猫のストレスサインとその原因は?早く気づいて対処してあげよう!

猫のストレスサインとその原因は?早く気づいて対処してあげよう!

自由を好む猫は、他の動物よりストレスを感じることが多いかもしれないと思うことがあります。猫はストレスが溜まると、さまざまな問題行動を起こしたり、体の異常に繋がりますので見過ごせません!

猫も人と同じようにストレスを感じます。しかし、話すことができないため、行動でストレスを解消させています。

ところが、それでも解消されない場合もあるのです。そんな時に猫は、ストレスサインを出します。ストレスの原因となるものや猫が表すストレスサインを知っておけば、飼い主が愛猫のストレスに早く気づいてあげることができます。

飼い猫にストレスサインが見られた時に、原因を見つけて対処してあげるように行動できるのは飼い主だけなんです。ぜひ、力になってあげてほしいと思います。

猫のストレスサインを見逃さないで!

ストレスサインを見逃さないで!

  • エサを食べない(食べなくなる)
  • 毛がごっそり抜ける
  • 大きめな声で鳴く(鳴き止まない場合も)
  • グルーミングが異様に長い
  • 噛もうとする
  • 粗相をするようになる
  • 攻撃的になる
  • 下痢や便秘をするようになった
  • 引きこもり

これらが見られる場合、何らかのストレスを抱えています。ちょっとくらいのストレスであれば、こんなふうに行動には出ません。ストレスサインが現れた時は、かなりストレスが溜まっていると判断していいと思います。

グルーミングが長い

例えば、体を舐めて毛づくろいをすることを「グルーミング」と言いますが、体をきれいにするだけではありません。これはストレスを緩和させるために行うこともあります。

エサを食べない、排泄異常

エサを食べなくなったり、下痢や便秘をするようになるというのは特に注意が必要です。疾患にもつながりますので、一度動物病院への受診を考えた方がいいでしょう。

脱毛

実家の相性の悪い猫たちのことですが、ストレスで円形脱毛症のように毛が抜けてしまいました。そのため受診をし、獣医に相談をしました。一緒に生活するテリトリーを分けるようにしたところ、良くなってきました。

引きこもり

引きこもり

普段の生活の中で飼い主さんに見せていた姿を見せなくなってしまう場合もストレスサインである可能性があります。姿を隠すときは、さまざまな理由があります。

  • 静かな場所で休みたい
  • 来客などで落ち着かない
  • 体調が悪い
  • 不満がある

などが考えられます。ストレスサインとして考えられるのは、「急に隠れて出てこなくなった」場合です。何らかのストレスを受けてしまっている可能性があります。

猫の隠れ家のようなところにこもってしまったり、敷物の下にもぐって出てこなくなったりするといった引きこもりを見せることがあります。中を覗くと、「シャー」と威嚇することもあります(経験あり)。

このような引きこもりが急に起こる場合もストレスサインと考えていいでしょう。

ストレスの原因が病気にあるような場合は、他に症状が出ていると思いますので、受診をします。病院へ連れて行くときは、引っ張り出すようなことはできるだけ避けた方がいいです。飼い主さんがケガをしてしまうかもしれないからです。

おやつなどで気を引いて出てこさせたり、隠れ家ごとゲージに入れたりして動物病院へ連れて行くようにしてみましょう。

スポンサーリンク

ストレスの原因は多種多様?

ストレスの原因は多種多様?

人間からすれば、「自由奔放な猫には、さまざまなことがストレスになるのでは?」と思われるかもしれませんが、多少のストレスは致し方ないものです。

ストレスフリーな状態でいられることって、人間でも少ないでしょう。猫も同じだと考えてください。ただ、話ができない分、ちょっとした出来事が大きなことに感じるのは確かです。

ストレスの原因となるものをまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

原因を見極めよう

原因はその猫によって全く違います。でも、原因は必ずあるはずです。最初は、原因がわからないと思います。だから、ストレス要因になりうるものを挙げました。まずはこれらの対処法を試してみて欲しいと思います。

環境の変化がストレスになる

環境の変化

引っ越ししたり、もらわれてきたばかり、というのは環境の変化だとわかることでしょう。でも、部屋の模様替えや新しい家具の搬入なども猫にとっては環境の変化なんです。

飼い主以外の誰かが住みだしたり、他の動物が入ってきたりというのも変化です。慣れてくれれば問題はありませんが、それまでがストレスに感じていると思って欲しいです。

工事中などで、大きな音がする場合もいつもの環境と違いますので、ストレスを感じます。猫には、人間の約10倍の音量で聞こえるようですから、「うるさい!」と感じてしまうのにも頷けると思います。

環境の変化は、引っ越しだけでなく車での移動も入りますので注意してほしいと思います。普段、自宅でのんびり寝て過ごすことが日課となっている子が、車に乗せられると、ビックリして動けなくなってしまいます。「アーオアーオ」と高い声で鳴き出してしまう子もいます。

対処法

引っ越しや猫が我が家に来たばかりの場合は、自分のニオイとは別のニオイがするため、落ち着きません。なるべく猫のニオイがするものを近くに置いて、様子をみてあげましょう。

数日で落ち着いてくるとは思いますが、低月齢や気が弱い猫の場合は、自分のニオイがして落ち着いて隠れたり休めたりする場所を作ってあげるといいでしょう。

模様替えなどをする場合は、一気に行うのではなく少しずつ行うことをおすすめします。見たことのない家具などがあると、違うところにきたのかと不安にさせてしまうことがあるからです。

車に乗せる際は、ニオイのするものを持って行くことも大切ですが、スピードを控えた運転をして揺れをなるべく抑えてあげるようにしましょう。

動物病院への受診などで車を使うような場合でも少なからずストレスを感じていると、飼い主さんがわかっているだけでも違ってくるはずです。

スポンサーリンク

長期の留守番

長期の留守番

子猫や性格が甘えん坊な子、飼い主さんにべったりになっているような子は、留守番がストレスになってしまうことがあります。

いつも帰って来る時間に帰ってこないとなりますと、不安を覚えます。鳴いて探す子もいるくらいです。不安なあまり、トイレの失敗やゴミを散らすなどをする子もいるようです。

弟が飼っている猫(MIX:11ヶ月:オス)は、生後2ヶ月の時から弟と暮らしているため、飼い主というより親のように慕っています。

弟が1泊の出張で、猫に自宅で留守番をさせたところ、帰宅したらゴミを散らし、玄関の靴をかじり、棚の物が落ちていたそうです。猫が暴れたのが一目でわかるような有りさまだったと言っていました。

弟が帰宅したら、猫が玄関で鳴いて足に絡みついたり体に飛びついてきたりして大変だったとも言っていました。

対処法

長期の留守番といっても2日以内なのでエサや飲み水などは準備していくことと思います。

ただし、ストレスからゴミを散らしたり部屋を駆け回ったように物を落としたりするような場合は、落として壊れる危険性のあるものをしまってから出かけるようにしましょう。ゴミも部屋には置かないようにすることをおすすめします。

おもちゃ類をあちらこちらに置いて、遊びの中で発散させるようにするのもいいかもしれません。新聞紙を丸めた物をいくつか置いておくと、触るたびにカサカサと音がしますので、それで気が紛れるかもしれません。

訪問者

訪問者

来客や宅配の人が玄関にいるだけでストレスを感じてしまう子がいます。誰が来たのかと玄関まで出てくる好奇心旺盛な子や様子見をするような子でも、自分のテリトリーに知らない人が来た場合は、少なからずストレスを感じているようです。

見知らぬ人がいることでどこかへ隠れてしまう子は、その度合いも大きいと考えましょう。

対処法

隠れてしまうような子の場合は、猫が自分から出てくるまで放っておきましょう。身の安全を確認したら自分から出てきます。隠れているうちに寝てしまっても目が覚めたりお腹が空いたりしたら出てきますので、様子を見る程度で大丈夫です。

注意したいのは、食欲がなくなったり毛に異常が見られたりするような場合です。(抜毛・毛の急なパサつきなど)ストレスが体に症状として出てきている可能性があります。動物病院への受診をおすすめします。

他の動物との相性

他の動物との相性

多頭飼い、もしくは他の動物を飼う(犬など)して、自宅に飼い猫以外の動物が入ってきた時、自分のテリトリーを犯されたとして、最初は怒るかもしれません。

しかし、入ってきた動物と相性が悪い場合は、怒りだけでなく大きなストレスとなってしまいます。人間だって嫌だと思う人と一緒に住むことになれば、相当なストレスを抱え込むことになりますよね。

うちの実家では、多頭飼いをしています。元からいる猫(オス:3歳:MIX)と新しくきた1匹(メス:11ヶ月:MIX)は相性が悪いことがわかりました。知ったのはつい最近です。同じソファーで寝たりすることがありましたのでわかりませんでした(横になる場所は離れています)。

そのうちケンカしたり、猫パンチを食らわせていたので、相性が悪いと気がついたんです。獣医によると、相性が悪くても性格など何らかの一致があれば、不仲でも一緒の場所で過ごしたりすることもあるそうです。

スポンサーリンク

対処法

多頭飼いなどで相性が悪い場合は、テリトリーを分けることをおすすめします(実家の猫もそれで落ち着きました)。

トイレや食事する場所をわけるだけでもかなり違ってきます。ケンカはするでしょうが、テリトリーが分かれていると、逃げ場所となるところができるからです。

もし多頭飼いを希望する場合は、今いる猫と新しく来る猫の相性をみた方がいいです。それから新しく来る猫が子猫ならば、ケンカもほとんどなく今いる猫が受け入れやすいようです。

以前飼っていた猫(9歳:オス:MIX)は捨て猫で、ある程度大きい状態でうちに来ました。その後、友人から子猫をもらい受けたのですが、最初の1日だけ警戒して、翌日から一緒に仲良く寝るようになりました。子猫の方から寄っていったのです。

生活環境の劣化

生活環境の劣化

生活環境の劣化の中で、猫が一番ストレスに感じるのがトイレ掃除を怠ることだそうです。トイレが汚いとマーキング行為などの問題行動を起こしたりするようになります。

その他、ご飯が足りないこともストレスにつながるので、エサは決められた回数を守って与えるようにしましょう。量に関しては、食べ方や欲しがって鳴く様子などを見てあげるとわかってきます。

運動不足も大きなストレスを抱えてしまうことになります。部屋が狭いということだけではなく、上下運動ができたり遊んであげたりすることが重要になります。

対処法

飼い主が忙しいと、トイレ掃除(特に便の取り忘れ)を忘れてしまうことがあります。1日で結構汚れますから、必ず尿や便を取ってあげましょう。

トイレが汚れていることがストレスになり、粗相をするようになりますので毎日欠かさず取ってあげましょう。

運動不足の場合は、毛が抜けたり攻撃性が増したりします。高いところへ上がったり、そこから下りたり(上下運動)ができるような場所を作ってあげましょう。

また、1日10分程度でいいので、猫と遊んであげる時間を設けることも大切です。飼い主がかまってあげることも大事ですからね。

病気やケガによるストレス

病気やケガ

病気やケガをしている時は、当然の事ながらストレスが大きいです。行動に制約がありますし、体調も思わしくないでしょう。ケガの場合は、エリザベスカラーをつけられたりすることもありますので余計でしょう。

対処法

病気やケガをしている場合、それらが治らないことにはどうすることもできませんね。こういう時は気が立っています。むやみに撫ですぎたり、猫が望んでいないのに抱いたりすれば、怒り出すでしょう。そっとしておいてあげるのが一番です。

猫が寄ってきた時のみ撫でたり抱いてあげたりするようにしてあげましょう。病気やケガが良くなるまでの辛抱です。

発情期はストレスが溜まる

発情期

猫は年に2~3回の割合で発情期が来ます。去勢・避妊手術をしていないと、外に出て相手を見つけることができないため、それがストレスとなってしまうのです。

相手を見つけることができないジレンマと、外に出られない苛立ち、欲情が満たされないという感じでしょうか。こうなると、スプレー行為や飼い主を噛むなどの問題行動が多発します。

生後6ヶ月から去勢・避妊手術ができます。繁殖を避けたいのなら、なるべく早くに行ってあげた方がいいでしょう。

対処法

発情期前に去勢・避妊手術をおすすめしていますが、何らかの理由で時期を逃してしまった場合は、注意が必要です。

安易に外へ出してしまえば、飼い主にとってその時は楽かもしれません。でも、猫にはよくないのです。予定外の妊娠もそうですし、帰って来れなくなってしまう可能性が高くなります。

発情期に入ってからでも手術は可能ですから、できるだけ早くに処置してあげましょう。猫もストレスで気が立ってどうしようもなくなることがなくなります。

病気治療で去勢手術ができなかった、うちの猫(当時7ヶ月:オス:MIX)はかわいそうなくらい鳴いていましたし、毛の抜け方もひどいものでした。病気を治すことが先とはいえ、発情期に抱えるストレスの大きさを知りました。

スポンサーリンク

ストレスがきたす弊害

ストレスがきたす弊害

愛猫のストレスが原因で引き起こしてしまう体の病気が最も怖いことです。

「ストレスくらいで…」と思う人もいるかもしれませんが、猫も人と同じように重度のストレスを感じると、表面的にはわからなくても病気になってしまうことがあるのです。

問題行動として現れるケースや身体症状として現れるケースをチェックしてみましょう。

問題行動

問題行動で多く見られるのは「トイレの失敗」「自傷行為」ではないかと思います。

「トイレの失敗」は、トイレでおこなわず家中のあらゆる場所で尿をかけているような感じです。自分のニオイをあちこちにつけてテリトリーを守るようにしている状態になります。強いストレスがかかっている可能性が高いです。

「自傷行為」とは、自分のしっぽを強く噛みます。1回でなく何度もおこなうようです。出血しても止めないので、回復が遅れて獣医の診察が必要になることもあると聞きます。

身体症状

ストレスがかかると、体にも症状が現れます。毛が抜けたりパサつきがひどくなったりといった具合です。

背中などぱっと見てわかるところだけでなく、お腹のあたりや前足のあたりなどが円形脱毛になっていることもあります。同じ場所ばかり舐めるような場合は、その箇所を見てあげてください。ただし、脱毛は病気の場合も当てはまる症状ですので、動物病院に相談してみましょう。

泌尿器系にも現れることがあります。トイレに何度も行ったり血尿が出たりすることもあります。トイレを掃除する際に尿の異常は発見できると思いますので、様子を見てあげましょう。

ストレスを解消してあげるためにできること

ストレスを解消してあげるためにできること

猫の住む環境を整えてあげることがおすすめです。たとえば、

  • 窓の外が良く見えるようにしてあげる
  • 上下運動ができるような環境を整えてあげる
  • 逃げ場を作ってあげる
  • 1日5分程度を一緒に遊んであげる(運動させる)
  • 来客のニオイなどを早期に消し去る
  • 寄ってきたらスキンシップを十分に取る

などです。

運動や気分転換となるものがあると、それだけで気分が変わってきますよね。そういう生活の中でできることがストレス解消になります。特に完全室内飼いの猫には必要でしょう。

また、猫が隠れて寝ているような場合は、刺激を与えずそっとしておくことも大切です。逃げることのできる場所を用意してあげるのもいいでしょう。横になって休めるくらいのスペースを確保できる隠れ家的なもので十分です。

著者は、冷蔵庫の上にしっかりした硬さ(ミカン箱くらいの強度)の段ボール箱を置いています。中にはフリース素材のブランケットを入れてあります。どの猫が何らかの理由でそこに逃げ込んでもゆっくり過ごせるようにと思ったからです。

性格上、気の小さい子や緊張気味な子がいますので、いつでも逃げ込めるようにしてあります。

来客があった場合は、その人のニオイが残ります。それを早めに消すことで猫も安心することができるはずです。飼い主さんのニオイと自分のニオイがするということが、猫にとってのテリトリーです。それ以外のニオイがしていると、問題行動で紹介した「トイレの失敗」をしてしまう可能性が高くなります。

スキンシップは、過剰にされるとそれもストレスとなってしまいますので、猫が寄ってきたときにおこなうようにしましょう。足にすり寄ってきたら頭を撫でてあげたり、ブラッシングのときに体を撫でてあげたりするといった具合です。

急に抱き上げたり撫ですぎたりすることは、逆効果となってしまうことを忘れないでください。おもちゃを使って遊ぶ際は、思いっきり走ったりジャンプしたりできるような猫じゃらし系がおすすめです。

まとめ

ストレスは、猫の心だけでなく体にも影響を及ぼすものです。できるだけ早い段階で飼い主が気づいてあげる必要になります。

人間も猫もストレスは、万病の元というのは間違いありません。ちょっとしたストレスというのは、どんな猫でもあると思います。爪とぎをしたり、遊んだり、寝たりしているうちに軽いものは癒えます。

でも、ストレスが解消できないまま溜まってしまうようなことになれば、重症化してしまうでしょう。そんなことにならないよう、良く見てあげることが大切です。

ストレスの原因となっている要因から猫を解放してあげることで、精神的にもいい状態でお互いが生活することができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました