ科イヌハッカ属のキャットニップは、イヌハッカとも呼ばれるハーブです。この植物もまた、またたびと似た成分を持っています。

ハーブですので、育てている飼い主さんがいるかもしれません。食したりお茶にしたりして楽しんでいる方もいるかもしれませんね。人には何ともありませんが、猫がニオイを嗅いでしまうと、またたびのようにハイの状態になってしまうようです。

キャットミント

キャットミントも、シソ科イヌハッカ属に属すハーブです。またたびの効果に似た効力があり、猫が寄ってきてニオイを嗅げば、酔ったような感じになります。猫の好きなニオイであることは間違いありません。栽培している方は猫が触らないところに置くようにしましょう。

まとめ

猫にとって、またたびは麻薬のようなものという位置づけではないかと私は考えています。与える量を間違えたりすれば、健康を害しますし、命の危険にさらす可能性も高くなるものだからです。

しつけで使うという人もいますが、そんなことをしなくても愛情を持って教えればちゃんとしつけができます。

私も飼い始めの頃は、またたびに関しての知識がほとんどなかったので、使ったりもしていましたが、今はあまり必要のないものと思っています。

猫を初めて飼う人にとっては、必要なんじゃないかと感じるかもしれませんが、与える場合はきちんと管理をすることと、定期検診などでアレルゲンでないかどうかを確認することをしてから使うようにしていただきたいと思います。

繰り返しますが、またたびは危険性がありますので、もっと詳しくまたたびについて使い方などを知っておきたいという人は、一度獣医さんに相談してみましょう。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。