暴れないで~!猫の爪切りのやり方と大人しくさせるコツとは?

暴れないで~!猫の爪切りのやり方と大人しくさせるコツとは?

猫の爪切りは本当に苦労します。切ろうとすれば暴れたり、噛みついたりもしますので飼い主がケガをしてしまうことだってあります。それだけではなく、猫自身も痛い思いをしてしまうこともあるのです。簡単そうで意外と難しい。

ここでは、猫の爪の切り方と注意点、暴れさせないで上手に切るコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

猫の爪切りが必要な理由

屋外で生活している猫であれば、木に登るためだったり獲物を捕らえるためと、爪の用途がいくつもあります。この場合はしっかりと伸ばして尖らせておく必要があります。

しかし、室内で生活する猫はこういった屋外で取る行動はしません。爪を伸ばしてしまうと家の至るところで爪とぎをして大変なことになってしまいますよね。爪が長いとさまざまなところに引っかかって家具や家財道具がダメになってしまいます。(うちはソファーの裏側とカーテン、子ども部屋のじゅうたんをやられました…)

完全室内飼いの猫は爪切りをしないと勝手にどんどん伸びてしまいますので、そのままにしておくとケガをしてしまいます。また他にも爪を切っておくべき理由があります。それは、そのまま伸ばし放題にしておくと巻き爪になって肉球を傷つけてしまうことになるからです。巻いてしまった爪は肉球に刺さってしまうしまうこともあり、傷口からばい菌が入って炎症を起こしてしまうことになります。

猫の爪に関するトラブルを著者の経験と猫友からの話を元にまとめてみました。

猫の爪トラブル

  • 爪が折れる
  • 爪が割れる(出血を伴うことも)
  • 巻き爪になり肉球にくい込む
  • 爪が引っかかって、猫がケガ(骨折など)をしてしまう
  • 引っかかれた飼い主さんが感染症にかかってしまう
  • 猫の骨格が変形する可能性が出てくる

などです。飼い主さんが、猫に引っかかれることってあるかと思います。わざとでなくても、爪が長いと引っかかってしまいます。(経験あり)

引っかかれれば、傷ができてしまいますよね。飼い主さんは消毒をするかと思います。しかし、菌が入ってしまうこともあるということを覚えておいて欲しいのです。

著者も引っかかれた傷から菌が入り込んだようで、赤く腫れたことがあります。痛みがありました。化膿してしまったようです。しかも盛り上がってきて、患部が熱くなっているのがわかりましたので、受診をしたことがあります。

消毒をしていても、ちょっと免疫力が低下しているとこのような状態になることもあると言われました。

中には悪化して、発熱やリンパが腫れて痛んだという話も聞いたことがあります。このようなことにならないためにも、爪はしっかりと切っておかなくてはなりません。

スポンサーリンク

注意!長い爪を放置するとこんなことになる

先にも述べましたが、こまめな手入れが必要な爪を放置してしまうと猫の肉球に刺さってしまうことがあります。猫の爪を見ればわかると思いますが巻き爪になりやすい形になっていますよね。

それが肉球に触れてしまったり、刺さってしまったりすれば、歩き方がおかしくなります。その前に、床に爪が当たる音(コツコツやカツカツ)がします。歩く度に刺さりますので違和感と痛みを覚えるはずです。

肉球はとても敏感な部位です。毛細血管がたくさん通っている場所ですので、傷つけてしまうでしょう。そうなれば出血を伴うはずです。猫にとってはかなりの痛みでしょう。

爪が肉球にくい込んでしまっているような場合は、出血もしていますが、飼い主さんが切るには難しいです。痛いために患部を触ると、猫が飼い主さんを攻撃してしまうことがあります。また、傷が化膿している場合は、消毒などの処置が必要になるため、獣医さんにお願いしなければならないでしょう。

また、長い爪はどんどん鋭くなるため、布製ソファーや布団などに引っかかってしまうこともあるようです。そうなれば、体勢を崩して骨折を引き起こすか、爪が折れてしまうことになります。最悪な場合、爪が死んでしまうこともあるそうで、その場合は獣医さんに診てもらって処置をしなくてはなりません。

ケガをしていなくても、爪が長くなりすぎると、違和感があり爪をかじるようになります。(飼い猫がやっているのを見たことがあります)

まれに傷口からばい菌が入って「爪囲炎」を起こしてしまうこともあるようです。爪を噛む姿が見られたら、爪を切ってあげるようにしましょう。

いずれにしても猫が相当な痛みを被ってしまうということを覚えておきましょう。爪切りをしぶったせいで起ってしまうような事故は、できるだけ防ぎたいですよね。

スポンサーリンク

爪とぎと爪切りの違い

猫用爪切りを用意しよう!

勘違いをしてしまいがちなのが、「爪とぎ」と「爪切り」です。爪とぎとは古い爪の層を剥がすことと爪を尖らせるために行うものです。それに対して爪切りは文字の通り伸びた爪をカットするものです。猫が自ら爪を研いでいるだけでは短くなりません。

爪切りの頻度

爪を切る頻度としては3週間に1回程度が目安でしょうか。でも猫によって伸びる速さが違うと思います。うちの子の場合は3週間に1回でいい子と、20日前に見ておかないと伸びてしまっている子、1ヶ月くらい大丈夫な子がいます。(友人も似たようなことを言っていました。)

子猫は伸びるのがもう少し早いような気がしますので、こまめにチェックしてあげてください。

猫用爪切りを用意しよう!

爪切りは何でもいいというわけではありません。猫用のものが売られています。これを使うと、痛い思いを極力させずに爪を切ることができます。私は飼い始めの頃、人間の爪切りで試したことがあります。切れないことはないのですが、爪が割れてしまい愛猫に痛い思いをさせてしまいました。

経験上、猫用をおすすめします。一度購入すれば一生使うことができるので、ぜひ高品質なもの購入してあげて下さい。数百円程度の安いものもありますが、切れ味や切り口を考慮すると価格相応なので、良い物を選んであげて下さいね。

猫用の爪切りは、さまざまな種類がありますが、ハサミの形をしているタイプがとても使いやすかったです。猫を片手で抱きながら使うことができ便利さを感じました。

こちらは犬用となっていますが、猫でも使えますし、愛用者からかなり高評価なのでおすすめです。日本製なのも安心ですね。

その他に、爪やすり(爪とぎ器)も売られています。これは切った爪を整えるためのものですが、電動タイプがおすすめです。切りっぱなしだと衣類などに引っかかりやすくなったり、人への切り傷になってしまいます。

猫の爪切りのやり方

爪を上手に切るためのポイント

猫の爪切りはそんなに難しくありません。「そんなに難しいなら慣れていないと無理かも」と思ってしまわれた方もいるかと思いますので、上手に切るポイントを抑えるといいでしょう。

また、できるだけ子猫のうちから爪切りに慣れさせておくことも大切です。しかし、怖くてできないという飼い主さんもいらっしゃいます。そういう場合は、プロ(獣医さんやトリマーさんなど)にお願いして切ってもらいましょう。放置してしまうのが一番よくありません。

爪切りは猫にとって獲物を獲れなくなってしまうことを意味します。いくら室内飼いであっても本能が嫌がってなかなかさせてくれません。無理強いをしないことを基本ポイントとして覚えておきましょう。

爪切りに時間をかけない、一度に全部やろうとしない

基本的に猫は爪切りをすごく嫌がりますので、最初から全部切ろうとしないことが成功の秘訣です。1回の爪切りをできるだけ短い時間で終わらせてあげることがポイント。

1度に全ての爪を切るのではなく、2~3本程度にしてあげると猫が大暴れすることなく切ることができます。猫に近寄ってみて、切れそうなタイミングで「2~3本切る」のような分割方法で爪を切ることをおすすめします。

カットする長さ

猫の足先を優しく押してみましょう。そうすると爪が出てきます。肉球の先あたりを優しく押して出てきた爪を切ります。尖った爪の先端から2~3ミリのところを切るようにします。つまり先っぽの部分だけです。それ以上短くしてしまうと出血したり爪の中にあるじん帯などを傷つけてしまう可能性がありますので気をつけてください。

一度、痛い思いをさせてしまうと、爪を切ることに恐怖を感じるようになります。大暴れの原因になってしまいます。切り終わったら、できれば爪やすりでさっと爪先の引っかかりをなくして整えてあげるとなおいいです。

子猫はハサミタイプで

生まれて数ヶ月以内の子猫は、爪がとても柔らかいです。人間用の爪切りやギロチンタイプでは切りすぎてしまうことがあります。(出血を伴い、爪切りを怖がるようになります。)切る側も怖い気持ちが先に立つと思います。

ですから、子猫に限ってはハサミタイプの爪切りを使うようにしましょう。飼い猫を抱いたり少し押さえたりするだけで爪を切ることができます。

爪切りは、できるだけ小さい頃から慣れさせることが大切です。そのため、怖い思いをさせないようにハサミタイプをおすすめします。

ハサミタイプは、文房具のハサミと同じ要領で使うことができますので、初めての飼い主さんでも容易に使えます。

成猫になったらギロチンタイプ

成猫になると、爪は子猫の時よりも硬くなってきます。そのため、ハサミタイプでは切ることが難しくなります。飼い猫に痛い思いをさせたりハサミタイプを壊してしまったりする可能性もあります。

深爪にならないように、爪先から1~2㎜のところをパチッと切れば良いので楽です。大人になると、爪切りを嫌がるようになりますが、抱き上げて爪を出してサッと行えますので、数本分であれば猫自身もあまり怖がらずに切ることができるでしょう。

猫の爪先に痛みを感じる神経が通っているわけではありません。嫌がるのは、切ったときの力が振動として伝わるせいではないかと思います。ですから、全部を切ろうとするのではなく、数本ずつを何日かかけて切ることをおすすめします。

爪切りは優しく抱きながら

爪を切るときは、優しく膝の上で抱きます。この時いきなり切るそぶりを見せたら寄ってきませんし、大暴れするかもしれませんので、頭をなでてあげながら足先を押して爪の長さを確認します。

そこですかさず用意しておいた爪切りで、何本か切りましょう。寝ている最中に切るなんてことはやめましょう。動いたら危ないので、膝の上で抱き上げるようにして行うのが一番いい方法です。

後ろ足を切るとき

前足を切るときはそれほど難しくないと思います。切りたい爪の方向と飼い主さんの手が同じ方向を向いているので、姿勢を変える必要がないからです。

しかし、後ろ足を切る場合は、切りたい爪の方向と飼い主さんの手が逆になるため、猫の姿勢を変える必要が出てきます。猫を無理に回転させたり飼い主さんの手を逆手にしたりすることができませんからね。

誰かが抱きかかえてくれるなどして押さえてくれたら問題はありませんが、1人で行う場合は、飼い主さんが座った状態で、飼い猫を後ろから抱きかかえます。猫の背中が丸くなって後ろ足が前足のような向きにまで持って来られたら、片手で爪を出して、片方で猫が動かないように押さえながら素早く切るというやり方になります。

少し難しかったり、引っかかれたりすることもありますが、数本(1本ずつなど)を何日かに分けて行えば、できないことはありません。ですがケガに注意してくださいね。(著者も引っかかれてケガしたことがあります)
爪を切り終わったら、ほめて撫でてあげましょう。そしてすぐ解放してあげましょう。

暴れてしまうときは

爪切りを嫌がって暴れてしまう子もいます。逃げようするときに深爪などのケガをさせてしまうことが何より怖いです。本来であれば、2人(押さえる人・爪を切る人)で行えればいいのですが、それが難しい飼い主さんもいるでしょう。

暴れてしまう場合は、バスタオルで猫をくるんで切りたい側の手足だけを出してサッと切るという方法だと、それほど危険がなく切ることができると思います。

バスタオルが不便だと感じる場合は、洗濯ネットや猫用の保定袋を使います。切りたい側の手足だけを出してサッと切ればいいのです。上手くいかないときはこんなアイテムが便利です。猫を落ち着かせさえすれば、楽勝なのです。笑

切りすぎてしまった時は…

切りすぎてしまった時のために

慣れないうちは「爪切りを嫌がって逃げようとしたから、つい深く切りすぎてしまった…」なんてことは結構あるようです。急な出血が起こると、飼い主さんの方が驚いてパニックになってしまいがちですが、圧迫することで血は止まってくれます。

このような場合は、まずガーゼなどで出血部分を圧迫します。時間は5~10分ほどです。ほとんどの場合はそれで止まりますが、猫の方もビックリして逃げようとします。離さないようにしっかりと抱いて、圧迫してあげてください。

圧迫してから10分経っても出血が止まらない場合や、10分前でも圧迫しているのにポタポタと血が垂れるような場合は、動物病院へ受診します。

猫は動きますから、このような事故も想定して、爪を切るときは爪切りだけでなくティッシュやカーゼ、市販の止血剤も用意してから万全の態勢で行うといいですね。

圧迫して止血した後は猫が舐めることがあります。舐めることで菌に感染してしまうようなことになれば厄介ですので、エリザベスカラーを付けた方がいいかもしれません。

数日経っても猫が気にして舐めているような場合は、患部に異常がないかを確認してから、獣医さんに電話をして相談することをおすすめします。

さいごに

猫の爪切りは、子猫のうちから慣れさせておくといいかもしれませんね。一気に切ってしまおうと考えず、1回に1本とか2本というように少ない本数ずつやっていくことが猫を怖がらせないポイントです。

また、シャンプーをしたときなどに一緒に行うと、爪が柔らかくなっていますのでより切りやすいと思います。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
安全性の高さから厳選!おすすめキャットフードランキング!

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

そこでこの記事では、安全性の高さに注目しておすすめのキャットフードをランキングで紹介します。

猫がいる生活。