愛猫にご褒美でおやつをあげたい!猫の好物の中では何がおすすめ?

愛猫にご褒美でおやつをあげたい!猫の好物の中では何がおすすめ?

私も昔は「猫におやつ?」と思うことがありましたが、今は大切なツールのひとつだと思っています。毎日与えてしまうと困り事のタネになってしまいますが、与え方を間違わなければ愛猫との関係性をより良いものにしてくれます。

おやつは与えないと決めておくのも1つの考え方ではありますが、見方を変えてみると、おやつの良い面も見えてきますよ。ここでは猫のおやつの必要性や与え方、そしておすすめの猫の好物をご紹介していきます。

そもそも猫におやつは必要なの?

そもそも猫におやつは必要なの?

愛猫におやつを与えるか否かというところで、飼い主さんの意見が分かれているようです。キャットフードは総合栄養食となっていますので、基本的にはこれを与えていれば栄養面は心配ありません。

おやつは嗜好品であるため、室内飼いの猫に毎日与え続けると、肥満などの原因になってしまうのではないかということが考えられます。

なぜ猫のおやつが必要なのかというところを考えてみました。「必要性がある」と考えられる理由は2つです。

  • コミュニケーションとして与える場合
  • しつけや嫌なことなどを頑張ったご褒美

室内にいる猫にとっての楽しみは、食べることと飼い主さんと遊ぶことですよね。だから、食事の時間以外に、美味しいものをもらえたら、幸せを感じると思います。遊ぶことと同じようにコミュニケーションの1つとして考えられます。

嫌なこと(動物病院への受診やシャンプー)をした後にご褒美みたいな形であげることで機嫌が直りやすくなります(私もこれはやっています)。何回か続けたことで、今ではもらえることを理解して催促してきます。それまでは、病院後に家に帰ってきてもしばらく寄ってきませんでした(きっと、怒って警戒していたのでしょう)。

おやつは絶対に与えなくてはいけないものではないですが、コミュニケーションを図るためのツールになることは確かです。おいしいものをもらったらうれしくなりますよね。時々与えることで、猫と飼い主の関係が良くなるくらいに考えておくといいでしょう。

月齢が低い猫に関しては、栄養価のあるものを与えることで成長の手助けになります。ただし、与えすぎには注意をしなくてはなりません。

ちなみに実家の猫には、一切おやつをあげていません(飼い主である両親が決めました)。おやつをもらっていないからと言って、猫の栄養事情が悪くなるわけでもありませんし、コミュニケーション不足になるわけでもありません。与えるか与えないかは、飼い主さんの考え方で決めていいと言うことです。

猫のおやつは基本は「猫用」。人間用の食べ物は与えないで!

猫のおやつは基本は「猫用」。人間用の食べ物は与えないで!

猫を飼い始めた頃は、どうしてもおねだりされると、つい人間の食べ物をあげてしまいがちです(私もそうでした…)。でも、愛猫には健康でいて欲しいですよね。そのためには、市販の「猫用」と記載のあるおやつをあげるようにするか、味のついていない食材を茹でたり焼いたりして食べさせましょう。

人間が食べている物は猫にとっても「おいしそう!」となってしまいます。でも、人間が食べるような調理されているものは猫には与えてはいけません。人間用のものは塩分やミネラルなどが多く含まれていますので、猫にとっては毒となってしまいます。塩分を多く摂り過ぎてしまえば、尿路結石などの病気になってしまう可能性も出てきます。

以下、猫の好物とされているものですが、与える際に注意するべき点がありますのでチェックしておきましょう。

かつおぶし

かつおぶしと聞くと、最初に浮かぶのが人間用に売られているものですよね。味がしっかりついているので、猫は喜んで食べます。しかし、人間用のかつおぶしは猫にとって健康を害するものなんです。マグネシウムを多く含んでいますので、結石になる可能性があります。あげる場合は、「猫用かつおぶし」と記載のあるものにしましょう。

焼き魚

無塩のものを焼いて食べさせる人もいるようです。確かに魚は喜んで食べますよね。狩猟本能があるから当然です。しかし、魚の大きめな骨はのどに刺さりやすいです。骨を取ってから食べさせてあげましょう。

青魚を食べさせる時は、さらに注意しなくてはならない点があります。青魚(イワシ・サバ・サンマなど)には不飽和脂肪酸が多く含まれています。食べ過ぎてしまうと、猫の体内で脂肪が酸化してイエローファット(黄色脂肪症)という症状が出てしまいます。

痛みを伴いますので、注意が必要なのです。時々食べる程度であれば問題はありません。

煮干し

これも、かつおぶしと同じような理由です。煮干しもマグネシウムを多く含んでいますので、結石になる可能性が高くなります。結石ができたら本当にかわいそうですよ!←経験済み

くどいようですが、絶対に猫用と書かれたものをあげるようにしてください。

骨付きの肉類

鶏の骨は鋭く尖って割れるため、のどに骨が刺さってしまって体の内部から傷つけてしまいます。こうなるとおいしい物を食べさせたのにかわいそうな状態にしてしまうので、本当に気をつけましょう。

人間が食べた後のチキンなどは、いいニオイがしますので猫も欲しがります。気をつけないと知らないうちに食べてのどを傷つけてしまうことになりますよ。

レバー

レバーも火を通して食べさせる人がいます。確かに栄養がありますしおいしいので猫の好物になるものですが、これも注意が必要です。食べさせ過ぎると、ビタミンA過剰症になってしまうそうです。これも週に1回とか、月に2~3回程度といった具合に食べさせ過ぎに注意しましょう。

私は猫を飼い始めた当時、それを知らないでハンバーガーの肉の部分を食べさせて、お腹を壊してかわいそうなことをした経験があります。人間の食べ物は、猫が食べるには味が濃すぎることや塩分が強すぎるのです(獣医に叱られました)。

今は、猫用の缶詰やパウチされているものを少量ずつあげています。これは本来は食事として与えるものですが、普段はドライフードを与えているので、これをおやつ代わりとしています。

ペットショップなどでは、猫が食べられるものが豊富に販売されています。かつおぶしや煮干しだけでなくケーキなどの甘い物もありますので、見に行ってみるといいでしょう。

猫に与えるおやつはどんなものがおすすめ?

「愛猫におやつをあげたい!」と思った飼い主さんは、どのようなおやつを与えたらよいかと考えることでしょう。いろんな種類があって、その都度どれにしようか迷ってしまいます。

一番手っ取り早いのは市販されているものですね。猫が喜びそうな味の物が多く出ているので、それをあげてもいいと思います。

いなば食品のCIAOちゅ~る

『いなば食品のCIAOちゅ~る』

いろんな種類のおやつを試した私が辿り着いたのが、CMで人気となった『いなば食品のCIAOちゅ~る』。これはとくにおすすめです。その理由は以下の通り。

  • 一個ずつ小分けになっている(1本あたり約7Kcal)
  • 小袋からそのまま与えられる
  • 保存が効く(賞味期限2年)
  • 猫が飛び付くほど好きな味付けになっている
  • 大容量セットがある(色んな味のセット)

CIAOちゅ~る(60本入り)

CIAOちゅ~る 大容量お得缶(120本入り)

手軽ですし、衛生面も良い状態で与えられるのはこの上なく便利ですね。また、様々な味のバリエーションがありますので、たまに味変してあげるといいかと思います。飼い猫の気に入る味を探すのも楽しいですよ!

そして大容量(60本や120本)ほどコストが安くなるので価格面でのお得さもあり、まとめ買いしておけるのでちょこちょこ買いに行く手間が省けます。

猫の好物は何?

猫の好物は何?

  • 鶏のササミを茹でたもの
  • 刺し身
  • 猫用にぼし
  • 猫用かつお節
  • お刺身の魚(茹でてほぐした物)

猫は本来狩猟をしてきた動物ですから、好物として挙げられるのは、かつおぶしや煮干しといった魚系と、鶏のささみなどの肉系です。中にはチーズなどの乳製品が好物という猫もいます。市販のおやつに負けないくらい喜んで食べてくれます。

私がよくご褒美としてあげるのは、ササミを茹でたものです。一度茹でてしまえば、冷蔵庫で保存ができますので便利です。割きながら少しずつあげるのですが、「ちょうだい、ちょうだい!」とおねだりする姿に可愛さを感じてしまってあげすぎてしまいます。

個々の猫によって好物は違う

猫にも個々によって好きな味に差が出てきます。でも、子猫のうちに食べさせる回数の多い物がその猫の好物となるように感じます。私はかつおぶしや煮干しなどの魚系を多く与えているので、肉よりも魚の方が好きなように感じます。

猫友のAさんは、鶏のささみなどの肉系の味を中心に食べさせているそうです。キャットフードも肉の味がしないと食べないと言っていました。

猫友のBさんは、普段魚系の味を食べさせているようですが、特別なおやつの時は肉系を与えていると言っていました。

このような感じで、餌を与える飼い主によって猫の好物の最初を決めるのに一役買っています。その後いろいろな味を試すことで、好きな味が変化するのでしょう。

変わり種が好きな猫たち

猫が魚や肉が好きというのはわかりますが、中にはとんでもない物が好物という猫がいますので、以下にご紹介します。

  • 海苔
  • ピーナッツ
  • ポテトチップス
  • おでん
  • 茹でタコ
  • プリン
  • きゅうり

人が食べている時につまみ食いをして味をしめてしまったのでしょう。いくら好きだからと言っても、やはり人間用に加工されたものや猫にとって有害になるものは与えないでください

付加価値のあるおやつ

付加価値のあるおやつ

おやつには、「食べておいしい」というだけではなく、別の目的として付加価値のついたものがたくさん売られています。

  • 栄養バランスが優れた高品質キャットフード
  • 猫の毛玉ケアや栄養補給(食物繊維が豊富)
  • カルシウム摂取を助ける

などです。食べておいしい、気になっていた小さな問題を解決できるという付加価値がおやつにあったら、本当に助かりますよね!こういった観点からおやつを選ぶのもいいのではないでしょうか。ただ、気に入って食べてくれる味を選ぶことが重要になると思います。

おやつの適正な量は?与えすぎによる肥満に注意!

おやつの適正な量は?与えすぎによる肥満に注意!

猫におやつをたくさん食べさせすぎると、肥満の原因となったり、普段のエサを食べなくなってしまう原因となってしまいます。そんなことにならないように、与える回数を考えましょう。

毎日あげてしまうと、やはりおいしい物を食べたいと思うようになり、通常のキャットフードに全く手をつけなくなってしまいます。これだと栄養が偏ってしまいますし、確実に肥満の原因になりますのでこういった点に注意が必要です。

1日に与える回数を守る

頑張れたことや、できたことがある度に与えてしまうのはよくありません。ご褒美におやつを与えるのは、1日あたり1~2回程度に留めておきましょう。そうしないと、いつももらえる物だと勘違いをして、主食のキャットフードを食べなくなってしまいます。

毎日与えない

毎日与えるのもよくありません。理由は上記と同じです。多くても週1~2回までと考えてほしいと思います。それ以上だと肥満などの別な心配事が出てきますので、注意しましょう。

1度に与える量は猫の1日の必要摂取カロリーの1割を目安に

『いなば CIAOちゅ~る』のような半液体状のおやつは、かわいいのを見たさにたくさん与えてしまいがちです(著者もそうでした…)。

しかし、おやつはあくまでもおやつです。1度に与える量は、猫の1日の必要摂取カロリーの1割に留めて与えることを考えてください。これを目安にしておけば与えすぎて肥満になってしまうことを防げます。

以下、猫の1日の必要摂取カロリーの求め方を記載してみました。あくまでも目安ですので、詳しく知りたい飼い主さんは獣医さんに聞きましょう。

子猫の場合

子猫は、成長期であるために成猫よりも多くのカロリーが必要になります。『体重(kg)×200(Kcal)』で計算してみてください。

例えば500gの子猫であれば0.5kgですので、算出されるのは100Kcalですね。これが子猫の1日の必要摂取カロリーの目安となります。おやつはこの100Kcalの1割、つまりこの場合は10Kcalが1度に与えて良いおやつのカロリーの目安です。

例えば『いなば CIAOちゅ~る 1歳までの子猫用』であれば、1本あたり約9Kcalですので、1度に1本が適正となります。製品説明の記載には、1日あたりについては4本が目安となっています。

成猫の場合

成猫は、子猫時期と同じように与えてしまうと肥満になってしまいますので、『体重(kg)×80(Kcal)』で計算してみましょう。ただし、運動量が少ない子の場合は、少なく見積もった方が良いと思います。『体重(kg)×70(Kcal)』を目安にしてみてほしいと思います。

体重3kgぐらいの成猫の場合、『いなば CIAOちゅ~る』は1本あたり約7Kcalなので計算上は1度に3本与えてもいいことになりますが、製品説明では1日あたり4本が目安ですので、1度に1~2本を1日に2回といった具合にバランスをみて与えましょう。

肥満の猫におやつを与える場合

あくまでおやつなので、「飼い猫が肥満だから、おやつは全くあげない」というのも間違っていませんが、ちょっとかわいそうですよね。そんな時は、手作りの低カロリーおやつ(茹でたササミなど)にするか、与える量を減らす、もしくは市販のものでも低脂肪タイプにするといったように、肥満になりにくいものを選んで与えるようにしましょう。

また、肥満にさせないためにも食べ物以外のご褒美(なでる・遊ぶなど)を検討しましょう。

シニア猫へのおやつの与え方

シニア猫へのおやつの与え方

シニアな猫へは、与える量を一番に気をつける必要があります。運動量が落ちてきていることもありますが、免疫力も落ちてきています。そのため、シニア用の食事がメインとなってきているでしょう。

それでも食欲が落ちてきてしまう場合もあります。著者宅のシニア猫には、食欲を少しでも出してもらいたくて、『いなば CIAOちゅ~る』を食事に取り入れています。おやつは嗜好性が高いという利点があり、食欲が出てくるようです。

ただし、量は成猫の半分程度を目安にしています。高タンパクを摂り過ぎても害になってしまうだけですので、体調などを考慮する必要があるかと思います(病気の場合は与えないことは必須です)。

病気療養中はおやつを与えない

病気療養中はおやつを与えない

何らかの持病を持っている子や、病気療養中で療法食を食べている猫はおやつを控えます

持病がある子は、与えたいおやつを持って獣医さんに聞いてみましょう。OKがでれば食べさせても問題はないはずです。こういう場合は専門家に聞くのが正確です。

スポンサーリンク

おやつはしつけにも活用できる!

おやつはしつけにも活用できる!

しつけが出来たときのご褒美としてあげるなど、「時々与えるもの」という位置づけも妥当です。

猫は犬と違って、指示して何かができたからご褒美をあげるわけではないという話を聞きました。猫の場合は、

  • 正しい行動ができたときに与える(トイレが教えた場所にできたなど)
  • 間違った行動を取ったときに与える(いわゆる罰のことです)

この2つのどちらかという考え方が正しいようです。決まり事ができた時や、淋しい思いをさせてしまった時に、ご褒美をあげるようにすると考えても決して間違いではありません。むしろ、そう捉えていきましょう。

私の場合は、動物病院へ行ったときとシャンプーの後だけですので、月に1回、または2回程度です。

猫友の中には、お休みの日に普段はコミュニケーションをなかなか取ることができないからと自分の休みの日にあげているという人がいます。

また、別な猫友は定期検診などで飼い猫が嫌な思いをした後に与えていたり、しつけをしてうまくできたときのごほうびとして与えるといった感じで与えている飼い主さんもいるようです(できたらおいしい物がもらえるなんて、喜びますよね!)。

いつあげるかは、飼い主が決めて良いと思います。その中でも、しつけにおやつを使う場合は、下記を参考にしてください。

  • トイレの場所を憶え、しっかり出来たとき
  • 爪とぎを指定の場所で出来るようになったとき
  • お留守番が出来たとき
  • ゴミを漁るなどの悪いことをしなかったとき

などがタイミングとしてはいいでしょう。それだけでなく、猫ががんばったと思った時にねぎらいという形であげてもいいと思います。

  • 病院から帰ってきたとき
  • 1泊などの長いお留守番をさせたとき
  • 怖い思いをしたあとに

などでも猫を安心させる目的とねぎらう目的がありますので、ご褒美のタイミングとしてはいいでしょう。

ただ、がんばった・ねぎらいのその場であげないと、なぜおやつをもらっているのかわからなくなってしまいます。時間をおきすぎないようにすることも必要です。

以下、著者の失敗談です。

以前、食事の直前にお留守番のご褒美にとおやつを与えてしまったことがあります。「ご飯前だからちょっとだけね。」と思っていたのは飼い主側だけで、愛猫は「ご飯足りない、もっとちょうだい」となったようです。

おやつをやめていつものカリカリのキャットフードを与えたら食べてくれませんでした。おやつを欲しがって、著者が席を立つ度に鳴きながら後を追いかけてきたくらいです。この時に、タイミングは大切だと痛感しました。

タイミングとしてベストなのは、普段の食事と食事の間とか、通常の食事の後がいいかと思います。キャットフードを食べなくなってしまうというミスを犯さなくて済むからです。

おやつしか食べなくなってしまうと、栄養バランスが崩れて病気にかかりやすくなったり、肥満になってしまったりということが考えられます。おやつだけしか食べないからといって、おやつばかり与えてしまうのはNGです。主食には代えられません。

そんな時は、おやつをしばらくやめてみるという方法を取ってください。一種のリセットみたいな考え方です。猫もお腹が空けば、総合栄養食のキャットフードを食べるようになります。

おやつは猫の手が届かない場所で管理する

おやつは猫の手が届かない場所で管理する

おやつは嗜好性が高いので、猫にしたらいっぱい食べたいと感じるかと思います。でも、たくさんは与えられませんので、猫が勝手に食べてしまわないように手の届かないところへの管理が大切です。

私は、キャットフードと同じところへ置いておいたせいで、一度に全てのおやつを食べてしまう機会を作ってしまいました。しばらくキャットフードを食べてくれなくて困りましたので、今では届かないところにしまっています。

おやつ以外のご褒美もある!

おやつ以外のご褒美もある!

愛猫へご褒美をあげるときの至福感といったらないですよね。おいしそうにおやつを食べる姿なんか本当に愛おしくなってしまいます。でも、猫へのご褒美は、食べる物をあげるだけじゃないということをご存じでしょうか。

ご褒美=おやつだと感じている飼い主さんが多いと思います。著者もグルーミングやなでてあげることは、日常的にしているため、特別な食べ物を与えることがご褒美だと感じています。

しかし、それ以外のものもご褒美になるという考え方があります。一緒に遊んであげたり、なでてあげたりすることもご褒美に入るのです。猫に与えるご褒美の例を挙げてみました。

  • なでる
  • グルーミング
  • エサやおやつ(いつも与えていない特別な物)
  • 関心を向ける
  • 遊んであげる

などです。どの方法も猫は絶対に喜びます。ご褒美は、「猫に快感をもたらすもの」として考えているから遊びやその他の行動も入るのです。

さいごに

猫のおやつは、飼い主の判断で与えるか与えないかを決めていいものです。コミュニケーションをもっと取りたいと思ったり、ストレスの軽減に利用したいと考える方におすすめです。

また、しつけにおやつを利用すると覚えがよくなります。怒って教えても効果がほとんどありません。おやつをご褒美としてうまく利用することで、猫のしつけだけでなく、円滑なコミュニケーションにもなります。ぜひ楽しく活用してみてください。

また、おやつを考える上で愛猫の普段の食事も見直してみて下さい。おやつとのバランスを今一度考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました