猫を飼う前からペット保険を検討しよう!加入の必要性とデメリットを比較!

猫を飼う前からペット保険を検討しよう!加入の必要性とデメリットを比較!

猫を飼う前にぜひ考えていただきたいのが、医療費です。定期検診や予防接種などの費用は、飼い主が全額負担することになります。子猫であったり、元気なうちはいいのですが、ケガや病気をしたときにすぐに受診ができるようにしておくことが賢明です。

早期に発見していても病院に連れて行くことができなければ、症状は悪化してしまいます。そんなことにならないためのペット保険なのです。

加入するペット保険によって変わってきますが、加入する前にリサーチすることも重要です。資料を取り寄せることやネットで比較をしてメリットの大きいところ、またはライフスタイルにあったところを探してみましょう(個人的ですが、ペット保険に入っていたので助かっているのは事実です!)。

ペット保険とは?

「ペット保険」とは、人間でいうところの「医療保険」にあたります。生命保険と間違えてしまうことがあるようですので気をつけましょう。ペット保険に加入すると、病気やケガをしたときにかかる診療費(通院・入院・手術など)の一部を保険金で補償されます。補償割合は、保険会社やプランによって変わってきます。

また、保険のプランの中には、さまざまな特約があり、便利なものがいろいろあります(保険会社によって変わります)。

  • ペットセレモニー費用特約(火葬費用を補償)
  • ペット賠償責任特約(他のペットや人にケガをさせたり物を壊したりしたときの補償)
  • 移動用補助器具費用特約(病気やケガで車いすなどが必要になった場合の補償)

上記に挙げたのはほんの一例ですので、契約する前に保険会社の特約を調べておきましょう。

ペット保険の必要性

猫のペット保険の必要性

飼い猫の多くは室内飼いで、それほど大きな病気をしたりケガに見舞われたりということがないように感じるかもしれません。しかし、病気やケガは突然やってきます。また、猫特有の疾患が発症したり生活習慣病にかかってしまったりすることもあります。

そんな時、高額な医療費がかかってしまうことが少なくありません。愛猫が苦しんでいるときに動物病院への受診をためらうことなくかかれるような手だてが必要であることは明白です。

猫は人間と違って保険証などがないため、医療の全額が実費となります。数千円で済むこともありますが、入院や手術が必要ともなれば、数万円~数十万円が必要になることもあるのです(経験あり)。

猫は、血統種によってかかりやすい病気がありますし、MIXは持病のようなものはありませんが、次のような病気がかかりやすいです。

  • 腎機能系疾患
  • 尿石症
  • 皮膚疾患
  • 耳の疾患
  • ガン(リンパ腫や乳がんなど)

などがあります。特に子猫期とシニア期に注意が必要です。猫の医療用にと貯金をしているような場合は問題ありません。でも、すべての飼い主さんが蓄えることができるわけではありませんよね。

しかし、万が一のことが起こったらすぐに受診をできるようにしておきたいものです。早期発見・早期治療ができれば、飼い主さんも愛猫も安心できます。

ペット保険は、愛猫の万が一のときに受診をためらうことなく連れて行けるようにするため、飼い主さんの不安をなくすために必要なものです。「猫を飼おう」と思った時から準備しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

加入するメリット

ペット保険に入るメリット

ペット保険の中でも猫にかける方は全体の5%ほどしかいらっしゃらないと聞きます。でも、メリットが大きいことを知れば、増えることは間違いないでしょう。

  • 通院~入院(高額な治療)をしっかり補償(かかった金額の50~70%が戻ってくる)
  • 日数や回数などの支払い制限がない
  • 獣医師のペット相談が無料でできる
  • ネット割引などさまざまな割引や特権がある
  • 終身継続が可能なところもある
  • 格安で特約を付けることが可能(損害保険など)

この他にも保険会社によっては、示談交渉サービスがついていたり、病気にかかっていても加入することができたりします。子猫でも病気をすることや、ケガをすることがあります。そんな時にすばやく病院につれていってあげられるように用意が必要です。

猫の医療費は通常どれくらいかかる?

猫の医療費は通常どれくらいかかる?

人間社会と違って、猫には公的な保険制度はありません。だから、病院にかかった分だけ全額請求されます。それでは、かかる費用の目安を見ていただきたいと思います。

異物の誤飲の場合

誤飲をした場合、「排泄されるから大丈夫」と思ってしまいがちですが、胃腸内で詰まってしまったり毒性が強かったりということもありますので、診察が必要になります。

飲み込んでしまった異物にもよりますが、検査は必ず行いますし、胃腸内で異物がどのような状態になっているかを確認するために超音波検査なども行うでしょう。状態によっては、手術が必要になってしまう場合もあります。

観葉植物や切り花には、毒性の強い植物などもあります。それを食べてしまったような場合は、入院や点滴などをしなければならない状態になってしまう可能性が十分にあります。

検査・入院・手術・薬剤などがかかった場合は、いくらくらいかかるでしょうか。入院日数や手術の有無もありますが、およそ23万円程度かかるそうです。

尿路結石の場合(経験談)

検査・入院(5日)・手術・薬・さまざまな処置などがかかりました。その後も通院が結構ありましたので、最終的に28万円と高額な医療費がかかってしまいました。請求書を見たときは本当に驚きました!

口内炎の場合

手術や入院の必要がない病気などは、安く済むと考えるでしょう。口内炎の場合は、検査・薬・処置だけですが、1回の診療におよそ8千円かかるそうです。このように見ていくと、保険が利かない分、飼い主の負担が大きいことがおわかりになると思います。

スポンサーリンク

ペット保険加入のデメリット

ペット保険加入の時の注意点

猫にペット保険をかけることはとてもいいものです。しかし、加入前に確認をしておかなくてはいけない点もあります。

  • 近所の動物病院で使用できるかどうか(動物病院によっては使えないところもあります)
  • 保険によっては、最初に飼い主が払い、後から振り込まれるタイプがある
  • 補償対象外の確認(予防接種や定期検診などは対象外です)
  • 補償内容と金額が納得できるか

ペット保険のデメリットとなる部分を知っておくことで、加入するときの判断材料になります。情報の1つとして持っておきましょう。

保険料が掛け捨て

ほとんどが「掛け捨て」になっているところがデメリットと考えます。人間の生命保険のように「貯蓄型」になっているものは現在ありません。また、基本の保険料は愛猫の年齢と共に上がっていきます。シニア期に近づくほど、病気やケガをしやすくなりますので当然のことです。

新規加入&契約更新は年齢制限がある

子猫から飼い出す人もいれば、保護猫で成猫になっている子を飼い出す人もいるでしょう。新規で保険に加入する場合、年齢制限が設けられている会社がありますので注意が必要です。多くは新規年齢が、0~10歳となっています(著者が加入した保険会社もそうでした)。

保険会社によっては、最終年齢が12~16歳というところもあるようです。シニア期に入れば病気やケガをしやすくなるので仕方のないことかもしれません。そのあたりはしっかりチェックしてみましょう。インターネットを利用して見積もりを出すときに加入の有無が出ます。

更新に関しては、保険加入中に再発性の高い病気や慢性疾患にかかった場合、保険の更新時に断られる可能性があります。更新ができないということは、他の保険会社でも断られてしまう可能性も否定できません。もしくは、同じ病気にかかった場合、補償対象外ということになる場合もあると知っておきましょう。

審査があります

ペット保険に加入できるのは、健康状態がいい子だけとなっています。「病気やケガをしたから入りたい」ということができなくなっていますので、加入は飼う前から検討しておくことをおすすめします。

加入条件の審査ポイントというものがあります。下記の条件はほとんどの保険会社に共通する事項だと思います。

  • 加入する子の年齢
  • これまでの既往歴
  • 保険対象となっている動物か

病気やケガに関しては必ず聞かれます。病気やケガの経験があると、同じ病気になったときの補償は対象外や保険料が高くなってしまうなど、何らか条件がつけられてしまうかもしれません。

病気の告知は、正しく行うことが必要です。人間が保険に入るときも同様のことが言われますね。愛猫も同じです。

これまでに患った病気だけでなく、現在治療中の病気やケガがある場合も告知が必要です。病名がわからないような場合は、かかりつけの獣医さんに病名を確認しましょう。なぜなら、告知した内容に虚偽があった場合、保険金が支払われなかったり契約解除になったりするからです。ご注意してください。

保険適用外になることも!

「ペット保険には保険適用外となる場合がある」ということを知っておきましょう。すべての病気やケガをカバーできるわけではないので、トラブルとならないように情報として持っておくことが大切です。

保険適用外となる場合

  • 病気予防のワクチン摂取
  • マイクロチップの装着費用
  • 予防接種で予防できる病気の感染
  • 検査にかかる費用
  • 病気やケガにあたらないもの(耳掃除や歯石取りなど)
  • 不妊手術
  • 妊娠や出産の費用
  • 病院で購入した健康食品等
  • 時間外診療や往診の費用
  • 先天性の病気や既往病が発症した場合

などです。これらに関しては、保険が利きませんので、全額実費となります。その辺りの説明は、加入時によく説明してもらい、理解しておきましょう。後々トラブルに巻き込まれないために必要です。

スポンサーリンク

保険に加入する前に各社比較をする

ペット保険の加入は、人間の保険と同様に必ず各社比較しましょう。2019年現在、ペット保険を扱っている会社は15社あります。そのため、迷ってしまうことがあると思います。だからこそ、「飼い主さんが安心できるか」「補償される部分がどの程度なのか」などを数社比較してから決めることが大切です。

比較しておきたいポイント

  • 保険料の変動具合はどうか(シニア期になったらどのくらいの金額になるかなど)
  • 補償の制限が飼い猫に合っているかどうか(通院補償など)
  • 発症しやすい病気やケガの補償があるか
  • 加入年齢や継続年齢がどの程度か
  • 更新時に条件が変わることはないか
  • 補償の割合はどの程度か(自己負担がどのくらいか)

このあたりを比較してみることで、違いが見えてきます。その違いを確認して飼い猫の状況と照らし合わせてみましょう。猫の場合、猫の大きさ(小型・中型・大型)で基本の金額が変わってきます。見積もりを取ってみてください。

保険の請求は2パターンある

保険請求は2パターンある

加入すると保険証が送られてきます。そこまでは人間と同じなのですが、支払いの違いが出てきます。

保険が対応している動物病院へ受診する場合は、保険証の提示をしてから病院窓口で保険の対象となる分を引いた負担分だけを支払うことになります。この場合は、3割~5割程度の金額で済みますし、請求手続きがないので楽ですね。

保険に対応していない動物病院へ受診する場合は、いったん全額支払うことになります。そして後日、請求書を保険会社に送り振り込みを受けることになります。どこの保険会社も請求申請後、1ヶ月以内に振り込みが完了するようです。

その辺りは、かかる病院によって変わってきますので、病院などに電話をして確認をしておくといざという時に慌てなくて済みます。

私は、多頭飼いをしているので「多頭飼い割引」と「ネット割り」が適用になって毎月2000円ちょっと(1匹あたり)の金額で収まっています。いざという時、すぐに病院に連れて行けるので安心であることは確かです。

まとめ

猫に保険なんて必要ないと思われる人もいるかもしれませんが、猫の医療費は意外と大きいです。それも突然必要になりますから、少しでも補償がある方が、安心感が違います。

猫を飼うときには、必ず医療費の面も考えておいた方がいいと思います。病気やケガで数十万円なんてことは珍しくありません。うちの猫が尿路結石をしたときは、本当にびっくりでした。この時は、緊急で夜間やっている動物病院に行ったものですから、保険証が使えませんでした。だから、後日請求だったので、貯金を崩して支払いました(無事、70%が戻ってきましたが…)。

私は経験があるからこそ、猫をペット保険に入れた方がいいと考えています。愛猫に何かあったときに役に立つもの、そして飼い主の大きな負担になってしまわないものそれがペット保険です。

飼い主になる時に、ライフスタイルに合った保険を検討してみることも大切なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました