ペットショップよりも譲渡会で猫を貰いたい!その一般的な条件とは?

ペットショップよりも譲渡会で猫を貰いたい!その一般的な条件とは?

猫の譲渡会は、ペットショップで購入するよりも金銭的に安価といったメリットがあり、またペットショップで売られている猫よりも生まれに恵まれていない猫を引きとりたいという人も増えています。(私もその中の1人です)

ただ、ネット上などで「条件が厳しすぎるのではないか」という意見があるため、敬遠してしまう人もいるようです。

譲渡会で猫をもらう時の一般的な条件を抑えていれば、たいていは譲ってもらうことができます!一般的な条件とは何なのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

猫を譲渡会でもらうメリットとデメリット

猫を譲渡会でもらうメリットとデメリット

猫を譲渡会でもらうことには、メリットとデメリットがあります。それを理解した上で活用していただきたいと思います。

メリット

  • 費用があまりかからない(無料のところも多数ある)
  • ワクチンや手術が終わった状態でもらえる
  • 実際に触って、抱いて自分との相性をみることができる
  • 動物愛護に貢献することができる

費用が最小限で済むことや、抱いて相性をみることができるのは大きな利点ですね!

デメリット

  • 保護猫なので、雑種がほとんど
  • 慣れるまでに時間がかかることがある
  • 申し込んでから手元に来るまで時間がかかることがある
  • 一人暮らしだと譲ってもらえないこともある(団体による)

こういったメリットとデメリットの両面を考慮することができるならば、猫の譲渡会は飼い主になりたい人にとって、いい出会いの場と言えます。

条件1.猫の健康と安全の保証

条件1.猫の健康と安全の保証

猫の譲渡会を行っているところでは、基本的に動物の命を大切にしてもらいたいという考え方をしています。

また、捨て猫などを増やさないようにすることも大切だと思っています。そのために、『去勢・避妊手術と予防接種』を条件としているところがほとんどです。

  • 必ず不妊手術を行ってくださる方
  • 予防接種などの健康管理を必ず行ってくださる方
  • 完全室内飼いをしてくださる方

近年、猫エイズや白血病などの病気、そして交通事故で命を落とす猫が増えてきているという事実があります。そのために、健康面等の管理をしっかりしていただけるかということが条件の一つとなっています。

条件2.猫の飼育環境

条件2.猫の飼育環境

住む環境を重視する団体は多いです。住まいの状況は、譲渡会の際に必ず聞かれる項目の1つでもあります。

家族全員の同意がなければ、譲渡はできないという団体や、小さい子どものいる家庭には子猫は譲れないなんていう団体規則もあるくらいです。

  • 同居される全てのご家族の同意を得られていること
  • お子様がいるご家庭の場合、子猫の譲渡はできないこと
  • 猫の留守番時間の長短などによって、子猫の月齢や性格等を考慮することがある
  • ペット可住宅、又は持ち家にお住まいであること(大家さんや管理事務所等のペット飼育許可を提出して許可が出ている場合は可)

こういった住む環境を確認しておかないと、途中で猫を手放してしまう危険性があると判断されてしまいます。あらかじめ、家の状況を整えておくことも大切です。

小さいお子さんがいる場合、猫をおもちゃにしてしまうのではないかなどの懸念があるのでしょう。

条件3.費用

条件3.費用

基本的に、譲渡される猫は無料です。猫によっては、ワクチンも去勢・避妊手術も済んでいてお渡しだけというところもありますが、手術費用などを請求される場合もあります。

譲渡会をしている動物愛護の団体は、ボランティアで行っているからです。

こういった団体の多くは、バザーや募金などで収益をあげています。その中からワクチン代・手術代・治療費・エサ代などを賄っていますので、譲渡の際にワクチン代・手術代を飼い主に負担していただきたいということになるのです。

獣医学部が主催して行うような譲渡会などでは、費用の請求等はあまりないように感じます。私もさまざまな譲渡会に行ったことがありますが、費用を請求されるところは、数軒だけだったと記憶しています。

費用がかかると知った途端に、怒り出す人たちを見かけたことがあります。そのようなことにならないように、配っているチラシなどの記載をよく見てから参加しましょう。

スポンサーリンク

その他の条件

その他の条件

健康安全面・住居・費用の他にも条件が出ていることがあります。特に一人暮らしをしている人には厳しいと感じる面ではないかと思います。しかし、全ての団体で出されているわけではありませんので、参考程度に覚えていてほしいと考え、載せることにしました。

  • 一人暮らしの方には、譲渡できない場合がある(飼い主になられる方ご自身の病気や入院などでトラブルが発生する可能性があるため)
  • ご高齢の方には譲渡できない場合がある(理由は上記と同じ)
  • 同棲中のカップルの方のお申し込みは受けられないことがある(万が一、別れた際にトラブルが発生する可能性があるため)

どこの団体でも基本的に、生涯家族の一員として、責任と愛情を持って育ててくれる方であるかを大事にしています。

まとめ

雑種がほとんどという譲渡会ではありますが、素晴らしい出会いが待っていることは事実です。

私も飼い猫のほとんどを譲渡会でいただいてきました。実際に抱いて相性をみることができますのでおすすめです。それにかかる費用もほんの少しだったり、ワクチンや手術済だったりといい点が多いのが私には合っていました。

一般的な条件は、環境を整えたり、猫を大事に飼う気持ちがあったりすればたいがいはクリアすることができます。

譲渡会を主催している団体が猫を譲渡するにあたって、今後猫が幸せに暮らしてくれることを希望していますので、そのあたりを理解してあげることが必要になります。

猫の飼育知識
スポンサーリンク
安全性の高さから厳選!おすすめキャットフードランキング!

猫にとってキャットフードは食事の全てであり、その内容によって健康状態や寿命が左右されます。

そこでこの記事では、安全性の高さに注目しておすすめのキャットフードをランキングで紹介します。

猫がいる生活。