楽しく旅したい!猫と旅行に行くための下準備と当日の注意事項

楽しく旅したい!猫と旅行に行くための下準備と当日の注意事項

猫は犬と違ってあまり旅を好まない傾向がみられる動物です。ちょっとの移動だけでも嫌がる姿を見たことがあるのでそのことはお分かりかもしれません。飼い主が旅行に出かける際は、預ける方がいいかもしれませんが、逆に連れて行きたいときもあるでしょう。

ペットホテルなどが満員で預けることができなかった場合など、連れて出かけるような時は、下準備と当日の注意点を守れば大丈夫です。

私も愛猫を連れて、一緒に車・船で移動するような旅行に連れて行ったことがあります。その時の体験談と共に書いていきたいと思います。

必要な下準備

必要な下準備

旅行が決まり、飼い猫を連れて行くことになったら、早めに下準備をします。その中でも大切なのは、猫を外に連れて出る訓練です。

首輪・リードに慣れさせる

旅行に行く際、ずっと乗り物に揺られているのは猫にとって苦痛です。トイレ休憩や食事の時には、猫にも新鮮な空気を吸わせてあげる必要があります。その時に必要なのが、首輪とリードです。

前足の方までしっかりカバーできるタイプのリードがあると安心です。道路を歩かせていてもダッシュして逃げてしまうということがありません。

私は船の中でケージに入れていましたが、あまりにも鳴くので、船員さんにお願いして、少しだけ首輪とリードをつけて散歩させる許可をもらいました。ニオイを嗅いだり、飼い主(私)と一緒にいたりしたことで少しは安心したのでしょう。鳴いて困るというようなことはなくなりました。

もし逃げてしまったら、飼い主だけの問題ではありません。乗り物に乗っている場合は、他の乗客の迷惑になる可能性も出てきます。だから、首輪とリードをしっかり慣らしてあげましょう。

外出慣れをさせておく

外慣れしている猫であれば、そんなに怖がることはないと思いますが、室内飼いで外に出たことのない猫は、外の空気を嗅がせるなど、『外に出る』ということを体験させた方がいいです。そうしないと、旅先で恐怖のあまり逃げ出してしまったなんてことになりかねません。

宿の確認

当然のことですが、ペットと一緒に泊まることができるかどうかを必ず確認しましょう。その際の料金や、どのような状態で宿泊になるかということも確認しておくことが大切です。

宿がペット禁止となっている場合は、一緒にいられるところを探しましょう。飼い猫だけをずっと車の中にケージごと入れておくなんていうことは、健康を害してしまう可能性がありますし、季節によっては命の危険にさらしてしまうこともあります。

猫のための荷物は何が必要?

猫のための荷物は何が必要?

旅行の日数にもよりますが、基本的に必要となる物は次の通りです。

  • トイレと砂(ニオイが残っている砂を混ぜておきましょう)
  • 消臭スプレー
  • キャットフードと皿(食べ慣れた物・皿は折りたためる物が便利です)
  • 水(冷たい水を水筒で用意します)
  • キャリーバッグ
  • 首輪とリード
  • 爪とぎ器
  • トイレシート
  • グルーミング用のブラシ
  • ゴミ袋(少し多めに持って行きましょう:排泄・嘔吐など)

私は、トイレと皿、爪とぎ器をケージに用意して持って行きました。それ以外のものは別バッグに入れて行きました。キャットフードは1回分ずつパックして持って行ったので便利でした。

当日の注意事項

当日の注意事項

出発前の2時間前には食事を済ませてください。ある程度消化して胃を落ち着かせてからでないと乗り物酔いで嘔吐してしまいます。

猫を車に乗せる場所は、クーラーなどが直接当たらない後部座席がおすすめです(飼い主が運転する場合は、飼い主の姿が見える助手席でもいいです)。出発後は、なるべく2~3時間に1度は休憩をさせて外の空気を吸わせるようにします。

移動が始まると、猫も興奮気味になってきます。落ち着かなくて鳴いたり、ケージの中をうろうろしたり、体勢を何度も変えたりします。飼い主が近くにいると少しは安心しますが、不安や興奮気味なのは全てを抑えられるわけではありません(慣れた場所・テリトリー内ではないので当然ですが…)。

夏場は車の中に残していくのは危険です。熱中症になってしまいます。エンジンをかけておく(少しの時間のみ)か、休憩を取らせる意味で、一緒に車外に出るようにしましょう。

休憩させるときは、新鮮な水を飲ませてあげたり、おやつを少量与えたりするのもいいですね。気持ちを少しは落ち着けることができるようです。散歩をさせるのも良いですが、人が多い場所や車の多い所(高速のサービスエリアなど)では抱きましょう。その方が安全です。

まとめ

飼い猫と旅行に出かける際は、長時間の移動は難しいです。自由を好む猫にとって、狭い空間での移動や違うニオイのする場所にいることは、あまり心地の良いものではないからです。

ですから、下準備をしっかりしていく必要があるのです。飼い主と飼い猫、どちらもできるだけ良い状態で出かけられるようにすることはとても大切です。

そうなるようにするためにも、飼い主が猫のことを思って準備したり、注意しなくてはいけないことをわかっておいたりすることが必要になるわけです。しっかり準備をして、飼い猫との旅行を楽しんでほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました