猫がペロペロ舐めてくる意味とは?どんな気持ちが込められてるの?

猫がペロペロ舐めてくる意味とは?どんな気持ちが込められてるの?

猫の舌って、ザラザラしていて舐められるとちょっと痛かったりしませんか。でも、猫がペロペロ舐めてくるのは、実は最大の愛情表現なんです。

これは知っている人も多いことだと思います。でも、その他の心理が働いていることもあるんです。いったい猫はどんな思いを込めてペロペロ舐めてくるのか?をここで確認してみましょう。

スポンサーリンク

『仲良くしたい!仲良しだね!』

仲良くしたい・仲良しだね!

猫は、人間に依存しながら生きている動物です。しかし自由奔放な性格ですので、人をペロペロ舐めるなんてことはそんなにありません。

ただし、飼い主は別で、ご飯をくれるからとかおやつをくれるからなんていう理由だけでは簡単に舐めたりしません。(子猫は別ですが…)

猫は心を許している人や猫にだけ舐めます。すごくザラザラするのですが、仲良しでいるという合図だと思ってください。

飼い猫が甘えられる相手として飼い主を見ているというのは飼い主冥利に尽きると思いませんか?私は愛猫がペロペロと舐めてくれるとき、うれしさや親しみをものすごく感じます。

『違うニオイがするのはやだ!』

違うニオイがするのはやだ!

帰宅後など手や顔を舐めてくることはありませんか?(主に手を舐めてくると思います)これって、うれしいとか親愛さを表しているだけではありません。

外から入ってくると、猫にとっては「自分じゃないニオイがしている」と感じ、それが気になるようです。

猫は、ニオイをかいで安心かどうかを確認しているのです。飼い主が外から帰ってきたときに舐めるのは、違うニオイがしているからということが多いです。「いつもと違うニオイがする!」と感じたら、舐めて自分のニオイをつけているのです。

足元におでこや頬をこすりつけてくることがありますよね。それと同じ意味です。ついているニオイを消していると考えていいでしょう。やはり慣れないニオイを嫌いますので、少しの間付き合ってあげて欲しいと思います。

『お腹空いた!』

『お腹空いた!』

朝方、寝ているのに、ペロペロと舐めてくることはありませんか?おでこやら頬やらを舐めまくり、鳴いて起こす場合は、「遊びたい!」の気持ちもあるのですが、「お腹空いた!」の方が強いと思います。

特にオスの子猫は甘えん坊なため、すごく舐めてきます。顔が痛い!と思って目が覚めることも多いかもしれません。悪気があってやっているのではありませんので、怒らないであげてくださいね。愛情表現&欲求を満たして欲しくてやっているのです。

この時にこれをあげると大人しくなります。我が家のぬこ様も夢中でペロペロしてます。笑

私が飼っている猫(当時6ヶ月:オス:MIX)は、鼻の頭を一生懸命に舐めるので、皮がむけてしまうということがありました。あれは痛かったですが、すりすり攻撃をしながらで、くったくない顔で私の顔をのぞき込みますから、怒るに怒れない、でも鼻は痛いみたいな感じでした。笑

猫によっては早起きさんもいますので、飼い主さんが寝不足になってしまうこともあるようです。でも、舐めて起こされたら否が応でも起きてご飯をあげに行きたくなりますよ!

『なんかあったの?大丈夫?』

なんかあったの?大丈夫?

相性が良くて気持ちの通っている猫と飼い主の間には、なんらかのテレパシーのようなものがあるのではないかと思います。

飼い主が落ち込んだりしているようなとき、察知して近くに寄ってきて側で寝てくれたり、ペロペロ舐めて「大丈夫?」と言わんばかりの優しさを見せてくれます。

体調が悪いような時も、側から離れないなんてことも良く話を聞きますし、体験したことがあります。ほんの少しの変化をさっと感じ取って、言葉にできない分、行動で示してくれているのだと思います。

舐め方もいつも以上に優しいですし、寄り添い方も優しく感じます。「何かあったの?大丈夫?」と心配な気持ちを言葉にできないから、いつも以上に優しい接し方をしてくれるのでしょう。

『ありがとね!』

『ありがとね!』

ブラッシングをしているときに、手を舐めてくれることはありませんか?これって、猫も飼い主をブラッシング(毛づくろい)してくれているのです。

母猫と子猫、相性のいい同士の猫など、猫同士行われているのを見たことがあるかと思います。それと同じように、ブラッシングで毛並みを整えてくれたので「今度は私(僕)がやってあげる、ありがとう」という感じでペロペロと舐めてくれているのです。

これは信頼関係がかなりしっかり築けている証拠です。ただし、飼い主さんの手に傷などがないことを確認してくださいね。

まとめ

猫が飼い主をペロペロ舐めるという行為は、信頼している証拠です。(手においしい物を持っていれば別ですが…)

本当に愛情表現であったり、叶えて欲しい欲求だったり、遊んでほしいだったりと、その場面によって意味は違ってきますが、ペロペロしてきたら慣れてきたと判断してもいいと思います。

私もそうですが、猫友の話でも飼い主のことを心配して寄り添ってペロペロしてくれるときにすごく愛情を感じると思います。朝起こされるときや、帰って来たときなんかもうれしいですが、本気の愛情を感じてしまいます。飼い主冥利に尽きます。

このくらいの関係になるまでには子猫の頃から育てたり、成猫でもしっかり愛情をかけて育ててあげることが必要です。ぜひ、愛猫といい関係を築いてほしいと思います。

こちらも併せてチェック!

猫の飼育知識
スポンサーリンク
餌代をケチらず安全な原材料で選びたい!おすすめキャットフード6選

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

この記事では、安全な原材料の使用に注目しておすすめのキャットフードをピックアップしました。

猫がいる生活。